« 伊勢街道を歩く【松阪→伊勢神宮(内宮)】(2012年10月6日) | トップページ | 栗(2012年10月13日) »

2012年10月10日 (水)

その後のヒガンバナ(2012年10月10日)

 9月25日のブログでヒガンバナのことを書いたが、その後の話である。9月25日のブログに載せた写真のヒガンバナは、今日はこんな状態になっていた。明らかに子房の部分が膨れている。種子ができるのではないかと思うので、今後も継続して観察したい。
20121010blog01

|

« 伊勢街道を歩く【松阪→伊勢神宮(内宮)】(2012年10月6日) | トップページ | 栗(2012年10月13日) »

コメント

ヒガンバナですが、写真の状態で中に種子があると思います。(私も切って確認しました)
問題はその種子が発芽するかどうかのようです。
植物の専門家に聞いたら
〝発芽しないとされているが、確認はされてないらしい。突然とんでもないところに出てくるので、種子繁殖しないということを疑っている人が多い〟
ということでした。
たしかに発芽しないことを確認するというのはたいへんですよね。

科学者の眼で解明していただけることを期待しています。

投稿: sizenkansatu | 2012年10月13日 (土) 07時09分

sizenkansatusさん、コメントありがとうございます。
 まだ中身を確認していますが、いかにもこれから種子ができそうに思えます。確かに、種子ができても、発芽するかどうかが問題ですね。植物の種子を発芽させるのには、経験と技が必要のように思われますので、自信はありませんが、試してみたいと思います。

投稿: Ohrwurm | 2012年10月13日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/55861572

この記事へのトラックバック一覧です: その後のヒガンバナ(2012年10月10日):

« 伊勢街道を歩く【松阪→伊勢神宮(内宮)】(2012年10月6日) | トップページ | 栗(2012年10月13日) »