« 高桑正敏(2012)『日本の昆虫における外来種問題(3)外来種と偶産種をめぐって』 | トップページ | さらにその後のヒガンバナ(2012年10月31日) »

2012年10月29日 (月)

サザンカとオオクロナガオサムシ(2012年10月29日)

 童謡「たき火」の歌詞が頭の中にあると、サザンカの開花時期は木枯らしが吹きすさぶような季節のように錯覚してしまうが、職場の庭のサザンカはもう既に落花が始まっている。毎年の事ながら、サザンカの開花時期はよくわからない。おそらく花季は長いので、まだこれからしばらくも花を見ることができるのであろうが。
20121029blog01
 地面の方を見れば、10月に入ったあたりからオオクロナガオサムシがよく見られるようになっている。夏の間に見られたヤコンオサムシはもう見ることができない。これは今朝トラップに入っていたオオクロナガオサムシの雌雄。左が雄で右が雌。
20121029blog02

|

« 高桑正敏(2012)『日本の昆虫における外来種問題(3)外来種と偶産種をめぐって』 | トップページ | さらにその後のヒガンバナ(2012年10月31日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/55997343

この記事へのトラックバック一覧です: サザンカとオオクロナガオサムシ(2012年10月29日):

« 高桑正敏(2012)『日本の昆虫における外来種問題(3)外来種と偶産種をめぐって』 | トップページ | さらにその後のヒガンバナ(2012年10月31日) »