Lepidoptera

2017年7月 8日 (土)

いしもりよしひこ(石森愛彦)著『昆虫って、どんなの?』

Img_4860

 著者の石森さんと初めてお会いしたのは、今から10年以上前のこと。ハサミムシの話を訊きたい、とのことでわざわざ拙宅まで出版社の方と一緒においでいただいた。
 そのときいろいろお話をしたのだが、自然と接する感覚がボクと近い感じで、気軽にお話できる方だと思った。
 仕事をしている世界が違うので、お会いする機会はそれほど多くないのだが、7年前には子供向きの月刊誌の付録で初めて一緒にお仕事をさせていただいた。

 今年になってから、本の内容をチェックして欲しいと依頼されたのが本書。
 ラフを読ませていただいての最初の印象は、「絵本で昆虫形態学の基礎をやってしまおうという本だな!」ということ。石森さんにそのことをお話したところ、ご本人はそのような目論見でやったわけではなかったとのこと。しかし、ボクの印象が石森さんの無意識の部分を言葉にしたものだとご自身も納得された。

 ボクと石森さんの自然に対する感覚が近いと書いたけれど、見方はかなり違っていて、ボクが虫の暮らしぶりに興味の重点を置いているのに対して、石森さんは虫の形に重点を置いている。
 この本(に限らず石森さんのほかの本も)の虫のイラストは、虫の形を抽象化したものには違いが無いのだけれど、石森さんのイラストは現物に忠実で、基本的な形をデフォルメしたりしていない。だから(だと思うけれど)、精密画ではなくイラストなのだけれど、たいていの場合、種まで同定できる。だからこそ、「昆虫形態学の基礎」の教科書になりえるのではないかと思ったのだと思う。子供向きの本ではあるけれど、だからこそオトナにも役に立つと思う。

 この本には様々な昆虫が登場している。日本産昆虫の目(もく)のレベルで登場していないのはシロアリモドキ目ぐらいではないかと思う。ありとあらゆる昆虫が登場している本は他に例が無いのではないかと思う。虫オタクを自認される方にもオススメする。

 出版社のサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

アサギマダラが鈴鹿・岸岡山緑地から台湾・澎湖島まで飛んだ(2015年11月21日)

 さる11月15日のこと、facebookのお友達のTさんからの連絡で、ボクが10月10日に三重県鈴鹿市岸岡山緑地でマークした2頭のアサギマダラのうち1頭が11月13日に台湾・澎湖島で再捕獲されたことを知りました。澎湖島というのがどこか知らなかったのですが、台湾の西側にある澎湖諸島の中の島のひとつであるようです。
 この日にマークした2頭のうち1頭は2日後に150mほど離れた場所で自分で再捕獲したわけですが、これでこの日にマークしたアサギマダラの再捕獲率が100%になりました。
 ボクはアサギマダラのマーキングはけっこう古くからやってはいますが、あまりマジメにやっているわけではないので、これまでにマークしたアサギマダラの個体数は3桁には届いていないと思います。
 他の人がマークした個体を再捕獲した経験は3回あり、石垣島に住んでいた頃に、和歌山県でマークされたものと高知県でマークされたものを捕獲したことがありますし、こちら三重県に来てからは、亀山市と鈴鹿市の境界にある野登山で同じ場所で数日前にマークされたものを捕獲したことがあります。
 自分がマークした個体が他の人によって再捕獲されたのが確認されたのは今回が初めてで、それが日本国内でなく、台湾だったことには少々感激しています。
 再捕獲したのは周麗炤さんという人で女性らしいのですが、facebookでメッセージを送ったのですが、今のところ返事が返ってきていません。ボクより年上の方のようなのですが、英語が読めないのかも知れません。
 facebookの写真は公開されているので、一応リンクを張っておきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

アサギマダラ@岸岡山緑地(2015年10月10、12、17日)

