« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

近況(2015年1月31日)

 今日で1月も最後なので、今月分の記事を1つぐらい書かなければいけないと思っていたところ、このブログの読者の方にご心配をおかけしてしまったようで、「大丈夫ですか?」というお手紙をいただいてしまった。申し訳ありません。
 体調が悪いのは、「うつ」に処方されていた薬の後遺症のためなのですが、もう少し経ったら一度このことをじっくり書かないといけないと思っています。簡単に書いてしまえば、「うつ」に処方されていた薬を飲んだことで、精神的にも身体的にも余計に悪くなっていた、ということです。
 今は「うつ」に処方されていた薬を止めてから2年以上経ち、漢方薬の力を借りながら、徐々にではありますが、確実に良い方向に向かっています。
 そのような状況でまだ体調が良くなく、フィールドにもほとんど出ていないため、このブログのネタが無いというのも一つの事実ではあります。
 話は変わりますが、今月から2年間の予定で学会誌の編集のお手伝いをしています。編集委員長から割り当てられた論文の原稿に目を通し、査読者を決めて査読者に原稿を回し、査読者のコメントをもとに編集者としての判断を出して、それを編集委員長に返す、という仕事です。
 この1か月の間に、前任の編集者から引き継いだ論文を2編受理し、新規に割り当てられた論文を2編却下し、2編を査読者に回しました。この学会誌への投稿の半分ぐらいは外国人からのものだのですが、インパクトファクターがそれほど高くないために嘗められているのか、外国人からの投稿はレベルが低いのが多い感じがしています。あまりにひどいのは、査読者に回さずに編集者の段階で却下することになります。インパクトファクターはそれほど高くなくても、質の良い論文を世に出したいと思っています。そのためには、査読が多少は厳しくなるかも知れませんが、日本の学会が出している質の良い学会誌ということで、海外のインパクトファクターの高い学術誌ばかりでなく、うちの学会誌に良い論文を投稿して欲しいものだと思っています。
 これまでに、海外の学術誌に投稿された論文の査読を何度か経験したことがありますが、ちょっと問題がありそうと感じてボクが却下の判断を出した論文が、その後二度目の査読が回ってくることなく出版されたのを発見したことが複数回ありますので、うちの学会誌は査読が厳しすぎるのかも知れません。しかし、質の悪い論文が世に出ることは問題が大きいと思うので、査読はしっかりしたいと思っていますし、良いデータを出されている若い研究者は応援したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »