Hymenoptera

2017年7月 8日 (土)

いしもりよしひこ(石森愛彦)著『昆虫って、どんなの?』

Img_4860

 著者の石森さんと初めてお会いしたのは、今から10年以上前のこと。ハサミムシの話を訊きたい、とのことでわざわざ拙宅まで出版社の方と一緒においでいただいた。
 そのときいろいろお話をしたのだが、自然と接する感覚がボクと近い感じで、気軽にお話できる方だと思った。
 仕事をしている世界が違うので、お会いする機会はそれほど多くないのだが、7年前には子供向きの月刊誌の付録で初めて一緒にお仕事をさせていただいた。

 今年になってから、本の内容をチェックして欲しいと依頼されたのが本書。
 ラフを読ませていただいての最初の印象は、「絵本で昆虫形態学の基礎をやってしまおうという本だな!」ということ。石森さんにそのことをお話したところ、ご本人はそのような目論見でやったわけではなかったとのこと。しかし、ボクの印象が石森さんの無意識の部分を言葉にしたものだとご自身も納得された。

 ボクと石森さんの自然に対する感覚が近いと書いたけれど、見方はかなり違っていて、ボクが虫の暮らしぶりに興味の重点を置いているのに対して、石森さんは虫の形に重点を置いている。
 この本(に限らず石森さんのほかの本も)の虫のイラストは、虫の形を抽象化したものには違いが無いのだけれど、石森さんのイラストは現物に忠実で、基本的な形をデフォルメしたりしていない。だから(だと思うけれど)、精密画ではなくイラストなのだけれど、たいていの場合、種まで同定できる。だからこそ、「昆虫形態学の基礎」の教科書になりえるのではないかと思ったのだと思う。子供向きの本ではあるけれど、だからこそオトナにも役に立つと思う。

 この本には様々な昆虫が登場している。日本産昆虫の目(もく)のレベルで登場していないのはシロアリモドキ目ぐらいではないかと思う。ありとあらゆる昆虫が登場している本は他に例が無いのではないかと思う。虫オタクを自認される方にもオススメする。

