« 今夕のクヌギ(2013年7月11日) | トップページ | アブラゼミ初鳴き(2013年7月16日) »

2013年7月14日 (日)

森上信夫著『虫の呼び名辞典』

森上信夫著『散歩で見つける 虫の呼び名辞典』
2013年7月15日発行
世界文化社
ISBN978-4-418-13422-9 C0045
1,500円+税

Moriue_2013
Moriue_2013_sg

出版社サイトは>>こちら<<

目次
春の虫
 モンシロチョウ、ギフチョウ、ほか
夏の虫
 アゲハ、ツマグロヒョウモン、ほか
秋の虫
 キタテハ、モンキチョウ、ほか
コラム
 ナミテントウの斑紋図鑑
 虫たちのカムフラージュ
 身近な夏のセミ
 身近なチョウの幼虫
 カマキリの卵のう

 著者の森上信夫さんから新刊を贈っていただいたので紹介したい。
昆虫写真家である森上さんの「虫の呼び名辞典」というのは、少々意外な感じがした。さいしょパラパラと見た時の印象も、なんとなく意図がわからない感じがした。しかし、あらためて最初から読み直してみたら、面白い着想だということが理解できた。
 虫には名前が付けられている。普通の人が使っているのは「和名」である。和名には、その虫の形態が表されていたり、生き様が表されたりしていることが多いが、中には意味がよくわからないものがある。ボク自身の頭の中では虫の名前はほとんど記号化していて、その意味を深く考えることは無くなってしまっている。
 この本は、身近な虫の名前について、その名前の意味するところを解説している。なかにはよく分からないものもあるが、それは森上さんの解釈の説明がある。これを読んでみると、自分の名前の解釈には色々な思い込みがあることもわかった。ようするに、自分は名前のことを深く考えていなかったということである。
 名前の本だけなら、写真家である森上さんが書くのに違和感を感じるわけだが、それぞれの種のすばらしい写真が添えられている(というか、写真が主役なわけだが)ので、名前が意味するところが理解しやすい。写真だけでも中途半端になっていただろうが、文章と写真が結びついて、完成度の高いものになっている。
 それはともかく、虫の名前の由来を知ることによって、虫への理解がより深まると思われるので、自然観察する人には、本書はお勧めだと言える。しかし、身近な虫でありながらゴキブリが掲載されていないのは、何からの意図があってのことか?

|

« 今夕のクヌギ(2013年7月11日) | トップページ | アブラゼミ初鳴き(2013年7月16日) »

コメント

昆虫学とは別の次元のテーマなのでしょうが、虫の名前の由来というのも気になることがありますね。以前昆虫フォーラムで「ミイデラゴミムシ」の由来について色んな推理が展開された事を思い出しました(ピンガ大王が「三井寺の『放屁合戦』に由来するのではないか」と指摘)。
Ohrwurmさんのハンドルネームに関わりのあるハサミムシについて《英語ではこれをearwig、ドイツ語ではohrwurmと言い、ともに「耳の虫」の意であるが、これは、欧米ではこの虫が眠っている人間の耳に潜り込み中に食い入る、との伝承があるためである》(Wikipedia情報)との由来を知った時も「へえ!」と驚きました。

投稿: 星谷 仁 | 2013年7月14日 (日) 22時42分

星谷さん、こんにちは。ご無沙汰しております。
虫の呼び名というのは、科学としての昆虫学の範疇には入らないでしょうけど、誰が研究すべきか、と言えば、やはり虫屋がやらなきゃいけないでしょうね。
本書にはミイデラゴミムシのことも書かれています。やはり無視するわけにはいかない虫でしょう。
普段ボクの頭の中では、虫の名前は「記号」となってしまっていて、深く考えることもほとんどありませんが、あらためて考えてみると面白いものです。「モンシロチョウ」という名前も、「科学的」にとらえるならば「クロモンシロチョウ」の方が適切だと思いますが、「モンシロチョウ」の名前は深く根付いてしまっていますし。

投稿: Ohrwurm | 2013年7月15日 (月) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/57787341

この記事へのトラックバック一覧です: 森上信夫著『虫の呼び名辞典』:

« 今夕のクヌギ(2013年7月11日) | トップページ | アブラゼミ初鳴き(2013年7月16日) »