 体調は相変わらず良くないので、休日は家でおとなしくしていることが多いのだが、少しは体を動かした方が良いと思ったし、アサギマダラの南下の季節でもあるので、我が家から気軽に行ける鈴鹿市の岸岡山緑地にでかけることにした。
 10月10日はやや雲っていたが、それほど悪い日ではないように思われた。しかし、なかなかアサギマダラが現れず、諦めかけていた正午過ぎ、やっとのこと遊歩道の脇のハギの花を訪れていたオスを発見した。マークがついていなかったので「KK001 Oct 10 KISHIOKA」のマークを付けて放した。その後、昼食を摂ろうと千代崎駅に向かっていたら、緑地の駐車場の近くの畑のコスモスを訪れていたオスを見つけた。これにもマーク。昼食後も緑地を訪れたが、だんだん雲が厚くなり、蝶が飛ぶような天気でもなくなったので終了。この日は2♂にマークしたのみ。
10月11日は天気が悪かったので出かけなかったが、天気が回復した12日、妻と愛犬の柴犬「さくら」と一緒に車で出かけた。10日のことを妻が妻の友人に知らせたところ「見てみたい」とのことだったのだが、緑地でその友人と会うことができた。この日はそこそこ多くの個体を見ることができた。風がやや強かったせいか、林内で見られる個体が多かった。この日は捕獲に失敗した個体も多かったが、6♂2♀にマークし、10日にマークした「KK002 Oct 10 KISHIOKA」の個体を再捕獲した。2日と20分で約150mの移動が確認された。(10月12日撮影)
20151012_kishioka_6
 今日(10月17日)は天気が良くないという予報だったので諦めていたのだが、朝起きたらそれほど悪い天気ではなかったので、また出かけた。朝の冷え込みもなく、風もなかったのだが、陽射しがあまりないせいか、なかなかアサギマダラは見られなかった。11時過ぎごろ、やっと1頭のアサギマダラを見つけたのだが、ネットが届かず捕獲できず。その後もあまり天気がよくなく、昼過ぎまで滞在したが、諦めて退散。マークはできず。

 この緑地公園にはカクレミノがたくさん生えていて、実をつけているこの時期、アオモンツノカメムシが多い。(10月12日撮影)
20151012_kishioka_7
 そのカクレミノだが、よく見てみると、幹に傷がついてヤニが出ている個体が多い。穿孔する虫がいるに違いないが、何かはわからない。(10月17日撮影)
20151017_kishioka_2
 また、コナラやカシ類に枯れた木が多く、幹を見てみるとカシノナガキクイムシと思われる虫が加害している様子がわかった。下葉の上に木屑が溜まっている。(10月17日撮影)
20151017_kishioka_0
20151017_kishioka_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

ヒメウラナミジャノメ初見(2015年4月28日)

 職場の庭で今年初めてのヒメウラナミジャノメを見た。週に1回しか見回っていないで、もっと前に飛び始めていたかも知れない。もうかなり暖かくなっているが、これを見ると春も本番になったように思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

モンシロチョウ初見(2015年3月17日)

20150317_blog01
 相変わらず体調が良くなく、ほとんどフィールドには出ていない。体調が悪いせいだけでもなかろうが、気温もずっと低かったように感じられた。
 今日は朝方には霧がかかって、暖かく湿気が多かった。職場に行って外の調査をしようと庭に出たら、モンシロチョウが飛ぶのが見えた。今年のモンシロチョウの初見である。
 3月も半ばになっての初見というのは、平年よりちょっと遅いように感じられる。
 今日見たモンシロチョウはこの1頭だけだったが、昼頃からは晴れてさらに暖かくなったので、もっと飛んだのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

外来種の蝶を訪ねて(2014年6月21日)