 出版社のサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

日本昆虫学会第73回大会(2013年9月14日〜16日)印象記

20130914_kontyu73_1
 2013年9月14日から16日の日程で開催された日本昆虫学会第73回大会に参加したので、印象をまとめておきたいと思う。
 日本昆虫学会第73回大会は北海道大学農学部で開催された。学会で北海道大学を訪れたのは、1986年の日本昆虫学会第46回大会・第30回日本応用動物昆虫学会の合同大会、2004年の日本昆虫学会第64回大会、2009年の第53回日本応用動物昆虫学会大会に続き4回目である。1986年のことははっきり記憶がなく、北海道大学の中の何処で開催されたのか思い出せない。2004年と2009年は旧教養部で開催されたが今回は農学部であった。農学部は広い北海道大学の中でも最も札幌駅に近い場所にあり、北海道大学における農学部の位置の重要性を伺い知ることができる。
 1日目(14日)の午前中は一般講演、午後は学会賞受賞講演と総会、夜はアサヒビール園白石はまなす館に場所を移しての懇親会。2日目(15日)の午前中は一般講演と高校生のポスター発表のコアタイム、午後は3本並列のシンポジウム、夕刻には6件の小集会。3日目(16日)
は午前から午後にかけて一般講演、夕刻に6件の小集会。高校生のポスター発表は、地元北海道の高校のほかは九州の高校だけだったのは何故か?
 大会前日と終了の翌日は良い天気だったが、大会期間中は毎日雨が降り、けっこう激しい雨が降ることもあった。天気の面ではちょっと鬱陶しい大会となった。
 一般講演は主に生活史や生態に関する講演を聴いたが、一部は分類に関する講演も聴いた。2日目のシンポジウムは「昆虫分類学若手懇談会シンポジウム:分類学の過去・現在・未来」、小集会は「第15回昆虫の季節適応談話会」、3日目の小集会は「日本半翅類学会小集会」に出席した。
 ボクが聴いた講演の中で、ボクが面白いと思ったものをいくつか挙げて簡単な感想を書いておきたい。
◎ D106 ヒメマルカツオブシムシの蛹化の概年リズムは同一の親由来の幼虫集団でも見られる(西村知良・沼田英治)
 集団飼育条件でのヒメマルカツオブシムシ(衣類や昆虫標本などの害虫としてよく知られている)は20℃12時間日長の条件で、孵化後25週、60週、100週に蛹化が集中するリズムを示すが、同じ親由来の幼虫でも蛹化にリズムがあり、親個体によってそれぞれの蛹化時期における蛹化個体の比率に変異があるとのこと。非常に世代時間が長い種での調査は大変で骨が折れることだと思った。
◎ C204 石垣島に生息するニイニイゼミ2種の求愛歌の特徴(立田晴記・佐々木健志)
 石垣島に側所的に分布するヤエヤマニイニイとイシガキニイニイの鳴き声の成分を分析することによって、両種を鳴き声によって判別できるとのこと。ボクが石垣島に住んでいた頃、この2種の鳴き声を聞いたことがあるが、同時に2種の鳴き声を聞くことができないことが主な理由で、2種の鳴き声を識別する自信はなかった。ニイニイゼミ類の鳴き声は互いに非常によく似ているが、鳴き声の成分を分析することによって、おそらく他のニイニイゼミ類も識別できるのだろうな、と思う。
◎ C206 アオゴミムシの色彩選好性(榊原充隆)
 ストローに各色のビニルテープを巻き付けたものを隠れ家として2種類ずつ入れておくと、隠れ家に入るアオゴミムシの個体数が見事に異なり、明確に順位がつけられることが示されていた。アオゴミムシにとって隠れ家の色など一見どうでもよさそうに思えるが、はっきり識別しているとしか思えないようなデータが示されると、これには何か意味があると思わなければいけないように思える。
◎ C207 ケムシの「毛」は被食防衛に有効か?(杉浦真治・山崎一夫)
 クロカタビロオサムシ成虫に各種鱗翅目幼虫を餌にして与えたら、「毛」の長い幼虫を与えた場合には攻撃成功率が低く、「毛」が長い幼虫(クワゴマダラヒトリの幼虫)の「毛」を短くして与えたら攻撃成功率が高まったことが示されたことから、鱗翅目幼虫の密な長毛は捕食者に対して物理的な防衛機能を果たしているが示された。「毛」の長い幼虫の「毛」を取り除いて比較するというのは簡単なことだが、これまでにこれをマトモに調べた人は居なかったらしい。ヨーロッパからアメリカ大陸に侵入したマイマイガ(典型的なケムシである)に対して、捕食者であるニジイロカタビロオサムシが導入されたという実例があることを知っていたので、「マイマイガはどうなんや?」と疑問に思ったが、マイマイガは「毛」がそれほど密では長くないため、捕食者に対してあまり効果的ではないとのこと。
◎ C307 クロウスタビガの生態−野外での幼虫発見と営繭場所(三田村敏正・月田禮次郎)
 これまでに知られていなかったクロウスタビガの営繭場所を発見したことの報告。ヤママユガ科の多くの種は樹上で営繭することが知られているが、クロウスタビガは地上に降りて落葉の下などで営繭することが明らかにされた。大型のガの生態がこれまで謎だったことも驚きであるが、それを明らかにしたことも素晴らしい。
◎ C309 ニールセンクモヒメバチによるギンメッキゴミグモの網操作は健全クモが張る休息網を使用している(高須賀圭三・中田兼介・松本吏樹郎・前藤薫)
 ギンメッキゴミグモに寄生したニールセンクモヒメバチがギンメッキゴミグモの行動を操作して網の形を変えさせるという報告。寄生者が寄主の行動を操作するという事例はいろいろ知られていると思うのだが(不勉強なので具体的な事例は挙げられないが)、クモの網の形を変えさせるとは、見事としか言いようがない。

「昆虫分類学若手懇談会シンポジウム:分類学の過去・現在・未来」
◎ 昆虫分類学若手懇談会の40年にわたる歴史から見えてくる展望(三中信宏)
 三中さんの「高座」を聴いたのは初めてかも知れない。これまで40年の日本における昆虫分類学の若手の状況を知ることができて意義があった。
◎ 分類学研究の新しい可能性としての情報技術と情報学(神保宇嗣)
 データベースやインターネットの発展によって、昆虫分類学の展開が変わって、可能性が広がるように感じられた。
◎ ゲノム配列を利用した網羅的系統解析とこれからの分類学(戸田正憲)
 ゲノムやそれに基づく系統のことはよく理解していないので・・・・・
◎ 種多様性解明、それは底知れぬ魅力的な泥沼(丸山宗利)
 若手のホープの丸山さんのこれまでの研究戦略の披露のような感じの講演。さらに若い人には良い刺激になっただろうと思う。

