« 春の蛾(2013年2月6日) | トップページ | 三重昆虫談話会2013年総会兼日本鱗翅学会東海支部例会(2013年3月3日) »

2013年2月13日 (水)

ミツボシキリガ(2013年2月13日)

 今日も恒例の野外調査だった。ときどき雪が舞っていたが、風が止んで陽が射せば、それなりに暖かかった。
 今日の調査のときにもトラップにかかっていたが、この冬はミツボシキリガが多い。理由はわからない。
 白い斑紋は、ミッキーマウスの顔のようにも見える。
20130213blog1


|

« 春の蛾(2013年2月6日) | トップページ | 三重昆虫談話会2013年総会兼日本鱗翅学会東海支部例会(2013年3月3日) »

コメント

ミツボシキリガは平地のキリガで、幼虫はエノキ食いです。山地にはいないかな?

投稿: ヘテロ | 2013年2月24日 (日) 23時37分

ヘテロさん、どうもです。
 山の中では調査していないのでわかりませんが、平地性ですか。エノキなら、まあ何処にもありますね。この冬は例年と比べるとかなり多いのですが、何か心当たりはありませんか?

投稿: Ohrwurm | 2013年2月25日 (月) 06時47分

今冬の気象変動の事はよく判りませんが、ミツボシキリガは、昔、津市偕楽公園でも採れました。おそらくゴマダラチョウのいるような環境なら、一緒にいると思います。ヨモギキリガも平地性ですから、山地にはいませんね。

投稿: ヘテロ | 2013年2月25日 (月) 18時28分

偕楽公園は今でもいろいろいる感じがしますね。Catocalaも何種類がいますし。
ヨモギキリガはこれから3月終わりぐらいにかけて増えてきますね。

投稿: Ohrwurm | 2013年2月26日 (火) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/56760313

この記事へのトラックバック一覧です: ミツボシキリガ(2013年2月13日):

« 春の蛾(2013年2月6日) | トップページ | 三重昆虫談話会2013年総会兼日本鱗翅学会東海支部例会(2013年3月3日) »