名古屋市に発生している外来種の蝶の発生地を訪ねてみた。
駆除の対策が取られているとのことだが、寄主植物はたくさん生えていた。外来種の蝶を根絶するためにはその寄主植物を十分に取り除くことが必要だと思われるが、困難なことであろうと思う。とは言え、今回は蝶を確認できなかった。
しかし、この場所には外来の植物がたくさん生えていた。外来種の蝶の寄主植物も外来種である。外来種の植物がたくさん生えている中、外来種の蝶だけを根絶しようとするのは、やはりある種の差別ではないかと思う。
外来種が多かったとは言え、在来種の雑草であるウマノスズクサの花を見ることができた。これまでウマノスズクサの花をまともに見たことがなかった。

マンネングサの一種
20140621_blog01
ウマノスズクサ
20140621_blog02
マツバギクの一種?
20140621_blog03
コバンソウ
20140621_blog04
アオイ科?(どなたかご教示ください)→ヤノネボンテンカとのご教示がありました
20140621_blog05
ハッカの一種?
20140621_blog06
ヤナギにはヤナギグンバイが発生していた
20140621_blog07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

今年のムシの日・ヒオドシチョウ(2014年6月4日)

相変わらず体調は悪いが、何とか仕事には出ている。
今日はムシの日だが、どんよりと曇って東から湿気を含んだ風が吹いていた。
帰宅してから知ったが、梅雨入りの発表があったらしい。

昼食後、試験に使っている畑を見に行ったら、ヒオドシチョウが飛んでいるのが目についた。
ヒオドシチョウは春先に越冬から醒めた個体を見る機会は多いが、羽化したばかりの鮮やかな赤い色をした成虫を見る機会はそれほど多くないので、こういう機会は嬉しい。
畑の上を飛んでいたと思ったら、防風垣のイヌマキのあたりを舐めるように飛ぶようになった。やがてイヌマキの下に潜り込むように中に入って行き、やがて中に潜り込んで静止してしまった。
このまま、越夏、越冬するわけではないだろうが、これからどうなるのだろうか。
じっと観察しているわけにもいかないので、とりあえず写真だけは撮っておいた。
20140604_blog01
20140604_blog02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

モンシロチョウ・モンキチョウ・キタテハ初見(2014年3月19日)

20140319_blog01
今日は有機農家さんの畑を訪ねた。
天気は良くそこそこ気温は上がったが、風が少し強かった。そろそろモンシロチョウを見ることができないかと思っていたところ、モンキチョウが飛び出した。別の場所にも草に止まっている個体もいた。最初に見た個体は白かったので雌であることがわかったが、この写真の個体は捕獲していないので、雌雄は不明のままである。とりあえず、今年のチョウの初見である。
別の場所に移動したら、今度はキタテハが飛び出した。これも年明けの初見である。キタテハは成虫で越冬するので、冬の間でも暖かい日があれば見ることができたかも知れないが、今日まで見ることはできなかった。
さらに別の場所へ移動する途中、車の中からモンシロチョウが飛ぶのが見えた。これも初見である。今年はちょっと遅いかと思ったが、ここ数年とほぼ同じであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

モンシロチョウ(2013年12月4日)