小集会「第15回昆虫の季節適応談話会」
◎ 熱帯昆虫の個体数変動に季節性はあるか?(岸本圭子)
 マレーシア・サラワク州のランビル国立公園でライトトラップで調査したコガネムシ類とハムシ類のデータをもとに熱帯における昆虫の季節性を考察。世代時間が短いハムシ類と長いコガネムシ類を同列に扱うことはよくないと思ったが、まだまだ未知の領域である熱帯における昆虫の季節性の解明には期待したい。
◎ 過変態昆虫マメハンミョウの環境適応(新谷喜紀)
 発育過程で擬蛹になったあとでまた幼虫形態になる過変態という段階を経るマメハンミョウが、条件によっては擬蛹を経ることなく生育する場合もあるとのこと。バッタの卵しか餌としないマメハンミョウにとって、変態の可塑性は重要であるように思われた。
◎ ショウジョウバエの寄生蜂の季節適応(木村正人)
 申し訳ありません。よくわかりませんでした。

小集会「日本半翅類学会小集会」
◎ カメムシ図鑑第3巻の表の話、裏の話、先の話(石川忠・長島聖大)
 20代から90代までの幅広い年齢層の15名の著者の執筆により去年12月に出版された『原色日本カメムシ図鑑第3巻』は予想を上回る売れ行きとのこと。ボクもその中に加わることができて大変嬉しかった。この図鑑の完成までにはいろいろ紆余曲折があり、石川さんのご苦労は並大抵のものではなかったと思う。石川さんの話のなかでは「裏の話」がほとんど無かったのは、ちょっと残念だった。カメムシ図鑑は第3巻まで完成したわけであるが、第3巻には未記載のまま掲載されている種もあるし、その後に初めて記録された種もあるし、将来第4巻を出さないわけにはいかないと思う。この図鑑が出版されたことにより、新しいカメムシファンが増えて、充実した4巻ができると良いと思う。
△ 石川さんの講演の後は、参加者全員による「一人一話」
さらにその後には懇親会もあったが、体調に気を遣って残念ながら欠席することにしたので、懇親会の場所であったかも知れない「裏の話」を聞くことができず残念。

 さて、自分自身の講演だが、タイトルの付け方をもうちょっと工夫すれば良かったと若干の後悔。オオハサミムシの低温発育臨界温度が意外に高いことをもっと強調すべきだった。話は変わるが、この自分の講演は、懇親会の翌日の朝一番。前々回もそうだったし、昆虫学会の大会では応動昆との合同大会を含めれば、これまでの19回の講演のうち今回を含めて4回が懇親会の翌日の朝一番である。前々回はスタッフを除けば7人しか聴衆がいなかったが、今回はその倍以上、20人程度は聴衆がいた。雨が降って虫と採りに行けないので、仕方なく学会会場に来た人が多かったのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

森上信夫著『虫の呼び名辞典』

森上信夫著『散歩で見つける 虫の呼び名辞典』
2013年7月15日発行
世界文化社
ISBN978-4-418-13422-9 C0045
1,500円+税

Moriue_2013
Moriue_2013_sg

出版社サイトは>>こちら<<

目次
春の虫
 モンシロチョウ、ギフチョウ、ほか
夏の虫
 アゲハ、ツマグロヒョウモン、ほか
秋の虫
 キタテハ、モンキチョウ、ほか
コラム
 ナミテントウの斑紋図鑑
 虫たちのカムフラージュ
 身近な夏のセミ
 身近なチョウの幼虫
 カマキリの卵のう

