« イネの出穂・ヒグラシ初鳴き(2013年7月22日) | トップページ | 早朝のクマゼミ@自宅付近・クツワムシ@職場(2013年7月30日) »

2013年7月28日 (日)

ヒグラシなど@自宅・青山高原(2013年7月28日)

 夢うつつのなかでヒグラシが鳴いていると思っていたが、目が覚めたら実際にヒグラシが鳴いていた。時計を見たら4:44だった。この夏、初めて自宅でヒグラシの鳴き声を聞いた。
 目が覚めてしまったが、まだ早いのでもう一度寝ようと思ったのだが、動悸が始まって寝られなくなってしまった。仕方がないので起きた。
 やがてクマゼミが鳴き始めた。時計を見たら5:38だった。クマゼミが鳴き始める時刻を記録できるときは記録していたのだが、もっとも早く鳴き始めた日と比べると、30分近く遅い。もう鳴き始めの時刻が記録を更新することはないように思える。

 気分転換になるだろうと思って、午後から青山高原に出かけた。久しぶりの(ボクにとっての)長距離の運転である。閉鎖されたレストハウスがあるところまで約1時間。ちょっと坂を上るだけで息が切れるのだが、三角点のところまで行った。
 チョウはキアゲハとジャノメチョウがよく目についた。しかし、少々風が吹いていたこともあり、写真を撮らせてもらえなかった。キマワリが地面を歩いているのも目についた。多少曇っていたとは言え、まだ昼間であるにもかかわらずヒグラシが鳴き始めた。けっこうな個体数で、あちこちから鳴き声が聞こえてきた。夕方はものすごい合唱になるのではないかと思う。

 夕方まだ早いうちに帰宅した。するとクマゼミの鳴き声に混じってヒグラシの鳴き声が聞こえてきた。時計を見たら16:41だった。単発的に2回ほど鳴き声が聞こえた。おそらく今朝聞いた泣き声の主と同じなのだろうと思う。それにしても、夕方になってもそこそこのクマゼミの合唱が聞こえるので、今年は相当クマゼミの個体数が多いのではないかと思われる。そう思って隣の団地の公園のケヤキの木を見たら、クマゼミが鈴なり状態だった。アブラゼミはほんのわずかだけ。クマゼミが多いのも確かだろうが、アブラゼミが少ない。しばらくしてクマゼミも鳴き止んだらニイニイゼミとアブラゼミの鳴き声を確認できた。ニイニイゼミも少し少ないかも知れない。

|

« イネの出穂・ヒグラシ初鳴き(2013年7月22日) | トップページ | 早朝のクマゼミ@自宅付近・クツワムシ@職場(2013年7月30日) »

コメント

青山高原はエゾと名の付くセミは生息していませんね!他の虫もそうなんですが生息していてよいような種が分布しない不思議な山系だと思っています。


私もアブラは少ない印象です。

平地ではクマ、山間から低地まで植林が続く所ではヒグラシも増えている印象です。


そう言えば今日自宅庭にツクツクが来て鳴いておりました。

まだまだ暑さが続きますので無理なさらずお過ごしください。

投稿: シロヘリ | 2013年8月 3日 (土) 18時06分

シロヘリさん、コメントありがとうございます。

青山高原のことはまだよくわかりませんが、不思議なことがいろいろあるわけですね。

ボクはまだツクツクボウシの鳴き声は聞いていませんが、職場で鳴いたという話は聞きました。

体調は相変わらず良くなく、食も細くなっている感じで、体重も減少傾向なのですが、今日の夕飯は無理矢理ちょっと多めに詰め込みました。

投稿: Ohrwurm | 2013年8月 3日 (土) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/57881808

この記事へのトラックバック一覧です: ヒグラシなど@自宅・青山高原(2013年7月28日):

« イネの出穂・ヒグラシ初鳴き(2013年7月22日) | トップページ | 早朝のクマゼミ@自宅付近・クツワムシ@職場(2013年7月30日) »