 今日は風も比較的弱く、日中は暖かく感じられるような日だった。
 今日の午後、いつも通っている津市一志町の有機農家さんの畑に行ったところ、モンシロチョウが何頭も飛んでいた。
 今日飛んでいたモンシロチョウがうまく卵を産むかどうかわからないが、もし卵を産んだとしたら、これからはますます気温が低い時期になるので、うまく成長できたとしても、来年の春先になるのではないかと思う。
 この界隈では、真冬を過ぎようとする頃までモンシロチョウの幼虫を見たことがあるので、教科書に書かれているように、必ずしもモンシロチョウが蛹で冬を越すとは限らないように思える。もちろん、多くのモンシロチョウは秋に短くなる日長を感じて、生理的な休眠状態に入った蛹で冬を越すのであろうが。
 ここでふとモンシロチョウの生活史について思いを巡らせてみた。
 この界隈では、モンシロチョウの成虫の個体数が最も増えるのは、春に成虫になった越冬世代が産んだ卵が成虫になる第一世代である。その後は個体数が減少するが、夏には適した餌が少なくなるからだとか、アオムシサムライコマユバチなどの天敵の個体数が増えるからだとか言われているが、野外でその真偽を確認するのは難しい。
 はじめに書いたように、今でもモンシロチョウは飛んでいるが、おそらくアオムシサムライコマユバチは既に活動していないのではないかと思われる(真偽のほどはわからないが)。実際のことはよくわからないが、冬の間は天敵の活動が少なくなり、モンシロチョウの個体数は増えているのではないかと思う。その傍証として、秋に見られるモンシロチョウの個体数はそれほど多くなくても(というように感じているわけだが)、毎年春に見るモンシロチョウの個体数は少なくない。春に出てくるモンシロチョウが産んだ卵から育った世代は、まだ天敵の活動が少なくて(と感じているが)、次の世代には大幅に個体数を増やす。さらにその世代が卵を産むが、その子世代の幼虫は、非常に高い確率で天敵にやられてしまうことが多い(と畑で自分で見てそのように感じている)。
 ということであれば、やはりモンシロチョウの個体数は天敵に大きく影響されているように思える。ただし、ボク自身の感じ方としては、夏に天敵が増えてモンシロチョウが個体数を減らす、というのではなく、冬から春にかけて天敵の活動から解放されるので春から初夏にかけてモンシロチョウの個体数が増える、という方が実感に近い。同じことを言っているだけなのだが。
 こんなことは既に誰かが調べて論文に書いているかも知れないなぁ(沖縄で伊藤嘉昭さんや長田勝さんが調査した研究論文は読んだことがあるけど)。
 そう言えば、石垣島のモンシロチョウは2月頃から発生が始まり、4月から5月にかけて、本州では考えられないぐらい爆発的に個体数が増える。これはおそらく、石垣島にはアオムシサムライコマユバチがいないためである。しかし、6月頃には急速に個体数を減らし、7月には全く見ることができなくなってしまう。これはおそらく、暑すぎることと、餌が無くなってしまうことによると思う。その後、翌年の2月ぐらいまではモンシロチョウの姿を見ることはできない。ボクは、石垣島のモンシロチョウは、冬の間に北の方から飛来した個体から発生が始まり、夏には絶えてしまい、夏を越すことができないと思っている(が真偽のほどは定かではない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

