Lepidoptera

2019年3月 9日 (土)

フチグロトゲエダシャクを求めて(2019年3月9日)

 フチグロトゲエダシャクという早春に出現する昼行性のガがいる。全国的な分布は比較的広いが、三重県では限られた場所でしか記録がない。
 もう何年も前のことだが、仕事で調査をしていたとき、トラップに偶然かかり、その界隈で発生しているらしいことを知った。このことは地元の同好会誌に発表した(ひらくら 61: 96-97, 2017)。
 トラップにかかったのだけでは物足りないので、実際に見たくなるのは虫屋の性である。
 そこで、去年から何度か発生地を求めて探している。探しているのは、津市南部の庄田町(旧久居市)や一志町其倉、一志町高野、一志町大仰あたりの雲出川やその支流に近い場所。
 今日は今年3回目の調査。2月に2回調査したのだが、いずれも発見に至らず、おまけに風邪を引いてそれが長引いてしまい。今日は3週間ぶりの出動。一番いい時期を逃してしまった感がある。それでも良い天気だったので出動した。
 しかし、残念ながら、今日も確認できなかった。しかし、それらしい姿を3回ぐらい見た。けっこう素早く飛び回り、やや高く無い上がることもあった。場所は庄田町の長野川の土手の道。今年はもうダメだろうから、来年に期待しよう。
 3日前にモンキチョウを今年初めて見たが、今日は色々なチョウを見た。モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ルリシジミ、それに成虫で越冬したと思われるアカタテハ、キタテハ、テングチョウ。いかにもカナムグラが生えていそうな場所だったのでキタテハはたくさん見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

啓蟄・モンキチョウ初見・スギ花粉真っ盛り(2019年3月6日)

久しぶりのブログ更新。

今日は啓蟄である。

風邪をこじらせて長らく体調が悪かったが、何とか少し落ち着いたし、今日は気温がそこそこ高く、曇っていたものの時折薄日も射し、風もなかったので、今日の昼休みは畑に出てみた。
するとモンキチョウが飛び出した。今年の初見である。写真を撮れないものかと思ったが、飛び出したまま止まることなく、遠くへ飛び去ってしまった。

もうスギ花粉がいっぱい飛んでいるの感じられるのだが、実際どうなのだろうと職場のスギの花を叩いてみた。飛散の真っ盛りであると思われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

オオヒカゲの処女飛翔(2018年6月9日)


 三重県の鈴鹿市、亀山市あたりにはオオヒカゲの産地があちこちにあることは三重昆虫談話会のKさんから聞いていた。オオヒカゲは盛岡市に住んでいた25年以上前に出会ったきりなので、久しぶりに出会いたいと思っていた。
 6月3日に行ったときにはさすがに早過ぎたのか、オオヒカゲは全く見られなかった。しかし、ミドリシジミはすでに多数のメスも見られ、今年の生物季節の進行が早いことを感じさせられた。6月9日に再び出かけたところ、あちこちからオオヒカゲが飛び出し、6日間に一気に羽化したことが感じさせられた。
 あちこち歩き回っていたら、羽化したばかりのメスを見つけ、じっくり撮影することができた。すると翅を開閉し始めたので、そろそろ飛ぶのではないかと動画撮影に切り替えたところ、うまく処女飛翔を撮影することができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キナンウラナミアカシジミの産卵(2017年6月11日)


 去年の6月、三重昆虫談話会のKさんから「賢島の某ホテルに泊まったらキナンウランミアカシジミがたくさんいた」という話を聞いたので、その翌々日に出かけてみたところ、幸運にも産卵場面に出くわした。キナンウラナミアカシジミはウラナミアカシジミの亜種として記載されたが、落葉性のクヌギやアベマキを寄主植物とする基亜種とは異なり、常緑性のウバメガシを寄主植物としており、大きさも一回り小さい。
 その後あることに気付いたので、報文にまとめ、「月刊むし」に投稿した。今月発売される570号(2018年8月号)に掲載される予定である。
 今年も出かけてみたが、去年ほど多くはなかったものの、島のあちこちで飛んでいるのを見ることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

