« カトカラ登場(2013年6月16日) | トップページ | 家族の要望に応えて(2013年6月22日) »

2013年6月18日 (火)

今晩のガ(2013年6月18日)

 明日から天気が崩れそうなので、今日もまた「いつものクヌギ」に出かけた。体調はまだ良くないが、バイクが横付けできるポイントなので、それほど気にならない。
 今日はフクラスズメが来ていた。いわゆる「普通種」であるが、大きいので見応えはある。
 観察していると少し離れた場所に車が止まったかと思ったら、そこから人が近付いてきた。
男「何かいますか?」
ボク「まあいろいろ」
ボク「何を探しに来たんですか?」
男「カブトとかクワガタとか。子供に採っていってやろうかと思って。」
 いやぁ、それ違うんじゃないの?と心の中で突っ込んだ。こんな危険の無い場所なら、子供を連れて来たら良いじゃないの?虫だけ子供に見せても、自分が採ってきたやつなのか、どこかで買ってきたやつなのか、わからないじゃないの!?!?やっぱり、虫が樹液に来ているところを見せた方が子供も喜ぶはずだよね。
 というわけで、自分は子供とは全く関係なく、自分の好奇心だけから虫を見に来ているわけである。

20130618_blog01フクラスズメ
ちょっと変わった角度から撮影してみた。

20130618_blog02コガタキシタバ
現地に到着したときにはまだいなかったが、男が立ち去った後に飛来した。普通種ではあるが、Catocalaを見るとやはり嬉しい。

|

« カトカラ登場(2013年6月16日) | トップページ | 家族の要望に応えて(2013年6月22日) »

コメント

「子供を連れてきたらいいじゃん!」と僕も思いました。お目当ての虫が、どんなところにいるのか・いないのか……。現場へ赴いてみつけたときの感動も重要な醍醐味ですよね。

甥っ子が小さかったとき、売られていたアメリカザリガニやカブト・クワガタを見て欲しがったことがあって、こういうものは実際に生息している場所に採りにいくべし!──とあちこち連れて行ったことがありました。やっぱり「購入」では味わえない醍醐味を堪能できたようです。

投稿: 星谷 仁 | 2013年6月19日 (水) 01時18分

星谷さん、こんにちは。
やっぱりそうですよね。そして、たまには痛い目にあうのも良し。

投稿: Ohrwurm | 2013年6月19日 (水) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/57619559

この記事へのトラックバック一覧です: 今晩のガ(2013年6月18日):

« カトカラ登場(2013年6月16日) | トップページ | 家族の要望に応えて(2013年6月22日) »