« 今年も電波で狐狩り 中電津ハムクラブ主催 第28回FOXハンティング(2012年5月3日) | トップページ | ヒメジュウジナガカメムシの交尾が始まる(2012年5月10日) »

2012年5月 5日 (土)

不本意ながら蜂の駆除(2012年5月5日)

 2階のベランダの陽の当たる場所で本を読んでいた。すると、足下にアシナガバチが飛んで来たのに気が付いた。その場所をよく見てみると、案の定アシナガバチの巣と女王蜂が1頭いた。巣ができていたのは、こんな場所である。
20120505blog01 巣房の数はまだそれほど多くなく、幼虫は見当たらず、卵が見つかるだけだった。
20120505blog02 アシナガバチはそれほど凶暴ではないが、一応注意してもらおうと思って家人に知らせたところ、「すぐに処分してください」と言われ、反論の余地はなかった。そこに巣があることを意識していれば、まず刺されることはないと思うのだが、そうは思ってくれなかった。仕方がないので、不本意ながら女王蜂を処分した。

|

« 今年も電波で狐狩り 中電津ハムクラブ主催 第28回FOXハンティング(2012年5月3日) | トップページ | ヒメジュウジナガカメムシの交尾が始まる(2012年5月10日) »

コメント

巣を除去という選択はなかった?

投稿: Zikade | 2012年5月 5日 (土) 23時41分

我が家では、ハチの巣は採ってはいけないと言う不文律があります。蜂が巣を作るのは安心できる場所だからというのが理由です。でもキイロスズメバチの女王蜂が営巣し始めた時は流石に退治しました。場所がベランダの物干し場でしたので、なんぼなんでもこれは危険であかんやろという事で。私は30年近く前に一度キイロスズメバチにさされていますので、また刺されたらアナフラキーショックであの世行きかも。退治した蜂は標本になっています。

投稿: Harpalini | 2012年5月 6日 (日) 06時49分

5日前ヒメウツギの花を生花にしようと、混み合った花や葉の間にハサミを入れて1枝切りました。
ところが切った小枝にハチの巣がついていてびっくり! 21室卵18個。最近ひんぱんにアシナガバチを見ていましたが、このときは不在でした。
巣はまだ机の上に置いていますが孵化するのでしょうか?
庭では毎年もっと大きな巣が2〜3個できます。
毛虫の天敵なのでそっとしておこうかと思うのですが、私だけでなく従業員も刺されたのでやはり見つかると退治せざるを得ません。

投稿: 夕菅 | 2012年5月 6日 (日) 10時53分

Zikade さん

そうなんです。
私としては巣の除去がいいのでは、と思っているのですが、彼にその選択肢はないようです。
巣が残っているとまたそこにハチが飛んできそうに思うのですが、そういうことはないのでしょうかね。

また巣を見るだけであまり気持ちの良いものでは無いのですが、幸いかなり無理な姿勢を取らないと見えない場所なのでまぁ、我慢することにいたします。

虫の件に関しては一般人とかなり感覚が違っていて、人知れぬ苦労があります^^:

投稿: ohrwurmの(一応)妻 | 2012年5月 6日 (日) 16時07分

>奥様へ

御無沙汰しております。お怪我は大丈夫でしょうか?

さて、巣の再利用はありえないと思います。

御主人は、巣を除去しても同じ場所に再度巣を作る可能性があると思われたのではないかと想像しますが、御本人の見解を伺いたいものです。w

投稿: Zikade | 2012年5月 6日 (日) 20時45分

みなさん、コメントありがとうございます。
 Zikadeさん、「駆除する」という目的のために一番かんたんですぐに頭に浮かんがのが「女王蜂を除去する」ことだと思ったので、そのようにしました。生態学的な実験としては「巣を除去したら再び同じ個体または他の個体が営巣するか?」を調べるのも面白いと思いますが、こうなると家人が求める「蜂のいない家」という目標を達成できなくなる可能性もあるので、頭に浮かびませんでした。それに、蜂を殺さずに巣だけを除去するのは蜂に刺される危険もありますし。
 それは別として、営巣した場所が場所だったので(あまり良い場所だとは思えなかったので)、巣は大きくならず、やがて崩壊するのではないかと予想していましたので、それを確かめたかったという気持ちはあります。

投稿: Ohrwurm | 2012年5月 6日 (日) 21時09分

蜂にはめっぽう弱く、ハブには少し強いモダマです。女王蜂一人のときは攻撃性はあまりないでしょうが、そのままにしておいて数が増えると危険ですね。以前、簡易水道の修理に出かけ、えらい目にあいました。犬のジンが先頭を歩いていたのですが、尻尾を下げて戻って来たその後、数十匹のアシナガバチに攻撃さました。その時、運悪く黒いTシャツを着ており、集中攻撃です。Tシャツを脱いで、振り回してから放り投げましたが、膝を故障していたためその場から逃げることができず、頭三ヶ所、体七ヶ所指されました。こうなると何処が痛いというより、体全体が死ぬほど痛かったです。ジンは先に家に帰って何食わぬ顔です。

投稿: modama | 2012年5月10日 (木) 20時46分

モダマさん、こんばんは。
 アシナガバチの集中攻撃はたまりませんね。蜂の巣が大きくなって、働き蜂がたくさん出ていたら、簡単に手を出せないところでしたが、まだ女王蜂1匹だけでしたので、対処は簡単でした。
 しかし、アシナガバチの集中攻撃よりもサキシマハブの一撃の方がダメージが大きいような気がしますが・・・・・

投稿: Ohrwurm | 2012年5月10日 (木) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/54637575

この記事へのトラックバック一覧です: 不本意ながら蜂の駆除(2012年5月5日):

« 今年も電波で狐狩り 中電津ハムクラブ主催 第28回FOXハンティング(2012年5月3日) | トップページ | ヒメジュウジナガカメムシの交尾が始まる(2012年5月10日) »