« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

第56回日本応用動物昆虫学会大会3日目(2012年3月29日)

 学会も今日が最終日である。
 6時40分頃ホテルの食堂に行くと、高校生と思われる集団がいたが、やがて学会参加者が何人か現れた。8時頃には出発。
 富雄駅からバスに乗って会場の近畿大学に着くと、T農業研究センターのSさんがいたので雑談が始まってしまった。そろそろ9:15だと思って会場に向かうと、今日は昨日と違って9:00開始だったので、既に講演が始まっていた。うっかりしていた。
 午前中の一般講演はあちこちの会場を回り、午後はカンキツグリーニング病関係の講演が続いている会場があったので、ずっとそこに居た。昼食後はポスター会場も少し見た。

今日の講演で印象に残ったものをいくつか。
・矢野修一・城塚可奈子「「動かざること」がミカンハダニの最大の防御になる」ミカンハダニの体に生えている毛によって「動かないこと」がカブリダニなどの捕食者の防御に役立っており、アゲハの幼虫に誤って食べられてしまうリスクがあっても「動かないこと」が最適戦略になっている。実験のために微小なミカンハダニの毛を抜く技術は人間業ではないと思う。
・西田隆義「生物群集にみられる強い履歴効果についての試論」生物群集における履歴効果について、繁殖干渉の強さが同じであれば常に個体数が多い方が勝ち、後から侵入した種は侵入できないが、繁殖干渉の強さの違いによって個体数が少ない種が個体数が多い種と置き換わる場合があり、それによって分布のパターンの履歴を知ることができる場合がある。面白いと思う考え方であるが、繁殖干渉における「強さ」が2種間で常に変わらないものなのかどうか疑問があると思った。
・工藤誠也・渡邉泉・東信行「生体内微量元素による外来種スグリコスカシバの発生地判別と移動分散評価」(ポスター)昆虫体内の微量元素の存在比率を調べることにより、発生地の判別や移動分散を知ることができる。生体をルビジウムでマーキングするのは古典的な手法であるが、今では各種の微量元素を比較的容易に定量することだできるようになったので、昆虫の生体内の様々な微量元素を定量することにより、いろいろな情報を得ることができるのは、一般に応用可能な方法であると思われるので有用だと感じられた。説明を聞いたあとでわかったが、工藤さんは有名なアマチュアの蝶屋さんの息子さんだった。

 夕方の小集会は「農薬の生態リスク評価の将来」に出席した。水稲における育苗箱施用剤であるイミダクロプリド(アドマイヤー)やフィプロニル(プリンス)について、各種生物に対する影響の違いから統計的な手法で生態的なリスクを評価する方法、水田土壌中における薬剤成分の動態、薬剤成分の連続施用による残留・蓄積性が水田の水生生物群集に与える影響、について話題提供された。水田は日本全国でそれほど栽培形態が違うわけではないので、ひとつの考え方が広く応用できそうで羨ましく思えた。野菜では品目が多いのでそういうわけにはいかない。

 そのあとは、たまたま同じ小集会に出た大学時代の同級生のK氏と一緒に富雄駅の近くで食事をして、一緒に電車に乗り、新大宮の駅で別れた。K氏は今日は京都に泊まるそうである。
 学会に出てくるまでは体調が悪かったが、今回の学会ではそれほど疲れることなく過ごせたような気がする。明日は帰るだけなので、ゆっくりできるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

第56回日本応用動物昆虫学会大会2日目(2012年3月28日)

 今朝は5時過ぎに目が覚めてしまった。早すぎる。7時前にホテルで朝食をとる。ホテルの食堂では学会の参加者に何人も会った。
20120328blog1 今日から会場は近畿大学農学部である。電車で4駅乗り、さらにバスに乗らなければいけない。それでも、ホテルから30分ちょっとで到着。
 今日から2日間は一般講演と小集会である。午前中は口頭発表。午後はポスター発表があり、そのあとに一般講演である。自分の講演は午後の一般講演の一番最後。
 昼休みはお弁当を食べながらの編集委員会であった。今年から編集委員を仰せつかっている。
 午後のポスター発表は3会場に分かれていたが、一番広かった学生会員のポスター発表の会場は人で一杯で身動きができないほどであった。
20120328blog2
 昼休み前、T県立博物館のYさんから呼び止められたので何かと思ったら、台湾のカメムシ研究者から送られてきた文献を預かっていたので、ボクに渡したいということであった。
20120328blog3 台湾のキンカメムシ科のモノグラフである。この文献を渡して欲しいという名前のリストに9人の日本の研究者の名前があがっており、自分がその一人であった。カメムシ研究者として認知されているということであるので、大変嬉しく思った。引用文献のリストには、ボクが日本半翅類学会の会誌"Rostria"に書いたナナホシキンカメムシの論文が引用されていた。

