« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月22日 (木)

玄関のコオロギ(2013年8月22日)

 仕事から帰宅したら、玄関でコオロギが鳴いていた。オカメコオロギの仲間だというのはわかるが、似た種がたくさんあって、鳴き声だけでは区別ができない。
 しばらくすると、妻が「コオロギがいる」というので行ってみると、階段のところにオカメコオロギの仲間が居た。近付くと飛んで逃げる。「跳ぶ」のではなく「飛ぶ」である。
 オカメコオロギの仲間であることは確かなので、玄関で鳴いていた個体なのだろうと思う。
 秋の虫が増えてきた。
20130822_blog01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

ナガコガネグモ(2013年8月21日)

 職場の自転車置場にはずいぶん前からナガコガネグモが網を構えている。近くに電灯があり、そこに集まってくる虫も多いから、餌条件がかなり良いのではないかと思われる。まだ夏も暑い盛りだが、すでに卵嚢がいくつも見つかった。子グモがここから出てくるのは、たぶん来年の春のことである。
20130821_blog01
20130821_blog02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

アオマツムシ初鳴き(2013年8月20日)

 体調が悪く頭の回転も悪いなかで頭を使う作業をして今日は頭が大変疲れた。職場から自宅まで原付で25分ぐらいだが、その間では頭をクールダウンさせることができず、帰宅してからしばらく暗くて静かな場所で横になることにした。するとそのとき、外からアオマツムシの鳴き声が聞こえてきた。時計を見たら19:12だった。
 横になっている間にもアオマツムシの鳴き声が断続的に聞こえてきた。同時に複数の鳴き声は聞こえてこなかったので、鳴いていたのはまだ1頭だけなのだろうと思う。過去のブログへの書き込みを調べたら、例年はもう少し早くから鳴き声が聞こえてきたことになっているので、今年は例年よりやや遅いのかも知れない。
 アオマツムシも集団になると鳴き声が騒々しく感じられるが、たった1頭のアオマツムシの鳴き声は耳に心地よく響く。しばらく横になってアオマツムシの鳴き声を聞いているうちに頭もクールダウンしてきて食欲も出てきた。ということで、家族に遅れて一人で夕食をとった。せっかく家族5人揃っているのに、申し訳なく思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

稲刈りが始まっていた(2012年8月19日)

 土日が開けて職場に出勤する途中、かなりの田圃の稲刈りが済んでいた。この土日のうちに稲刈りが始まっていたということだ。ほぼ例年並か?
 職場の帰り道、さらに稲刈りが済んだ田圃が増えていた。まだ穂が緑色の田圃もあるが、かなりの田圃が今度の土日ぐらいまでの間で稲刈りを済ませるのだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

ツクツクボウシ初鳴き@小丹神社(2013年8月10日)

 このところ一か月あまり、早朝覚醒の傾向が強くて悩んでいる。無駄に早く目が覚めてしまって、そのあと眠れないのだ。夜中にも何度も目が覚めることがあり、睡眠が足りていない可能性が高い。仕方がないので、と言うか、それを逆手に取ってセミが鳴き始める時刻を記録している。そこそこデータが取れているので、どこかにまとめて発表したいものだ。
 今日は津市で38.3℃の最高気温を記録した。この夏の最高である。ここ数年のうちでも、最高ではないかと思う。気温は高かったが、湿度が比較的低かったので、思ったほど暑さは感じなかった。昼間は窓を開け放って冷房なしで過ごしたが、汗はかいたものの、気分は悪くなかった。
 日が傾いてから妻と一緒に近所の小丹神社まで散歩に出かけた。神社に着くとアブラゼミがたくさん鳴いていた。ボク「ここってヒグラシいたっけ?」、妻「いたはず」、なんて会話をしていたらやがてヒグラシが鳴き始めた。17:30ぐらいのことである。ほぼ同時にツクツクボウシの鳴き声も聞こえた。
 ツクツクボウシの鳴き声は1回聞こえただけだったが、ヒグラシは何度も鳴いた。
 この夏、この界隈でツクツクボウシの鳴き声を聞いたという話は複数の人から聞いたが、自分で鳴き声を聞いたのは今日が初めてである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »