昆虫

2019年3月 9日 (土)

フチグロトゲエダシャクを求めて(2019年3月9日)

 フチグロトゲエダシャクという早春に出現する昼行性のガがいる。全国的な分布は比較的広いが、三重県では限られた場所でしか記録がない。
 もう何年も前のことだが、仕事で調査をしていたとき、トラップに偶然かかり、その界隈で発生しているらしいことを知った。このことは地元の同好会誌に発表した(ひらくら 61: 96-97, 2017)。
 トラップにかかったのだけでは物足りないので、実際に見たくなるのは虫屋の性である。
 そこで、去年から何度か発生地を求めて探している。探しているのは、津市南部の庄田町(旧久居市)や一志町其倉、一志町高野、一志町大仰あたりの雲出川やその支流に近い場所。
 今日は今年3回目の調査。2月に2回調査したのだが、いずれも発見に至らず、おまけに風邪を引いてそれが長引いてしまい。今日は3週間ぶりの出動。一番いい時期を逃してしまった感がある。それでも良い天気だったので出動した。
 しかし、残念ながら、今日も確認できなかった。しかし、それらしい姿を3回ぐらい見た。けっこう素早く飛び回り、やや高く無い上がることもあった。場所は庄田町の長野川の土手の道。今年はもうダメだろうから、来年に期待しよう。
 3日前にモンキチョウを今年初めて見たが、今日は色々なチョウを見た。モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ルリシジミ、それに成虫で越冬したと思われるアカタテハ、キタテハ、テングチョウ。いかにもカナムグラが生えていそうな場所だったのでキタテハはたくさん見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

啓蟄・モンキチョウ初見・スギ花粉真っ盛り(2019年3月6日)

久しぶりのブログ更新。

今日は啓蟄である。

風邪をこじらせて長らく体調が悪かったが、何とか少し落ち着いたし、今日は気温がそこそこ高く、曇っていたものの時折薄日も射し、風もなかったので、今日の昼休みは畑に出てみた。
するとモンキチョウが飛び出した。今年の初見である。写真を撮れないものかと思ったが、飛び出したまま止まることなく、遠くへ飛び去ってしまった。

もうスギ花粉がいっぱい飛んでいるの感じられるのだが、実際どうなのだろうと職場のスギの花を叩いてみた。飛散の真っ盛りであると思われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

鈴鹿市岸岡山緑地公園のチッチゼミを再確認(2018年8月18日)

 去年の9月の末、アサギマダラのマーキング調査のために訪れた鈴鹿市の岸岡山緑地公園で思いがけずチッチゼミの鳴き声を聞いた。鈴鹿市の鈴鹿山脈に近い場所にチッチゼミが棲息することは知られていたが、海に近い岸岡山緑地公園で鳴き声が聞かれるとは全くの想定外であった。このことは地元の同好会誌に発表した(河野 2018)。
 これが元々そこに棲息していたものなのか、何らかの理由、例えばツツジの苗木と共に運ばれてしまったのか、興味惹かれるところである。
 とりあえず、今年もチッチゼミがみられるかどうか確認するため、今日の午後、電車に乗って岸岡山緑地公園に行ってみた。
 去年発見したときは、他のセミの季節は完全に終わっていたが、まだ今はセミの季節である。ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシの鳴き声は駅から岸岡山緑地公園に向かう間でたくさん聞こえた。とくにアブラゼミとツクツクボウシの鳴き声がよく聞こえた。
 まず去年発見した場所に向かうと、早速チッチゼミの鳴き声が聞こえてきた。チッチゼミの季節にはまだ少し早いのではないかと思ったのだが、もう鳴き始めていたのだ。
 その後周辺を歩き回ったのだが、この1匹以外にチッチゼミの鳴き声は聞かれなかった。いなかったのか他のセミの鳴き声にかき消されていたのかはわからない。
 この1匹のチッチゼミは多少場所を変えたものの、飛ぶことなく長い間同じ枝に留まって鳴き声を聞かせてくれた。

文献
  • 河野勝行 (2018) 鈴鹿市の岸岡山緑地でチッチゼミを採集.ひらくら 62 (2): 40-42
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年8月 9日 (木)

    早朝のヒゲコガネ(2018年8月9日)

     去年からカボチャとニガウリの訪花昆虫の研究をしている。カボチャもニガウリも朝早く花が咲くので、調査をする日はそれに合わせて出勤する。今年も6月中旬から10回ほど早朝からの調査を行なっている。
     今朝は今月に入ってから2回目の調査だった。
     朝3時半に目覚まし時計をセットするが、大抵それより早く目が覚めてしまう。今日は2時半ぐらいに目が覚めてからウトウトしたら、目覚まし時計に起こされた。家を出るのはだいたい4時10分ぐらいである。職場までは30分弱なので、5時からの調査に余裕で間に合う。
     今朝は関東地方の東を北上している台風13号の影響で、やや強い西風が吹いていた。しかし、空は非常に綺麗で、かなり暗い星まで見えた。かすかに明るくなりかけた東の空を見たら、冬の星座として知られるオリオン座が綺麗に見えた。いつも冬に見る星座を真夏に見るのは妙な気分である。
     今日の日の出時刻は5時9分だったので、職場に近づく頃には空もある程度明るくなっている。そんな中での楽しみの一つは、橋の上に落ちているヒゲコガネを見ることである。
     前回の調査日に職場の近くの安濃川の橋をチェックしたらヒゲコガネが落ちていたので、今年も発生が始まったのを知った。ヒゲコガネが活発に活動するのは日没後暗くなってから、ほんの30分間程度である。おそらく河原のどこかでメスがフェロモンを出して、それをたよりにオスが活発に飛び回る、という状況だと思う。それが過ぎるとほとんど飛ばなくなってしまう。
     そうして、動かなくなって橋の上に落ちているのを見つけると効率良く採集できる。今朝は橋の上だけで5匹のオスを見つけた。雰囲気的には、もう眠くて動けませんよ、という感じである。自分がどんなところにいるのか、自分でわかっていない状況だと思う。写真で雰囲気をご覧いただきたい。
    20180809_higekogane


