« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月20日 (日)

論文を真似されたことが発覚(2014年7月20日)

 先週のこと、とある必要性があって、ボクが石垣島で勤務していた頃の研究の関連論文をネットで調べていた。するとボクの研究に良く似ている論文が見つかった。オープンアクセスのオンラインジャーナルだったので、早速読んでみた。
 まず引用文献のリストを見てみると、ボクの論文が3編引用されていた(うち2編は英語で書かれたものだが、1編は日本語で英文の要約のみ)。次に内容をざっと読み始めると、すべて自分が行った実験と同じようなことが行われているのがわかった。
 もう10年も前のことなので、詳しいことを覚えておらず、自分の論文を見直してみたところ、件の論文はボクが書いた2編の論文(件の論文には引用されていない)の劣化コピーのような論文であることがわかった。
 引用されている3編の論文を見つけることができたなら、引用されていない2編の論文を見つけられないはずはないので、引用されていない2編の論文を読んでいるにもかかわらず引用していないことが強く疑われた。
 これは研究者の倫理の問題としては極めて重大だと思う。材料の昆虫も同じで、明らかにしようとしていることも同じで、先行研究も見て見ぬふり。日本語で書かれた文献も引用されているが、日本語を読めるはずもなく、「孫引き」をしているのは明らかである。先行研究に関する文献を見つけることも困難な時代ならともかく、文献がネットですぐに読める今の時代にこんなことをするとはマトモな研究者ではないと思う。
 しかしこのことで、図らずも自分の過去の研究が「求められている研究」であることもわかった。他人に真似される研究を行ったことは、自慢すべきことかも知れない。
 この問題に対してどのように対応するかはなかなか難しいので(件の論文を載せた雑誌の編集責任者に通報すれば良い、というものでもないので)、関係者と相談して適切に対処したいと思っている。
 聞くところによれば、この論文の著者の国(どこの国とは書かないが、このオンラインジャーナルを発行している国も同じ国である)では、論文の真似とか二重投稿とか、全く珍しくないという話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

ヒグラシ初鳴き(2014年7月18日)

 もうヒグラシが鳴いていても良い頃だと思って、夕方職場の畑の近くの林に出かけたのだが、残念ながら聞こえなかった。仕方がないので、普段は行かない場所をいろいろ巡ってみることにした。すると、やっとのこと、職場から1kmほど離れた場所でヒグラシの鳴き声を聞くことができた。しかもかなりの合唱だった。
 職場の畑の近くの林にもいるはずなのだが、鳴き声が聞こえなかったということは、個体数が少ないということなのだろうと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

アブラゼミ初鳴き(2014年7月15日)

今日仕事を終えて帰宅する途中、偕楽霊園の近くを通ったときにアブラゼミの鳴き声が聞こえた。18:45ぐらいだった。初鳴きの時期はだいたい例年並のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

クマゼミ@自宅(2014年7月12日)

 昨晩予想したとおり、今朝自宅付近でもクマゼミが鳴いた。鳴き始めの時刻は7:33だった。
 朝食後、柴犬さくらの散歩に出かけたが、何か所かでクマゼミの鳴き声が聞こえた。本格的なクマゼミの季節に突入である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

クマゼミ初鳴き(2014年7月11日)

 台風8号による被害が出た地域もあったようだが、こちら津市では肩すかしを食らった感じで、大した風も吹かなければ大した雨も降らなかった。
 今日の早朝は晴れ間が広がっていたが、出勤する頃には曇ってしまった。そんな中、職場の畑で調査をしていると、陽が射し始めてきた。すると間もなく、ケヤキ並木の方からクマゼミの鳴き声が聞こえてきた。時計を見ると10:25だった。今年のクマゼミの初鳴きの観測である。
 こちら津市に引っ越してきてから一番遅いわけではないが、6月のうちに鳴き声を聞いたこともあるので、やや遅めなのかも知れない。
 今日は夕方医者に行くためにちょっと早く帰宅した。自宅に着いたちょうどそのとき、クマゼミの悲鳴音が聞こえてきた。どこで鳴いているのかと思ったら、隣の団地の集会所の前にカラスが居た。せっかく羽化したのに、早速カラスに見つかってしまったらしい。
 明日あたり、自宅でもクマゼミの鳴き声を聞くことができるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »