気象・天文・暦

2018年8月 9日 (木)

早朝のヒゲコガネ(2018年8月9日)

 去年からカボチャとニガウリの訪花昆虫の研究をしている。カボチャもニガウリも朝早く花が咲くので、調査をする日はそれに合わせて出勤する。今年も6月中旬から10回ほど早朝からの調査を行なっている。
 今朝は今月に入ってから2回目の調査だった。
 朝3時半に目覚まし時計をセットするが、大抵それより早く目が覚めてしまう。今日は2時半ぐらいに目が覚めてからウトウトしたら、目覚まし時計に起こされた。家を出るのはだいたい4時10分ぐらいである。職場までは30分弱なので、5時からの調査に余裕で間に合う。
 今朝は関東地方の東を北上している台風13号の影響で、やや強い西風が吹いていた。しかし、空は非常に綺麗で、かなり暗い星まで見えた。かすかに明るくなりかけた東の空を見たら、冬の星座として知られるオリオン座が綺麗に見えた。いつも冬に見る星座を真夏に見るのは妙な気分である。
 今日の日の出時刻は5時9分だったので、職場に近づく頃には空もある程度明るくなっている。そんな中での楽しみの一つは、橋の上に落ちているヒゲコガネを見ることである。
 前回の調査日に職場の近くの安濃川の橋をチェックしたらヒゲコガネが落ちていたので、今年も発生が始まったのを知った。ヒゲコガネが活発に活動するのは日没後暗くなってから、ほんの30分間程度である。おそらく河原のどこかでメスがフェロモンを出して、それをたよりにオスが活発に飛び回る、という状況だと思う。それが過ぎるとほとんど飛ばなくなってしまう。
 そうして、動かなくなって橋の上に落ちているのを見つけると効率良く採集できる。今朝は橋の上だけで5匹のオスを見つけた。雰囲気的には、もう眠くて動けませんよ、という感じである。自分がどんなところにいるのか、自分でわかっていない状況だと思う。写真で雰囲気をご覧いただきたい。
20180809_higekogane


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

自宅でもツクツクボウシの鳴き声(2018年8月5日)

 我が家の隣の団地の庭には色々な木が植えられていて、様々なセミが鳴き声を聞かせてくれる。個体数が多いのは、ニイニイゼミ、クマゼミ、アブラゼミであるが、ツクツクボウシも常連であるし、ごく稀にヒグラシの鳴き声を聞くこともある。
 今日は今年初めて自宅でツクツクボウシの鳴き声を聞いた。ツクツクボウシも個体数が増えてきたということであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

ツクツクボウシ初鳴き(2018年7月28日)

 昨日の午後、台風の襲来に備え、お雨が降る前にと、柴犬さくらを連れて津偕楽公園に散歩に行った。こちらでは、クマゼミ、ニイニイゼミ、アブラゼミが盛んに鳴いている。「一昨日、イシモリさんから東京ではツクツクボウシの鳴き声が聞こえたというメールが来たよ」と一緒にいた妻に言ったちょうどその時、ツクツクボウシが一声鳴いた。今年の初鳴きである。
 記録を取り始めてから一番早いツクツクボウシの初鳴きは一昨年の7月22日だから、とりたてて早いほどでもないが、8月になって初めて鳴き声を聞く年が多いので、まあ早い方である。
 津偕楽公園には柴犬さくらを連れて時々来ているが、ちょうどアオバズクが子育てをしている。昨日も見に行ったのだが、子供が3羽もいることに初めて気がついた。これまで、子供は1羽しか見ていなかった。
 昨日の夜から今朝にかけて、台風12号が通過し、そこそこ強い暴風雨だったが、アオバズク親子は大丈夫だっただろうか。見に行きたいと思うのだが、急激な気圧と気温の変化のせいか、おそらく自律神経のバランスが崩れて、頭痛が酷く、体が重くて外出する元気がない。
20180728_aobazuku_s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

今年も二度目のフジの花(2018年7月10日)

