« 岩合光昭どうぶつ写真展@四日市市立博物館(2012年5月19日) | トップページ | 和歌山へ(2012年5月23日) »

2012年5月21日 (月)

金環日蝕(2012年5月21日)

 朝は曇りがちだったので心配だったが、金環日蝕が始まる少し前から雲が切れ、きれいに金環日蝕を見ることができた。金環日蝕の最中も、太陽は意外なほど明るく、「ちょっと陽射しが弱いかな?」という程度にしか感じられなかったことを実感できたのは大きな収穫だったと思う。太陽が復活し始めたら、また太陽は雲に隠れてしまった。部分日蝕の最後までは見ることができなかったが、金環日蝕の最初から最後まで見ることができたのは、運が良かったと思う。
20120521_eclipse640クリックすると拡大します


〔2012年5月21日夜追記〕
 思い返してみれば、金環日蝕を見たいと初めて思ったのは小学生の頃だったと思う。1987年9月23日に沖縄で金環日蝕がある、ということだった。オトナになったら沖縄に行って金環日蝕を見よう、と思っていたわけだが、結局そのときには岩手県盛岡市に住んでいて、沖縄に行くことはかなわず、岩手県で部分日蝕を見た。それから四半世紀近く経ってしまったわけだが、今日、自宅において金環日蝕を見ることができたのは、実に幸せなことだったと思う。
 今回は写真も撮ることができたわけだが、1987年当時には当然デジタルカメラなどはなく、フィルムのカメラで撮影せざるをえなかったわけだし、今回のように撮影用のフィルタが容易に入手できる状況でもなかったから、当時沖縄に行けたとしても、今回のようにうまく撮影できたわけではないと思う。

|

« 岩合光昭どうぶつ写真展@四日市市立博物館(2012年5月19日) | トップページ | 和歌山へ(2012年5月23日) »

コメント

綺麗ですね~

私のところでは、金環前の一瞬雲が切れただけだったので、この画像を見ると感動します。

神秘的ですね。美しいです♪ありがとうございました~

投稿: ぺこん | 2012年5月21日 (月) 08時29分

ぺこんさん、残念でしたね。
 こちらでも雲が多かったので、ちょっとした場所の違いで見ることができたりできなかったりしたようです。隣の鈴鹿市に住んでいる妻の友人はダメだったそうです。我が家の場所は、かなり運が良かったと思います。

投稿: Ohrwurm | 2012年5月21日 (月) 19時26分

赴任先の豊川では予報通り早朝厚い雲に覆われていましたが、ちょうど完全なリングになることから雲が切れて見ることが出来ました。通勤途中、チャリを止めては眺め止めては眺め、結局完全に戻るまで観察してしまいました。おかげで通勤時間が随分かかりましたがよかったです。次の日食にこの世にいるかどうか分かりませんから。

投稿: Harpalini | 2012年5月26日 (土) 11時14分

Halpaliniさん、今年の11月14日にオーストラリア・ケアンズに行けば皆既日蝕を見ることができますよ。もっとも、ほとんどのツアーが満席になっていてキャンセル待ちの状態のようですが。

投稿: Ohrwurm | 2012年5月27日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/54762104

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日蝕(2012年5月21日):

« 岩合光昭どうぶつ写真展@四日市市立博物館(2012年5月19日) | トップページ | 和歌山へ(2012年5月23日) »