日本昆虫学会第73回大会(2013年9月14日〜16日)印象記

20130914_kontyu73_1
 2013年9月14日から16日の日程で開催された日本昆虫学会第73回大会に参加したので、印象をまとめておきたいと思う。
 日本昆虫学会第73回大会は北海道大学農学部で開催された。学会で北海道大学を訪れたのは、1986年の日本昆虫学会第46回大会・第30回日本応用動物昆虫学会の合同大会、2004年の日本昆虫学会第64回大会、2009年の第53回日本応用動物昆虫学会大会に続き4回目である。1986年のことははっきり記憶がなく、北海道大学の中の何処で開催されたのか思い出せない。2004年と2009年は旧教養部で開催されたが今回は農学部であった。農学部は広い北海道大学の中でも最も札幌駅に近い場所にあり、北海道大学における農学部の位置の重要性を伺い知ることができる。
 1日目(14日)の午前中は一般講演、午後は学会賞受賞講演と総会、夜はアサヒビール園白石はまなす館に場所を移しての懇親会。2日目(15日)の午前中は一般講演と高校生のポスター発表のコアタイム、午後は3本並列のシンポジウム、夕刻には6件の小集会。3日目(16日)
は午前から午後にかけて一般講演、夕刻に6件の小集会。高校生のポスター発表は、地元北海道の高校のほかは九州の高校だけだったのは何故か?
 大会前日と終了の翌日は良い天気だったが、大会期間中は毎日雨が降り、けっこう激しい雨が降ることもあった。天気の面ではちょっと鬱陶しい大会となった。
 一般講演は主に生活史や生態に関する講演を聴いたが、一部は分類に関する講演も聴いた。2日目のシンポジウムは「昆虫分類学若手懇談会シンポジウム:分類学の過去・現在・未来」、小集会は「第15回昆虫の季節適応談話会」、3日目の小集会は「日本半翅類学会小集会」に出席した。
 ボクが聴いた講演の中で、ボクが面白いと思ったものをいくつか挙げて簡単な感想を書いておきたい。
◎ D106 ヒメマルカツオブシムシの蛹化の概年リズムは同一の親由来の幼虫集団でも見られる(西村知良・沼田英治)
 集団飼育条件でのヒメマルカツオブシムシ(衣類や昆虫標本などの害虫としてよく知られている)は20℃12時間日長の条件で、孵化後25週、60週、100週に蛹化が集中するリズムを示すが、同じ親由来の幼虫でも蛹化にリズムがあり、親個体によってそれぞれの蛹化時期における蛹化個体の比率に変異があるとのこと。非常に世代時間が長い種での調査は大変で骨が折れることだと思った。
◎ C204 石垣島に生息するニイニイゼミ2種の求愛歌の特徴(立田晴記・佐々木健志)
 石垣島に側所的に分布するヤエヤマニイニイとイシガキニイニイの鳴き声の成分を分析することによって、両種を鳴き声によって判別できるとのこと。ボクが石垣島に住んでいた頃、この2種の鳴き声を聞いたことがあるが、同時に2種の鳴き声を聞くことができないことが主な理由で、2種の鳴き声を識別する自信はなかった。ニイニイゼミ類の鳴き声は互いに非常によく似ているが、鳴き声の成分を分析することによって、おそらく他のニイニイゼミ類も識別できるのだろうな、と思う。
◎ C206 アオゴミムシの色彩選好性(榊原充隆)
 ストローに各色のビニルテープを巻き付けたものを隠れ家として2種類ずつ入れておくと、隠れ家に入るアオゴミムシの個体数が見事に異なり、明確に順位がつけられることが示されていた。アオゴミムシにとって隠れ家の色など一見どうでもよさそうに思えるが、はっきり識別しているとしか思えないようなデータが示されると、これには何か意味があると思わなければいけないように思える。
◎ C207 ケムシの「毛」は被食防衛に有効か?(杉浦真治・山崎一夫)
 クロカタビロオサムシ成虫に各種鱗翅目幼虫を餌にして与えたら、「毛」の長い幼虫を与えた場合には攻撃成功率が低く、「毛」が長い幼虫(クワゴマダラヒトリの幼虫)の「毛」を短くして与えたら攻撃成功率が高まったことが示されたことから、鱗翅目幼虫の密な長毛は捕食者に対して物理的な防衛機能を果たしているが示された。「毛」の長い幼虫の「毛」を取り除いて比較するというのは簡単なことだが、これまでにこれをマトモに調べた人は居なかったらしい。ヨーロッパからアメリカ大陸に侵入したマイマイガ(典型的なケムシである)に対して、捕食者であるニジイロカタビロオサムシが導入されたという実例があることを知っていたので、「マイマイガはどうなんや?」と疑問に思ったが、マイマイガは「毛」がそれほど密では長くないため、捕食者に対してあまり効果的ではないとのこと。
◎ C307 クロウスタビガの生態−野外での幼虫発見と営繭場所(三田村敏正・月田禮次郎)
 これまでに知られていなかったクロウスタビガの営繭場所を発見したことの報告。ヤママユガ科の多くの種は樹上で営繭することが知られているが、クロウスタビガは地上に降りて落葉の下などで営繭することが明らかにされた。大型のガの生態がこれまで謎だったことも驚きであるが、それを明らかにしたことも素晴らしい。
◎ C309 ニールセンクモヒメバチによるギンメッキゴミグモの網操作は健全クモが張る休息網を使用している(高須賀圭三・中田兼介・松本吏樹郎・前藤薫)
 ギンメッキゴミグモに寄生したニールセンクモヒメバチがギンメッキゴミグモの行動を操作して網の形を変えさせるという報告。寄生者が寄主の行動を操作するという事例はいろいろ知られていると思うのだが(不勉強なので具体的な事例は挙げられないが)、クモの網の形を変えさせるとは、見事としか言いようがない。