いしもりよしひこ(石森愛彦)著『昆虫って、どんなの?』

Img_4860

 著者の石森さんと初めてお会いしたのは、今から10年以上前のこと。ハサミムシの話を訊きたい、とのことでわざわざ拙宅まで出版社の方と一緒においでいただいた。
 そのときいろいろお話をしたのだが、自然と接する感覚がボクと近い感じで、気軽にお話できる方だと思った。
 仕事をしている世界が違うので、お会いする機会はそれほど多くないのだが、7年前には子供向きの月刊誌の付録で初めて一緒にお仕事をさせていただいた。

 今年になってから、本の内容をチェックして欲しいと依頼されたのが本書。
 ラフを読ませていただいての最初の印象は、「絵本で昆虫形態学の基礎をやってしまおうという本だな!」ということ。石森さんにそのことをお話したところ、ご本人はそのような目論見でやったわけではなかったとのこと。しかし、ボクの印象が石森さんの無意識の部分を言葉にしたものだとご自身も納得された。

 ボクと石森さんの自然に対する感覚が近いと書いたけれど、見方はかなり違っていて、ボクが虫の暮らしぶりに興味の重点を置いているのに対して、石森さんは虫の形に重点を置いている。
 この本(に限らず石森さんのほかの本も)の虫のイラストは、虫の形を抽象化したものには違いが無いのだけれど、石森さんのイラストは現物に忠実で、基本的な形をデフォルメしたりしていない。だから(だと思うけれど)、精密画ではなくイラストなのだけれど、たいていの場合、種まで同定できる。だからこそ、「昆虫形態学の基礎」の教科書になりえるのではないかと思ったのだと思う。子供向きの本ではあるけれど、だからこそオトナにも役に立つと思う。

 この本には様々な昆虫が登場している。日本産昆虫の目(もく)のレベルで登場していないのはシロアリモドキ目ぐらいではないかと思う。ありとあらゆる昆虫が登場している本は他に例が無いのではないかと思う。虫オタクを自認される方にもオススメする。

 出版社のサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

アサギマダラが鈴鹿・岸岡山緑地から台湾・澎湖島まで飛んだ(2015年11月21日)

 さる11月15日のこと、facebookのお友達のTさんからの連絡で、ボクが10月10日に三重県鈴鹿市岸岡山緑地でマークした2頭のアサギマダラのうち1頭が11月13日に台湾・澎湖島で再捕獲されたことを知りました。澎湖島というのがどこか知らなかったのですが、台湾の西側にある澎湖諸島の中の島のひとつであるようです。
 この日にマークした2頭のうち1頭は2日後に150mほど離れた場所で自分で再捕獲したわけですが、これでこの日にマークしたアサギマダラの再捕獲率が100%になりました。
 ボクはアサギマダラのマーキングはけっこう古くからやってはいますが、あまりマジメにやっているわけではないので、これまでにマークしたアサギマダラの個体数は3桁には届いていないと思います。
 他の人がマークした個体を再捕獲した経験は3回あり、石垣島に住んでいた頃に、和歌山県でマークされたものと高知県でマークされたものを捕獲したことがありますし、こちら三重県に来てからは、亀山市と鈴鹿市の境界にある野登山で同じ場所で数日前にマークされたものを捕獲したことがあります。
 自分がマークした個体が他の人によって再捕獲されたのが確認されたのは今回が初めてで、それが日本国内でなく、台湾だったことには少々感激しています。
 再捕獲したのは周麗炤さんという人で女性らしいのですが、facebookでメッセージを送ったのですが、今のところ返事が返ってきていません。ボクより年上の方のようなのですが、英語が読めないのかも知れません。
 facebookの写真は公開されているので、一応リンクを張っておきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

アサギマダラ@岸岡山緑地(2015年10月10、12、17日)