 著者の森上信夫さんから新刊を贈っていただいたので紹介したい。
昆虫写真家である森上さんの「虫の呼び名辞典」というのは、少々意外な感じがした。さいしょパラパラと見た時の印象も、なんとなく意図がわからない感じがした。しかし、あらためて最初から読み直してみたら、面白い着想だということが理解できた。
 虫には名前が付けられている。普通の人が使っているのは「和名」である。和名には、その虫の形態が表されていたり、生き様が表されたりしていることが多いが、中には意味がよくわからないものがある。ボク自身の頭の中では虫の名前はほとんど記号化していて、その意味を深く考えることは無くなってしまっている。
 この本は、身近な虫の名前について、その名前の意味するところを解説している。なかにはよく分からないものもあるが、それは森上さんの解釈の説明がある。これを読んでみると、自分の名前の解釈には色々な思い込みがあることもわかった。ようするに、自分は名前のことを深く考えていなかったということである。
 名前の本だけなら、写真家である森上さんが書くのに違和感を感じるわけだが、それぞれの種のすばらしい写真が添えられている(というか、写真が主役なわけだが)ので、名前が意味するところが理解しやすい。写真だけでも中途半端になっていただろうが、文章と写真が結びついて、完成度の高いものになっている。
 それはともかく、虫の名前の由来を知ることによって、虫への理解がより深まると思われるので、自然観察する人には、本書はお勧めだと言える。しかし、身近な虫でありながらゴキブリが掲載されていないのは、何からの意図があってのことか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

家族の要望に応えて(2013年6月22日)

20130622_blog01 手の届かない場所だし、危険そうでもなかったのだが、たまたま梯子を掛ける必要があって梯子をかけたら、手の届くところになってしまったため、家族の要望に応えて退治することになってしまった。
 たまたま主が居なかったので、何の危険もなく退治することができた。中にはかなり大きくなっている幼虫もいたし、卵もあった。主が不在だったため、種名は不明。大きさから判断すると、キアシナガバチぐらいの大きさ。まだワーカーが羽化していない今の時期なら、ほとんど危険なく退治することができる。

 そう言えば、数日前に職場で同様な事案が発生したが・・・・・この件について色々書きたいことがあるが、書くのは我慢する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

カトカラ登場(2013年6月16日)

 先週の木曜日に続き、3日ぶりに「いつものクヌギ」に行ってきた。今日は木曜日よりは虫の数は多かった。しかし、クワガタに関しては「小物」だけだったので、ちょっと寂しかった。
 今日嬉しかったのはカトカラ(Catocala)を見ることができたことである。このあたりでは普通種で、しかもそれほど大型ではない種であるコガタキシタバであったが、やはり嬉しい。ウンモンクチバも来ていた。ベニスズメも来ていたが、ホバリングしながら樹液を吸っていたので、ベニスズメの写真は撮れなかった。
 クワガタは小さい個体しかいなかった。一番大きかったのは一瞬コクワガタかと思ったのだが、大腮の形態を見るとヒラタクワガタであった。木曜日に見たのより遥かに小さい。
20130616_blog01
20130616_blog02
20130616_blog03
 あまり歓迎しない虫も来ていたが、まあ仕方がない。これも自然である。
20130616_blog04
20130616_blog05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

ハルゼミとヒメバチ(2013年5月12日)

 今日は朝から晴れていたが、午前中は風が強かった。体調は相変わらずあまり良くなかったが、午後から妻と二人でいつものフィールドに出かけた。
 現場に着くとすぐ、遠くからハルゼミの鳴き声が聞こえてきた。あちこち徘徊していると、一昨年姿を確認したアカマツの木から鳴き声が聞こえてきた。断続的にしか鳴いていなかったが、同時に2頭が鳴いているときもあった。今年はまあまあの発生量のようである。
 ふと目の前のコナラの木の幹にハチが飛んでいるのに気付いた。ハチは幹を歩き回り、幹に産卵管を突き立てた。ハチはヒメバチの仲間のようである。おそらく木の中にはカミキリムシの幼虫か何かがいるのであろう。このハチの名前が気になるが、名前がわからないところが悔しい。
20130512blog01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

なぜかクロアナバチ(2012年8月15日)

