Blattodea

2009年7月15日 (水)

森上信夫著『樹液に集まる昆虫ハンドブック』

森上信夫著『樹液に集まる昆虫ハンドブック』
2009年7月17日発行
文一総合出版
ISBN978-4-8299-1025-2 C0645
1400円+税

Moriue_001

目次
 樹液酒場の魅力とは
 本書の使い方
 用語解説
 ギャラリー
 チョウ目
 ・チョウ
 ・ガ
 甲虫目
 ハチ目・ハエ目
 そのほかの昆虫
 樹液の出るおもな樹木
 索引
 おもな参考文献
 おわりに

コラム
1. 樹液に接近するときは、直進してはいけない
2. 樹液派?花派?チョウたちの正餐
3. 古つわものの勲章
4. 樹液酒場の「番付表」は正しいか
5. 吸う口・なめる口
6. 樹液酒場は出会いの場?
7. 人気樹種・不人気樹種は、何がちがう?
8. 樹液酒場のハンターたち

 著者の森上信夫さんから新刊を贈っていただいたので紹介したい。
 『樹液に集まる昆虫ハンドブック』は文一総合出版から出版されているハンドブックのシリーズの1冊だ。このシリーズのハンドブックは『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(森上信夫・林 将之 著)と『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』鈴木知之 著)の2冊を見ているが、どちらもポイントを絞って、対象が明確になっている気がした。『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』は、某雑誌に書評を書くために熟読したが、実にマニアックで楽しそうな本だった。
 本書も、樹液に集まる昆虫に焦点を当てたもので、対象は明確だ。
 今ちょうど、樹液に集まる虫の種類が増え、楽しみが多い季節だ。昨日、本ブログに書いたように、ぼくもときどき近所の樹液の出ているクヌギの木に観察に出かけている。カブトムシ、コクワガタ、モコギリクワガタ、ヒラタクワガタ、モンスズメバチ、フクラスズメ、ベニスズメ、キシタバなどが夜の樹液で観察できる目立つ種だ。ぼくが近所の樹液で観察できる種は、本書にはほぼ網羅されており、それ以外にもたくさんの種の写真が掲載されている。
 著者の森上信夫さんは昆虫写真家だ。さすが、ぼくのような素人とは違って、写真の技術は確かだ。このシリーズは、「ハンドブック」ということもあり、手軽に持ち運びできる大きさにまとめられており、そのために個々の写真が小さいのは残念だと思う。
 それはともかく、本書は眺めているだけでも楽しそうな本だし、本書を持って樹液酒場を観察に行くにはうってつけのハンドブックになると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いしもりよしひこ(石森愛彦)著『うちの近所のいきものたち』

いしもりよしひこ(石森愛彦)著『うちの近所のいきものたち』
2009年6月29日発行
ハッピーオウル社
ISBN978-4-902528-34-3 C0045
1500円+税

Ishimori_001

もくじ
 はじめに
4月 春です。チョウがさかんにとびはじめました!
 アブラムシ退治はテントウムシの幼虫で!
5月 カメムシいろいろ
 クズの虫たち
 このアオムシはなんの幼虫でしょうか?
 カマキリ誕生!
6月 ビオトープで見られるトンボ
 コウガイビルってしってる?
 アゲハの羽化を見よう!
7月 虫はだいすきヤブガラシ
 カナヘビを飼ってみました
 ヤモリは夜、でてきます
8月 セミがなきたててこそ、日本の夏!
 8月は虫にとっても暑い!
 夕方、コウモリがとびまわります
9月 夜、コオロギたちの合唱です
 ガガンボ出現
10月 赤トンボが急にふえます!
 この時期のカマキリ
11月 晴れた日には、まだチョウがとぶけれど
12月 ベランダに小鳥をよんでみました
1月 冬の虫さがし
 冬、カモの集まるところ
2月 「メスしかいない?」冬のヒゲジロハサミムシ
 こんな鳥が1羽だけ、いました
3月 ヒキガエルの卵とオタマジャクシの観察