「昆虫分類学若手懇談会シンポジウム:分類学の過去・現在・未来」
◎ 昆虫分類学若手懇談会の40年にわたる歴史から見えてくる展望(三中信宏)
 三中さんの「高座」を聴いたのは初めてかも知れない。これまで40年の日本における昆虫分類学の若手の状況を知ることができて意義があった。
◎ 分類学研究の新しい可能性としての情報技術と情報学(神保宇嗣)
 データベースやインターネットの発展によって、昆虫分類学の展開が変わって、可能性が広がるように感じられた。
◎ ゲノム配列を利用した網羅的系統解析とこれからの分類学(戸田正憲)
 ゲノムやそれに基づく系統のことはよく理解していないので・・・・・
◎ 種多様性解明、それは底知れぬ魅力的な泥沼(丸山宗利)
 若手のホープの丸山さんのこれまでの研究戦略の披露のような感じの講演。さらに若い人には良い刺激になっただろうと思う。

小集会「第15回昆虫の季節適応談話会」
◎ 熱帯昆虫の個体数変動に季節性はあるか?(岸本圭子)
 マレーシア・サラワク州のランビル国立公園でライトトラップで調査したコガネムシ類とハムシ類のデータをもとに熱帯における昆虫の季節性を考察。世代時間が短いハムシ類と長いコガネムシ類を同列に扱うことはよくないと思ったが、まだまだ未知の領域である熱帯における昆虫の季節性の解明には期待したい。
◎ 過変態昆虫マメハンミョウの環境適応(新谷喜紀)
 発育過程で擬蛹になったあとでまた幼虫形態になる過変態という段階を経るマメハンミョウが、条件によっては擬蛹を経ることなく生育する場合もあるとのこと。バッタの卵しか餌としないマメハンミョウにとって、変態の可塑性は重要であるように思われた。
◎ ショウジョウバエの寄生蜂の季節適応(木村正人)
 申し訳ありません。よくわかりませんでした。

小集会「日本半翅類学会小集会」
◎ カメムシ図鑑第3巻の表の話、裏の話、先の話(石川忠・長島聖大)
 20代から90代までの幅広い年齢層の15名の著者の執筆により去年12月に出版された『原色日本カメムシ図鑑第3巻』は予想を上回る売れ行きとのこと。ボクもその中に加わることができて大変嬉しかった。この図鑑の完成までにはいろいろ紆余曲折があり、石川さんのご苦労は並大抵のものではなかったと思う。石川さんの話のなかでは「裏の話」がほとんど無かったのは、ちょっと残念だった。カメムシ図鑑は第3巻まで完成したわけであるが、第3巻には未記載のまま掲載されている種もあるし、その後に初めて記録された種もあるし、将来第4巻を出さないわけにはいかないと思う。この図鑑が出版されたことにより、新しいカメムシファンが増えて、充実した4巻ができると良いと思う。
△ 石川さんの講演の後は、参加者全員による「一人一話」
さらにその後には懇親会もあったが、体調に気を遣って残念ながら欠席することにしたので、懇親会の場所であったかも知れない「裏の話」を聞くことができず残念。

 さて、自分自身の講演だが、タイトルの付け方をもうちょっと工夫すれば良かったと若干の後悔。オオハサミムシの低温発育臨界温度が意外に高いことをもっと強調すべきだった。話は変わるが、この自分の講演は、懇親会の翌日の朝一番。前々回もそうだったし、昆虫学会の大会では応動昆との合同大会を含めれば、これまでの19回の講演のうち今回を含めて4回が懇親会の翌日の朝一番である。前々回はスタッフを除けば7人しか聴衆がいなかったが、今回はその倍以上、20人程度は聴衆がいた。雨が降って虫と採りに行けないので、仕方なく学会会場に来た人が多かったのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