« アブラゼミがハラビロカマキリに食われた(2012年8月25日) | トップページ | ヒグラシがまだ鳴いていた(2012年8月30日) »

2012年8月28日 (火)

セミの現況など(2012年8月28日)

 8月も末になり、鳴き声が聞こえるセミの種類相が変わってきた。
 ニイニイゼミは少なくなったものの、まだ元気に鳴いている。クマゼミもかなり少なくなった。これらと比べるとアブラゼミが相対的に多くなったように思える。今年はアブラゼミの発生の始まりが遅く、個体数もかなり少ないかと思ったが、発生のピークも遅かったように感じられ、個体数も例年と比べてやや少ない程度だったかも知れない。ヒグラシは昨日から鳴き声が聞こえない。発生の始まりはニイニイゼミよりは遅かったと思うが、ヒグラシの方が先に姿を消してしまったようだ。ツクツクボウシは、まさに発生のピークという感じである。
 夜に鳴く虫も増えてきて、昨日ぐらいからアオマツムシの鳴き声が目立つようになり、今日は今年初めてのマツムシの鳴き声を聞いた。もっとも、夜はあまり出歩いていないので、マツムシももっと前から鳴いていたと思われる。

|

« アブラゼミがハラビロカマキリに食われた(2012年8月25日) | トップページ | ヒグラシがまだ鳴いていた(2012年8月30日) »

コメント

アブラは私も同様の印象です。
愛知でもアブラは少ないと聞いています。

投稿: シロヘリ | 2012年8月30日 (木) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/55528697

この記事へのトラックバック一覧です: セミの現況など(2012年8月28日):

« アブラゼミがハラビロカマキリに食われた(2012年8月25日) | トップページ | ヒグラシがまだ鳴いていた(2012年8月30日) »