 著者の石森愛彦さんから新刊を贈っていただいたので紹介したい。
 著者の石森愛彦さんは多才な方なので、なんという肩書きにしたら良いのか迷うのだが、とりあえずイラストレーターであることは確かだ。昆虫関係では、吉村仁先生の著書『素数ゼミの謎』の挿画を描かれている。
 石森さんには、出版社の方と一緒に、一昨年の4月に我が家を訪ねていただいた。子供向きにハサミムシの本を作りたいということで、ハサミムシの生態について色々お話をしたのだった。それだけでは十分ではなく、その年の7月には電話をいただいて、またハサミムシの話をした
 結局、ハサミムシの話だけで本を作るという計画は立ち消えになってしまった、とその後伺っていたのだが、その代わりに(というわけでは無いと思うのだが)ハサミムシの話が盛り込まれてできたのが本書『うちの近所のいきものたち』だと思う。
 石森さんは、東京都板橋区の街中にお住まいだ。本書には、石森さんのお宅の近所の生き物が、一年を通して描かれている。板橋区には大きな公園もあるとのことだが、ここに登場するのは、石森さんのお宅と、その近所にある学校のビオトープで見られる生き物だ。だから、特別に珍しい生き物が登場するわけではなく、ごく普通に見られる生き物が主役となっている。哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類も登場するが、主役はやはり昆虫だ。描かれている昆虫の種類も多岐にわたっているが、冒頭に書いたように、無視されることが多いハサミムシ(ヒゲジロハサミムシ)についても、きちんと描かれているところが嬉しい。
 季節は4月から始まり3月で終わっている。この一年を通して、"石森流"の観察術が描かれている。添えられている言葉も、"石森流"だ。アゲハの幼虫の飼育のところでは、『さなぎからこんな虫がでてくることもよくあります。寄生バチと寄生バエです。さまざまないきものがすんでいる地球、しかたありません。』とか『羽がきれいにのびないこともあります。「目の前で見る」とは「成功の保証がない」ということ。だからこそ感動するんだと思います!』とか書かれているが、これは自然の捉え方や感じ方としては極めて正しいと思う。様々な普通に見られる生き物に対して、しっかりした観察がなされており、それが"石森流"の表現で、実に効果的に描かれていると思う。
 都会で生き物の観察をするのは難しいような気もするが、この本を読んでいると、どこに住んでいても生き物の観察はできるものだと感じさせられる。
 本書はイラスト満載の本で、写真は一切載っていない。しかし、イラストは丁寧な観察に基づいて実物に忠実であるので、下手な写真よりもよほど説得力があると思う。生き物の観察のためのガイドブックとしても、本当にお薦めだと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

今日は小さい雄のカブトムシ

 先日は例のクヌギに雌のカブトムシが来ていたが、今日は雄が来ていた。かなり小さな個体で、角も貧弱だった。今日は残念ながら大型の蛾は見られなかった。その他は、この前にもいたモンスズメバチとかヤマトゴキブリとか。写真を撮ろうと思ってじっとしていると蚊に刺されて大変だった。
20090714blog1

20090714blog2

20090714blog3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

日本昆虫学会第67回大会1日目(2007年9月15日)

 今日から昆虫学会が始まった。何故か朝早く5時半頃に目覚めてしまった。もう、かなり明るくなりかけていた。昨日の夜にはわからなかったが、遥か沖合には神戸空港も見えた。ずいぶん遠くに空港を作ったものだ。そんなふうに景色を眺めていても、それほど時間が経つわけでもないので、仕方なくシャワーを浴びたり、ネットをチェックしたりしたが、7時半前にはホテルを出た。昨日は阪神元町で降りたが、今日は阪急六甲が目的地なので、神戸高速鉄道の花隈駅に向かった。元町よりは少し遠い感じがしたが、まあ似たような距離だと思った。梅田行きの特急が来たが、六甲には停まらないので、三宮で普通に乗り換えた。それでも10数分でついてしまった。昨日は大阪の梅田から元町まで阪神で310円だったが、今日は途中で会社が変わるということもあり、花隈から六甲までは290円で、乗る時間は30分近く違うのに、値段は20円しか違わなかった。阪神が安いということなのだろうか?
 ホテルでは朝食をとらなかったので、六甲駅の改札口を出た所に喫茶店があるのに気がつき、そこで朝食をとった。コーヒーはほどほどに美味しかった。本を読みながら過ごしたが、コーヒーも飲み干したので、仕方なく店を出て、坂の上にある神戸大学に向かった。受付は9時から始まることになっていたが、それより15分も前に着いてしまった。今日は朝から蒸し暑く、会場に着いた頃には汗がにじんでしまった。早く来た人は他にもいたので、受付が始まるまで虫をネタに雑談で時間をつぶした。受付が始まって中に入ると、中は冷房が効いていて快適だった。
 さて、肝心の講演だが、今日聴いた中で一番面白いと思ったのは、C104 杉本雅志・矢後勝也・上島励「琉球列島における直翅目カマドウマ類の分子生物地理学」だった。カマドウマ類は形態分類で手がかりとなる形質が少なく、分類が遅れていたのだが、杉本氏によって、琉球列島からたくさんの新種が記載されていた。今回はそれを遺伝子の塩基配列からみた分子系統と比較してみるとどうなるか、というものだった。その結果は、形態分類による系統は分子系統とは整合性が希薄で、まさに混沌としている状況である、というものだった。今回の発表は、その第一段階のものということだろうが、今後の解析の結果が楽しみだ。
 午後は自分の講演があったが、やや早口になってしまったものの、ほぼ予定時間に話しきることができ、いくつも質問を受けることができたので、まあまあだったと思う。オオハサミムシなどという普通種も、調べてみると面白いということが伝わっていたとすれば、こちらの意図は果たされたことになる。今回は、仕事をやっていた過程でたまたま気になってしらべた幼虫期の齢数が、けっこう変異があり、メンデル遺伝ではないものの、遺伝的な支配を受けていることは示すことができた。こういう基礎的なことは、なかなかテーマを表に出してやりにくい立場なので(表のテーマの仕事をこなした上でやるなら、誰からも文句を言われないはずだが)、学生さんなどでもっと深く追求してみたいという人がいるなら、引き継いでやってもらっても良いかなぁ、などと思っている。自分は、野外での生態を解明することを先にこなさなければいけないので。
 一般講演が終わってから、神戸大学の大学院生のIさんの誘いもあったので、昆虫飼育室を見学させていただいた。ゴミムシ類の幼虫を見せていただくのが目的だったが、これを見なければここに来た価値は無い、などと脅されたのでT先生のゴキブリも見せていただいた。多量のゴキブリが飼育されており、壮観の一言だった。
Cockroaches
 総会の会場のある場所も、懇親会の会場も大変見晴らしの良い場所だった。懇親会での大会会長の挨拶でも、神戸大学の自慢できることは景色が良いことです、と本当に自慢されていたのかどうかはわからないが(やはり坂道を登り降りするのは大変なので)、嘘ではないと思った。
Landscape
 今日は調子が良く、ビールをグラスに2杯ほど飲んでしまった。暑かったせいだろか。料理も十分にあり、最後にフルーツとケーキも出てきた。ケーキは直径4cmちょっとのそれほど大きくないものだったが、7つも食べてしまった。要するに、美味しかったということだ。それでも最後は食べ物がさくさん残って、もったいないと思い、明日の朝食の足しにしようと少し持ち帰ってきた。
Cakes
 坂の上の懇親会上から、甲太郎さん、ウミユスリカさん(いずれも今は亡き@ニフティ昆虫フォーラムでのハンドル)と一緒に話をしながら六甲駅まで降りてきた。二人は三宮に宿をとっているということなので、三宮で別れた。花隈駅からホテルまでは朝とは違う道を通った。神戸市営地下鉄のみなと元町駅を見つけたときは驚いた。そとは赤煉瓦の建物だったので、中は何だろうと思って覗いたら地下鉄の駅の入り口だったのだ。さらに驚いたのは、その赤煉瓦は道路に面している面だけで、中は空洞だった。何となく騙されたような気がするのだが・・・・・
 と、いうことで、ホテルに戻ってこれを書いている。

