« 豊後紀行2日目(2012年9月27日) | トップページ | 今日のセミ(2012年10月1日) »

2012年9月30日 (日)

豊後紀行3日目(2012年9月28日)

 朝起きてすぐ温泉に浸かった。昨日の夕方に入った時には濁っていなかった温泉は、朝には白く濁っていた。昨日聞いた説明の通りであったが、どういう理屈であろうか?
20120928blog01 久住高原荘の朝食。これにご飯、味噌汁、納豆、野菜サラダ、漬物がついた。コーヒーが無いのが不満。コーヒーはロビーで1杯200円で売られていたので、それを買って飲め、ということらしい。しかし、朝食はコーヒーが無かったことを除けば、質、量ともに不満なし。
 朝食をとったあと、南の方角を眺めると、阿蘇の外輪山の山々がよく見えた。
20120928blog02 8時半前に出発し、ピーマンとトマトの生産現場を視察し、「道の駅すごう」で昼食休憩。
20120928blog03 ここには「丸福食堂」が入っており、そこで昼食をとった。
20120928blog04 「とり天」と「からあげ」が名物らしい。「とり天定食」を注文。600円なり。「とり天」の数が多いのもあり、数によって値段も違う。
20120928blog05 とりたてて美味いというほどでもなく、普通に美味しかった。
 ここからバスに揺られて午後2時頃に大分駅で解散。当初の予定より30分ぐらい早かったので、予定していた特急の1本前の特急に乗ることができた。
20120928blog06
20120928blog07 今度は「白いソニック」である。885系。
 行きに乗った883系よりも新しく、内装も奇麗であった。さらに気付いたのは、883系よりもスピードが出ている感じがすることであった。カーブでもあまりスピードが落ちていなかった気がする。あとから調べてみたら、885系は振り子式の電車であるということで納得した。眠気に襲われ、少しうたた寝をした。
 小倉で新幹線に乗り換えて新大阪へ。自由席はかなり席が埋まっており、広島駅で座れない客が出てきた。新幹線の中では持ち歩いていた某査読原稿を眺めて赤を入れていた。新幹線はあまり揺れないので、こういう仕事もできる。
 新大阪で降りて駅の構内で夕食をとろうと思っていたところ、新幹線駅構内にたこ焼き屋を見つけたので、そこで「明石焼き」を食べた。明石焼きは初経験である。美味しかったが量が少なかった。
20120928blog08 夕食後、東海道線と大阪環状線を乗り継いで鶴橋の駅に着いて近鉄ホームに行ったら、ちょうど松阪行きの快速急行が来たので、それに乗り込んだ。座れなかったが滅茶苦茶混雑しているわけでもなく、最初の停車駅の五位堂で座ることができた。伊勢中川で白塚行きの普通列車に乗り換えて21時ちょっと過ぎに無事帰宅。
 行く前はあまり気乗りのしない出張であったが、結果的には高原の空気にも触れることができたし、温泉にも入ることができたので、悪くない出張であった。

|

« 豊後紀行2日目(2012年9月27日) | トップページ | 今日のセミ(2012年10月1日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/55780313

この記事へのトラックバック一覧です: 豊後紀行3日目(2012年9月28日):

« 豊後紀行2日目(2012年9月27日) | トップページ | 今日のセミ(2012年10月1日) »