    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年7月29日 (日)

    ツクツクボウシ初鳴き(2018年7月28日)

     昨日の午後、台風の襲来に備え、お雨が降る前にと、柴犬さくらを連れて津偕楽公園に散歩に行った。こちらでは、クマゼミ、ニイニイゼミ、アブラゼミが盛んに鳴いている。「一昨日、イシモリさんから東京ではツクツクボウシの鳴き声が聞こえたというメールが来たよ」と一緒にいた妻に言ったちょうどその時、ツクツクボウシが一声鳴いた。今年の初鳴きである。
     記録を取り始めてから一番早いツクツクボウシの初鳴きは一昨年の7月22日だから、とりたてて早いほどでもないが、8月になって初めて鳴き声を聞く年が多いので、まあ早い方である。
     津偕楽公園には柴犬さくらを連れて時々来ているが、ちょうどアオバズクが子育てをしている。昨日も見に行ったのだが、子供が3羽もいることに初めて気がついた。これまで、子供は1羽しか見ていなかった。
     昨日の夜から今朝にかけて、台風12号が通過し、そこそこ強い暴風雨だったが、アオバズク親子は大丈夫だっただろうか。見に行きたいと思うのだが、急激な気圧と気温の変化のせいか、おそらく自律神経のバランスが崩れて、頭痛が酷く、体が重くて外出する元気がない。
    20180728_aobazuku_s


    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年7月10日 (火)

    今年も二度目のフジの花(2018年7月10日)

    20180710_fuji

     ふと気付いたら、隣の団地の藤棚に今年二度目のフジの花が咲いていた。もちろん春の花とは全く比べ物にならないほど花の数は少ないが、毎年決まったように咲く。
     もう暗くなっていたので、写真を撮ったときには気づかなかったが、花にはホソヘリカメムシが1匹付いていた。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年7月 7日 (土)

    岸岡山緑地公園のチッチゼミ(2017年9月30日)


     去年の9月30日、アサギマダラをマーキングしようと思って隣町の鈴鹿市の伊勢湾岸に近い岸岡山緑地公園に行ったところ、思いがけずチッチゼミの鳴き声を聞き、こんな場所にもチッチゼミがいるのかと驚きました。最も近い既知産地は鈴鹿市内の鈴鹿山脈の麓あたりです。
     岸岡山緑地公園にはチッチゼミの産卵場所として好まれるツツジ類が多く植栽されていますが、鈴鹿市の鈴鹿山麓はツツジ等の苗木の生産が盛んな場所ですので、苗木と一緒にチッチゼミの卵が運ばれて岸岡山緑地公園で発生したのではないかと疑っています。

    発表文献
    ・河野勝行 (2018) 鈴鹿市の岸岡山緑地でチッチゼミを採集.ひらくら 62 (2): 40-42

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    オオヒカゲの処女飛翔(2018年6月9日)


     三重県の鈴鹿市、亀山市あたりにはオオヒカゲの産地があちこちにあることは三重昆虫談話会のKさんから聞いていた。オオヒカゲは盛岡市に住んでいた25年以上前に出会ったきりなので、久しぶりに出会いたいと思っていた。
     6月3日に行ったときにはさすがに早過ぎたのか、オオヒカゲは全く見られなかった。しかし、ミドリシジミはすでに多数のメスも見られ、今年の生物季節の進行が早いことを感じさせられた。6月9日に再び出かけたところ、あちこちからオオヒカゲが飛び出し、6日間に一気に羽化したことが感じさせられた。
     あちこち歩き回っていたら、羽化したばかりのメスを見つけ、じっくり撮影することができた。すると翅を開閉し始めたので、そろそろ飛ぶのではないかと動画撮影に切り替えたところ、うまく処女飛翔を撮影することができた。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    キナンウラナミアカシジミの産卵(2017年6月11日)


     去年の6月、三重昆虫談話会のKさんから「賢島の某ホテルに泊まったらキナンウランミアカシジミがたくさんいた」という話を聞いたので、その翌々日に出かけてみたところ、幸運にも産卵場面に出くわした。キナンウラナミアカシジミはウラナミアカシジミの亜種として記載されたが、落葉性のクヌギやアベマキを寄主植物とする基亜種とは異なり、常緑性のウバメガシを寄主植物としており、大きさも一回り小さい。
     その後あることに気付いたので、報文にまとめ、「月刊むし」に投稿した。今月発売される570号(2018年8月号)に掲載される予定である。
     今年も出かけてみたが、去年ほど多くはなかったものの、島のあちこちで飛んでいるのを見ることができた。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    クマゼミの合唱(2018年7月7日)

     これまで当所で聞かれたクマゼミの鳴き声は1個体ずつであったが、今朝から合唱が始まった。今朝は晴れ間は出ていないものの、明るい曇りである。数日間天気が悪かったせいか、その間に鳴いていなかったが、その間に個体数も増えていたのであろう。
     ここ数日関西から九州に至るまで、あちこちが大雨で大変なことになっている。今日は学生時代に所属していた合唱団のコンサートがあるので、ちょっと行ってみようかという気になっていたが、天気のことを考えて諦めた。大学に入学したとき5回生として在学していた先輩の高嶋昌二さんが指揮をされるので、行けないのは残念である。コンサートが盛会であることを祈っている。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