20180710_fuji

 ふと気付いたら、隣の団地の藤棚に今年二度目のフジの花が咲いていた。もちろん春の花とは全く比べ物にならないほど花の数は少ないが、毎年決まったように咲く。
 もう暗くなっていたので、写真を撮ったときには気づかなかったが、花にはホソヘリカメムシが1匹付いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

クマゼミの合唱(2018年7月7日)

 これまで当所で聞かれたクマゼミの鳴き声は1個体ずつであったが、今朝から合唱が始まった。今朝は晴れ間は出ていないものの、明るい曇りである。数日間天気が悪かったせいか、その間に鳴いていなかったが、その間に個体数も増えていたのであろう。
 ここ数日関西から九州に至るまで、あちこちが大雨で大変なことになっている。今日は学生時代に所属していた合唱団のコンサートがあるので、ちょっと行ってみようかという気になっていたが、天気のことを考えて諦めた。大学に入学したとき5回生として在学していた先輩の高嶋昌二さんが指揮をされるので、行けないのは残念である。コンサートが盛会であることを祈っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

アブラゼミ初鳴き(2018年7月6日)

 ここ3日ほど雨が続いているので意外だったが、今日の夕方自宅で夕食をとっていたら、隣の団地の庭からアブラゼミの鳴き声が聞こえてきた。18:58ごろのこと。
 データを取り始めてからアブラゼミの初鳴きが一番早かったのは2009年の7月6日だったので、タイ記録である。

 自宅周辺ではクマゼミの初鳴きは早かったが、ちょっとだけ標高が高い職場では、またクマゼミの鳴き声が聞こえない。明後日ぐらいまで雨が続きそうだから、職場でのクマゼミの初鳴きは週明けになると思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

ヒグラシ初鳴き(2018年7月3日)

 今年もウリ科果菜類の訪花昆虫の調査のため、何度か日の出前に出勤している。
 今朝の日の出前、職場の近くに差し掛かったところ、ヒグラシの鳴き声を聞いた。4:34ごろのことである。
 もちろん、記録を取り始めてから最も早い初鳴きの記録だが、普段ヒグラシが普通に見られる場所で生活していないので、これまで初鳴きの観測がまともにできていなかったのが最大の理由だと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

クマゼミ初鳴き(2018年6月29日)

 自分はもう出勤した後だったが、家人から連絡があり、隣の団地の庭からクマゼミの鳴き声が聞こえて来たとのこと。今朝7:45ごろとのこと。
 記録を取り始めた2006年以降で一番早かったのは2010年の6月30日だったので、今年はこれまでで一番早い初鳴きである。
 ニイニイゼミの初鳴きが必ずしも早くなかったのとは対照的である。
 さきほど隣の団地の団地の藤棚を見てみたら、これから羽化するはずのクマゼミの幼虫に出会えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

自宅でのニイニイゼミ初鳴き(2018年6月26日)

 市内の別の場所で昨日の午前中にニイニイゼミの鳴き声を聞いたことを書いたばかりだが、今朝の日の出前、まだ薄暗いうちに自宅でニイニイゼミの鳴き声を聞いた。4:30ごろのこと。しばらく鳴いていたが、4:50頃には鳴き止んでしまった。6時半過ぎには出勤してしまったので、昼間に鳴いたかどうかわからないが、夕方帰宅したら6時半過ぎにまた鳴き出した。
 我が家の界隈にはヒグラシがほとんどいないので、朝一番に鳴き始めるセミはたいていニイニイゼミである。セミの鳴き声とともに目が醒めるのは気持ちがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

ニイニイゼミ初鳴き(2018年6月25日)

 ブログの書き込みを1年近くほったらかしてしまった。
 今日、仕事で外に出たときの帰り道、飲み物を調達するためにコンビニエンスストアに立ち寄ったところ、ニイニイゼミの鳴き声が聞こえてきた。場所は津市久居一色町。10:30頃のこと。
 今年はいろいろな昆虫の発生時期が例年より早い事例が多いようであるが、ニイニイゼミに関しては特に早いわけではなかった。去年より4日早いが、一昨年より3日遅い。
 そろそろ伊勢神宮でヒメハルゼミも鳴き始める頃かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