« サザンカとオオクロナガオサムシ(2012年10月29日) | トップページ | さらにその後のヒガンバナ(2012年11月7日) »

2012年10月31日 (水)

さらにその後のヒガンバナ(2012年10月31日)

 今日は恒例の野外調査であった。やや風があったが、すっきり晴れて気持ちの良い日になった。
 10月10日のブログの記事に書いたヒガンバナのその後だが、新しい葉が出てきた。まだ回りのカラムシの葉に隠れていてわかりにくいのだが、細長い葉がたくさん出てきている。
20121031blog01
 花茎はほとんど枯れてしまっていたが、1本だけ残っていて、さらにその子房の部分が1個だけ膨れていた。
20121031blog02 10月10日の時点ではたくさんの子房が残っていたが、やはり成長する子房はほとんどないということのようだ。

|

« サザンカとオオクロナガオサムシ(2012年10月29日) | トップページ | さらにその後のヒガンバナ(2012年11月7日) »

コメント

もう、彼岸はとっくに過ぎたけど、南のはじに暮らす私がWebに乗り遅れるのは許してちょうだい。ヒガンバナの話楽しく読みました。種子の出来ずらい三倍体だそうですが、
もともとは二倍体だったのかしら?
それがある時、三倍体が出来たものの栄養体繁殖ができるものだから今でも繁栄しているの?
ヒガンバナにとっては、現状は生存するのにあまり不便をきたさない。
三倍体になったことと、その後の栄養体繁殖は関係があるのかしら。
それと、もし、二倍体だったものが、三倍体になったのだとすると、二倍体の個体群はどうしたのかしら?
まだ、何処かに有るの?
それとも絶滅したの?
あるいは、私の考えがはじめっからトンチンカンなのかな?

投稿: modama | 2012年11月13日 (火) 12時28分

modamaさん、こんにちは。
 いろいろな物を読むと、ヒガンバナは中国では二倍体のものがあるらしいですが、日本に持ち込まれたのは三倍体である、というのが定説になっているようです。
 しかし、なんで種子ができない三倍体が日本であんなにも旺盛に繁殖しているのか、というのが簡単には理解できないわけです。それが気になって、実は種子で繁殖しているのではないか、と疑ってしまっているわけです。

投稿: Ohrwurm | 2012年11月14日 (水) 18時22分

中国に自生する二倍体と三倍体のヒガンバナでは、形態的にかなり違うのですか。
そして分布もはっきり分かれているのかな?
もしくは、混生したりしているのかな?

日本のヒガンバナでも種子ができて、発芽している例があるけど、それって何倍体なのかしら?
実生の個体の花が見てみたいですね。

投稿: modama | 2012年11月14日 (水) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/56012592

この記事へのトラックバック一覧です: さらにその後のヒガンバナ(2012年10月31日):

« サザンカとオオクロナガオサムシ(2012年10月29日) | トップページ | さらにその後のヒガンバナ(2012年11月7日) »