« ツヅレサセコオロギ初鳴き(2012年8月19日) | トップページ | モンクロシャチホコ(2012年8月20日) »

2012年8月20日 (月)

ヒグラシとセミヤドリガ(2012年8月20日)

20120820blog01 ヒグラシの発生の初期の頃は、発生地の薄暗い林の中でしか見ることができないが、夏も盛りになるから、いつも調査している職場の庭でも姿を見かけるようになる。密度の高い場所から分散して来るのか、それともこの場所で少ないながら連続的に発生しているのかはよくわからない。いずれにせよ、ヒグラシは薄暗い場所を好むようで、日当りの良い場所で見かけることはほとんどない。
 今日も庭で調査をしていると、何頭かのヒグラシを目にした。そのうち半数ぐらいには、腹部に真っ白い綿のようなセミヤドリガの幼虫を付けていた。セミヤドリガの幼虫を目にするようになるのは、夏の盛りを過ぎようとする頃である。今日は、1頭のヒグラシに3頭のセミヤドリガの幼虫を付けているものも見た。残念ながら、その個体の写真は撮ることができなかった。

|

« ツヅレサセコオロギ初鳴き(2012年8月19日) | トップページ | モンクロシャチホコ(2012年8月20日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/55467793

この記事へのトラックバック一覧です: ヒグラシとセミヤドリガ(2012年8月20日):

« ツヅレサセコオロギ初鳴き(2012年8月19日) | トップページ | モンクロシャチホコ(2012年8月20日) »