 明日の朝一番の講演で、安藤喜一先生の「オオカマキリの「雪予測」は間違いである」の講演がある。明日の一番の楽しみは、この講演だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

コカマキリ再び

20060903blog_1  キャベツの苗に水をやったり、飼育している虫の餌替えなどのために職場に出かけた。すると、建物の入り口の壁にコカマキリ Statilia maculata (Thunberg, 1784) が止まっていた。8月26日にも見たので、今年2頭目ということになる。この入り口の近くの建物の上の方には夜間の照明があるので、それに引き寄せられて来たのだろう。石垣島に住んでいたときにも、自宅アパートの照明によくカマキリが飛んできていたが、いちばんたくさん見られたのはコカマキリに近縁なスジイリコカマキリ Statilia sp. で、次に多かったのはウスバカマキリ Mantis religiosa Linnaeus, 1758 だった。ウスバカマキリは比較的緯度の高いヨーロッパでもっとも普通に見られるカマキリらしいが、三重県に来てからは一度も見たことがない。見られないのは、緯度以外の何か別の理由があるのだろう。
 8月26日のコカマキリは♂だったが、今日のは♀だった。まだ腹部はそれほど肥大していなかったので、産卵はまだ先のことだろう。カマキリの♂と♀は腹部の先端の構造を見ればすぐに見分けられるが、触角の長さでも容易に識別できる。触角が長いのが♂で短いのが♀だ。カマキリに性フェロモンがあるのかどうか知らないが、触角の構造が♂と♀で違うので、やはりあるのではないかと思う。
 ♂と♀の腹部の構造が違うのは当たり前だが、♂と♀で腹節の数が違うことはあまり知られていないようだ。このことについて触れられている書物を見たことが無い。理由はもちろん知らないが、♀の腹節の数は、♂や幼虫よりも2つ少ない。これはハサミムシも同じだ。ハサミムシは成虫になっても無翅の種も多く、成虫なのか幼虫なのか区別がつきにくい場合があるが、腹節の数とハサミの形態に着目すれば、容易に識別ができる。成虫になると♂の場合はその種独特のハサミの形態になるが、♀の場合は成虫になってもハサミの形態にあまり変化はなく、腹節の数が2つ少なくなる。
 ゴキブリもカマキリに近縁な昆虫だが、あまりじっくり手に取って観察しようと思わないので、本当のことは知らない。おそらくカマキリやハサミムシと同様に、♂と♀では腹節の数が違うのではないかと思う。自然観察者としては、ゴキブリもしっかり観察すべきだが、これでは明らかに落第だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)