« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月21日 (金)

福岡伸一 著『ロハスの思考』

福岡伸一 著『ロハスの思考』

木楽舎
ISBN4-907818-71-8
762円+税
2006年5月20日発行
253 pp.

目次
はじめに
○ロハスの思考○勉強をしよう
ロハスの思考の基礎知識
○酸化と還元○ワンガリ・マータイさん(2004年ノーベル平和賞受賞者)のこと○ルシャトリエの法則○平衡を乱す操作○食べることの意味○狂牛病が問いかけたもの○エネルギーとエントロピーの原則○流れの思考○生命の新しくて古い定義○小さな生命系のサスティナビリティ○情報受容レセプターの感度を上げよう○五感のレセプター○環境問題を懐疑的に考える
懐かしい言葉を探そう
○時間その1クローン○時間その2進化○時間その3万博○時間その4加速○時間その5リスク
食について考える
○何を食べるか?○脳細胞の求めるものについて○水について考える○水をめぐるキーワード○ロハスな水をどう選ぶか○東京の水○雑穀の科学、あるいは雑穀のリアリティ○食育のための5つのキーワード○ロハス的食育5つの提案○食の未来と見えないプロセス
トーク・ウィズ
○坂本龍一○ヨーヨー・マ○レスター・ブラウン○モーガン・スパーロック○田中康夫
あとがきにかえて

「ロハス」という言葉も最近はあまり聞かなくなってしまったが、「ロハス」に関する本を読んだことがなかったので読んでみた。
「ロハス」とは、Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字をとった言葉である、ということである。Sustainableであることは大切なことであると思っているので、共感できる。
ざっと読んでみて、全体的に共感できる部分は多いのであるが、何か変だな、と思う部分が無いわけもない。例えば、PETボトル入りの水のこと。よくわからないけど、PETボトル自体Sustainableではないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

モンシロチョウ・モンキチョウ・キタテハ初見(2014年3月19日)

20140319_blog01
今日は有機農家さんの畑を訪ねた。
天気は良くそこそこ気温は上がったが、風が少し強かった。そろそろモンシロチョウを見ることができないかと思っていたところ、モンキチョウが飛び出した。別の場所にも草に止まっている個体もいた。最初に見た個体は白かったので雌であることがわかったが、この写真の個体は捕獲していないので、雌雄は不明のままである。とりあえず、今年のチョウの初見である。
別の場所に移動したら、今度はキタテハが飛び出した。これも年明けの初見である。キタテハは成虫で越冬するので、冬の間でも暖かい日があれば見ることができたかも知れないが、今日まで見ることはできなかった。
さらに別の場所へ移動する途中、車の中からモンシロチョウが飛ぶのが見えた。これも初見である。今年はちょっと遅いかと思ったが、ここ数年とほぼ同じであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

ヒヨドリ(2014年3月12日)

20140312_blog01
昨日は仕事の調査で有機栽培農家さんの畑を訪ねた。防虫ネットを掛けられたキャベツのところに行くと、中に鳥が入っていて、羽をバタバタさせていた。ヒヨドリである。キャベツを食べにきたのか、キャベツについていた虫を食べにきたのか知らないが、中に入ったのは良いが、出られなくなってしまったようだった。
中から取り出して、記念撮影をしてから逃がしてやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »