« さらにその後のヒガンバナ(2012年11月7日) | トップページ | またまたヒガンバナ(2012年11月14日) »

2012年11月10日 (土)

谷本雄治著『週末ナチュラリストのすすめ』

谷本雄治著『週末ナチュラリストのすすめ』

岩波科学ライブラリー 193
ISBN978-4-00-029593-2
1,500円+税
2012年5月25日発行
118 pp.

目次
まえがき
第1章 見る
 生きている博物館/木の幹じろじろ宝探し/出会い頭にライオン級!/一点豪華もまた楽し/たまにはナイトウォーキング
 コラム1 お役立ちグッズ
第2章 拾う
 みすゞコレクション/古着の探偵団/死んでいたってボロだって/空クジなしの海岸歩き/手わざ磨いてプレゼント
 コラム2 ものぐさ流整理法
第3章 撮る
 ものぐさ御用達カメラ/目は口以上にものを言う/玄関立ちんぼ撮影術/ホントの顔はどこにある?/整理だけはいくらかマジメに
 コラム3 スキャニング図鑑
第4章 飼う
 米とるだけが田んぼじゃない/スネーク・ゼリーの魔力/いつのまにか生態園/ペットボトルの飼育術/シルクロードに思いをはせて
 コラム4 万能飼育フーズ
第5章 知る
 アリストテレスが提灯ぶら下げた?/山海名物博覧会/コオロギが国を滅ぼす/天から降ってきたオカリナ/本のこてしらべ
 コラム5 「自由研究」の研究

 著者の「谷本雄治」という名前を見て、「えっ!あの人なのか?」と思った。
 ボクはこれまでに3回ほど「谷本雄治」さんからボクの研究に関して取材を受けている。その「谷本雄治」さんは日本農業新聞の記者(現在は論説委員)である。今まで何人かから取材を受けたことがあるのだが、「谷本雄治」さんほどセンスが良い質問をしてくる人は他にない。生き物のことをよく知っているのである。
 本書の著者紹介のところを見ても、職業については書かれていない。「自称、プチ生物研究家」とあるだけである。しかし、本書の著者の「谷本雄治」さんは、日本農業新聞の「谷本雄治」さんであることは、ほぼ間違いないと思った。
 本書には、身近な生き物とつきあい、それを楽しむことがが誰にでもできることが書かれている。自然観察というと、深山幽谷にでかけなければできないように感じる人も多いかもしれないが、本書を読めば、そんなに遠くに出かけなくても、都会においても普段の生活圏の中で、自然観察を楽しむことができることがわかる。自然観察など難しいと考えずに、とにかく楽しんでしまおう、と本書は誘っているようである。
 これまで自然観察などしたこともない、という人には特にオススメ。

|

« さらにその後のヒガンバナ(2012年11月7日) | トップページ | またまたヒガンバナ(2012年11月14日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/56083086

この記事へのトラックバック一覧です: 谷本雄治著『週末ナチュラリストのすすめ』 :

« さらにその後のヒガンバナ(2012年11月7日) | トップページ | またまたヒガンバナ(2012年11月14日) »