 体調は相変わらず良くないので、休日は家でおとなしくしていることが多いのだが、少しは体を動かした方が良いと思ったし、アサギマダラの南下の季節でもあるので、我が家から気軽に行ける鈴鹿市の岸岡山緑地にでかけることにした。
 10月10日はやや雲っていたが、それほど悪い日ではないように思われた。しかし、なかなかアサギマダラが現れず、諦めかけていた正午過ぎ、やっとのこと遊歩道の脇のハギの花を訪れていたオスを発見した。マークがついていなかったので「KK001 Oct 10 KISHIOKA」のマークを付けて放した。その後、昼食を摂ろうと千代崎駅に向かっていたら、緑地の駐車場の近くの畑のコスモスを訪れていたオスを見つけた。これにもマーク。昼食後も緑地を訪れたが、だんだん雲が厚くなり、蝶が飛ぶような天気でもなくなったので終了。この日は2♂にマークしたのみ。
10月11日は天気が悪かったので出かけなかったが、天気が回復した12日、妻と愛犬の柴犬「さくら」と一緒に車で出かけた。10日のことを妻が妻の友人に知らせたところ「見てみたい」とのことだったのだが、緑地でその友人と会うことができた。この日はそこそこ多くの個体を見ることができた。風がやや強かったせいか、林内で見られる個体が多かった。この日は捕獲に失敗した個体も多かったが、6♂2♀にマークし、10日にマークした「KK002 Oct 10 KISHIOKA」の個体を再捕獲した。2日と20分で約150mの移動が確認された。(10月12日撮影)
20151012_kishioka_6
 今日(10月17日)は天気が良くないという予報だったので諦めていたのだが、朝起きたらそれほど悪い天気ではなかったので、また出かけた。朝の冷え込みもなく、風もなかったのだが、陽射しがあまりないせいか、なかなかアサギマダラは見られなかった。11時過ぎごろ、やっと1頭のアサギマダラを見つけたのだが、ネットが届かず捕獲できず。その後もあまり天気がよくなく、昼過ぎまで滞在したが、諦めて退散。マークはできず。

 この緑地公園にはカクレミノがたくさん生えていて、実をつけているこの時期、アオモンツノカメムシが多い。(10月12日撮影)
20151012_kishioka_7
 そのカクレミノだが、よく見てみると、幹に傷がついてヤニが出ている個体が多い。穿孔する虫がいるに違いないが、何かはわからない。(10月17日撮影)
20151017_kishioka_2
 また、コナラやカシ類に枯れた木が多く、幹を見てみるとカシノナガキクイムシと思われる虫が加害している様子がわかった。下葉の上に木屑が溜まっている。(10月17日撮影)
20151017_kishioka_0
20151017_kishioka_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

ヒメウラナミジャノメ初見(2015年4月28日)

 職場の庭で今年初めてのヒメウラナミジャノメを見た。週に1回しか見回っていないで、もっと前に飛び始めていたかも知れない。もうかなり暖かくなっているが、これを見ると春も本番になったように思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

モンシロチョウ初見(2015年3月17日)

20150317_blog01
 相変わらず体調が良くなく、ほとんどフィールドには出ていない。体調が悪いせいだけでもなかろうが、気温もずっと低かったように感じられた。
 今日は朝方には霧がかかって、暖かく湿気が多かった。職場に行って外の調査をしようと庭に出たら、モンシロチョウが飛ぶのが見えた。今年のモンシロチョウの初見である。
 3月も半ばになっての初見というのは、平年よりちょっと遅いように感じられる。
 今日見たモンシロチョウはこの1頭だけだったが、昼頃からは晴れてさらに暖かくなったので、もっと飛んだのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

外来種の蝶を訪ねて(2014年6月21日)

名古屋市に発生している外来種の蝶の発生地を訪ねてみた。
駆除の対策が取られているとのことだが、寄主植物はたくさん生えていた。外来種の蝶を根絶するためにはその寄主植物を十分に取り除くことが必要だと思われるが、困難なことであろうと思う。とは言え、今回は蝶を確認できなかった。
しかし、この場所には外来の植物がたくさん生えていた。外来種の蝶の寄主植物も外来種である。外来種の植物がたくさん生えている中、外来種の蝶だけを根絶しようとするのは、やはりある種の差別ではないかと思う。
外来種が多かったとは言え、在来種の雑草であるウマノスズクサの花を見ることができた。これまでウマノスズクサの花をまともに見たことがなかった。

マンネングサの一種
20140621_blog01
ウマノスズクサ
20140621_blog02
マツバギクの一種?
20140621_blog03
コバンソウ
20140621_blog04
アオイ科?(どなたかご教示ください)→ヤノネボンテンカとのご教示がありました
20140621_blog05
ハッカの一種?
20140621_blog06
ヤナギにはヤナギグンバイが発生していた
20140621_blog07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