 このところ何となく体調が良くなかったり、これというネタが無かったりで、久しぶりのブログの更新になってしまった。Facebookにも時々書き込んでいるので、こちらへの書き込みの頻度も相対的に下がっている感じもある。
 今日は水曜日なので、恒例の野外調査であった。有機栽培の野菜圃場の近くに性フェロモン誘引剤を誘引源にした粘着板式トラップを設置してあり、それを毎週調査している。
 調査の対象としているのはガの仲間なのだが、想定外の生物もトラップに捕捉されてしまうことがある。脊椎動物はもちろん想定していない動物だが、ニホンカナヘビはしばしばトラップにくっついている。今日はニホンカナヘビだけでなく、ネズミもくっついていた。ネズミの種名はよくわからないが、大きさから判断するとハツカネズミか何かのように思われた。脊椎動物が捕捉されると、それが死んで腐臭を放ち、ハエが集まってくるので、あまり気分の良いことではない。
 今日はさらに、想定外の昆虫がたくさん捕捉されていた。ある場所の一つのトラップには、多数のクロアナバチが捕捉されていた。クロアナバチはキリギリスの仲間などを捕獲して幼虫の餌にする狩りバチの仲間である。それがなぜガのフェロモン剤に誘引されたのか全くもって不明である。たまたま、1頭のメスが捕捉され、それにオスが集まってきてしまったのかも知れない。が、あくまで想像の域を出ない話である。
20120815blog01 クロアナバチは狩りバチの仲間では大型なので、目にすればすぐに気が付く種である。子供の頃、地面にクロアナバチが掘った巣穴のところに、カマキリを入れたガラス瓶を被せてカマキリとクロアナバチを戦わせようとした記憶がある。しかし、それがその後どうなったのか全く思い出せない。子供の頃はいろいろと残酷なことをしたものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

不本意ながら蜂の駆除(2012年5月5日)

 2階のベランダの陽の当たる場所で本を読んでいた。すると、足下にアシナガバチが飛んで来たのに気が付いた。その場所をよく見てみると、案の定アシナガバチの巣と女王蜂が1頭いた。巣ができていたのは、こんな場所である。
20120505blog01 巣房の数はまだそれほど多くなく、幼虫は見当たらず、卵が見つかるだけだった。
20120505blog02 アシナガバチはそれほど凶暴ではないが、一応注意してもらおうと思って家人に知らせたところ、「すぐに処分してください」と言われ、反論の余地はなかった。そこに巣があることを意識していれば、まず刺されることはないと思うのだが、そうは思ってくれなかった。仕方がないので、不本意ながら女王蜂を処分した。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

ナミアゲハ・ヒメウラナミジャノメ・キムネクマバチ初見(2012年4月19日)

 今日は朝から曇りがちであった。出勤して職場の庭に出るとモンシロチョウやベニシジミと一緒にヒメウラナミジャノメがいた。今年の初見である。
20120419blog1
 その後、野外調査に出かけたところ、最初の調査地でナミアゲハが飛んでいるのが見えた。これも今年の初見である。さらに、畑を調査に使わせてもらっている農家さんの家に行ったところ、キムネクマバチが飛んでいた。これも初見である。
 去年のアゲハとキムネクマバチの初見は4月14日であったから、今年は少し遅いが、ヒメウラナミジャノメの初見は4月21日であったから、これは少し早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

モンシロチョウ初見・ヒサカキとミツバチ(2012年3月22日)

 今朝はそれなりに冷え込んだが、午前中から気温が上がり、暖かい日になった。お昼に職場からちょっと外に出たところにある菜の花畑に行ってみると、土手の背の低い草原からモンシロチョウが飛び出した。すぐに近くに止まったので、斑紋をみてみたら雌であった。残念ながら写真は撮れなかった。これが今年のモンシロチョウの初見であるが、雄ではなく雌だったのは意外であった。例年、もっと早くからモンシロチョウが見られるので、今年の春の訪れは、やはり遅れているのだと思う。
 Kさんから「ヒサカキの花にミツバチは来ていないか?」と訊かれていたので、庭のヒサカキのところに行ったら、そこそこの個体数のミツバチが来ていた。色が黒っぽく、節間の白線が目立つのでセイヨウミツバチではなくニホンミツバチではないかと思った。撮った写真を見てみても、翅脈はニホンミツバチのそれのように見える。
20120322blog1
 とは言え、菜の花畑の方がミツバチが多かったので、この時期の蜜源としては、やはり菜の花の方が重要ではないかと思われた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