 さて、今日の講演で印象に残ったものをいくつか。
・山田量崇・安永智秀・市川俊英「クヌギの樹液滲出部で見つかったズイムシハナカメムシ属の未記載種」多くの人が目にしているだろうと思われる樹液滲出部からカメムシの未記載種が見つかるとは意表を突かれている。
・岡西宏之・石川忠・藤崎憲治「ヤニサシガメの雌成虫は腹部末端から松脂を吸い込む!?」ヤニサシガメの卵の孵化に不可欠なヤニ状の物質は松脂であり、ヤニサシガメの雌の腹部には松脂を溜め込む器官があり、腹部末端から松脂を吸い込んで溜め込んでいるとは驚きである。
・村井幸輝郎・沼田英治「複数種のセミの同時合唱から特定種の音量の推移を知る方法」(ポスター)セミの音声信号の特定の周波数成分を取り出すことにより、クマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミそれぞれの鳴き声の音量を知ることができるとのこと。これを利用すれば、セミの鳴き声の日周性を量としてとらえて知ることができる。かなり画期的な方法だと思われた。

 自分の講演は、去年の昆虫学会よりも遥かに聴衆が多かったので、とくに不満はない。話した内容はそれほど面白いものでもなかったが(自分としては不満がある)、参考になる意見もいただけたので、実りはあったと思う。

 夕方の小集会は「カンキツグリーニング病小集会2012〜侵入病害虫の防除と根絶、その理論と実践」に出席した。鹿児島県の喜界島におけるカンキツグリーニング病の根絶に成功するまでの過程について紹介された。また、それに至るまでの理論的な考察についても紹介された。さらに、病害虫の侵入を阻止するための数理統計的な考え方について紹介された。

 小集会が終わってバス乗り場まで行くとバスは満員で、ギリギリのところで次のバスにならずに済んだ。富雄駅周辺で手頃な飲食店を探したが見つからず、結局富雄駅から電車に乗って、大和西大寺駅の構内でお弁当を買ってホテルに戻ってから食べた。
20120328blog4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

第56回日本応用動物昆虫学会大会1日目(2012年3月27日)

 第56回日本応用動物昆虫学会大会に参加するため、昨日の夕方に津を出発して奈良に来ている。
20120327blog0 今日は1日目で、総会(奨励賞、学会賞の受賞講演を含む)、シンポジウム、懇親会があった。
 総会とシンポジウムは奈良県新公会堂で開催された。普段は能が演じられる場所である。
20120327blog1 座り心地は良く、良い会場だったと思う。外を見ると若草山も見えた。
20120327blog2
奨励賞
○大野 豪(沖縄県農業研究センター)
 南西諸島における農業害虫の根絶防除と総合管理に関する基礎研究
○世古 智一(近畿中国四国農業研究センター)
 遺伝的に飛翔能力を欠くナミテントウを活用したアブラムシ類防除技術の開発
学会賞
○守屋 成一(中央農業総合研究センター)
 クリタマバチの制御における天敵の導入とその検証
○岩淵 喜久男(東京農工大学)
 昆虫の組織培養ならびに培養環境を用いた寄生蜂杯子発生と血液細胞の分化増殖に関する一連の研究

 大野氏はさまざまなテーマの論文をたくさん書いているので奨励賞の受賞は極めて妥当なところだと思う。世古氏の飛翔能力を欠くナミテントウ(通称「飛ばテン」)は、地道に古典的な選抜育種を行って飛ばないテントウムシを作り出し、まもなく実用段階に入るところであり、いつか受賞して当然の研究であると思っていた。守屋氏の導入天敵の話は、天敵を導入することによる古典的な生物防除の成功例であるが、成功例の陰には地道なデータの積み重ねがあり、あらためてしっかりデータを取ることの重さを感じさせられた。岩淵氏は昔はフェロモンの研究をしていたが、今回の受賞研究は昆虫の培養細胞の話であり、ボクが岩淵氏の研究を全くフォローしていなかった。ボクにとって馴染みの無い話であって、内容も十分に理解できたわけではないが、優れた研究であると思われた。
 シンポジウムは「昆虫における嗅覚受容と情報処理」というテーマで3つの講演があった。面白そうな話ではあったが、普段は考えたことが無いような細かい話が多く、理解は不十分に終わってしまったように思う。
 夜は会場をホテルに移しての懇親会。明日からの会場である近畿大学農学部の「売り」である、養殖マグロが料理に出た。養殖クロマグロは普段食べる機会があるマグロより美味しかった。料理の質はそこそこ高かったと思うが、やはり途中で料理が無くなってしまい、量的に不満が残る懇親会であった。
 明日からは一般講演。自分の講演も明日の夕方にある。このブログにも印象に残った講演やポスターを紹介したいと考えている。懇親会では、このブログの読者の方から声をかけていただき、「学会のレポートをしているブログは他にあまりないので参考にさせてもらっています」と言っていただけたことも嬉しかったし、それを励みにしたいとも思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

モンシロチョウ初見・ヒサカキとミツバチ(2012年3月22日)

 今朝はそれなりに冷え込んだが、午前中から気温が上がり、暖かい日になった。お昼に職場からちょっと外に出たところにある菜の花畑に行ってみると、土手の背の低い草原からモンシロチョウが飛び出した。すぐに近くに止まったので、斑紋をみてみたら雌であった。残念ながら写真は撮れなかった。これが今年のモンシロチョウの初見であるが、雄ではなく雌だったのは意外であった。例年、もっと早くからモンシロチョウが見られるので、今年の春の訪れは、やはり遅れているのだと思う。
 Kさんから「ヒサカキの花にミツバチは来ていないか?」と訊かれていたので、庭のヒサカキのところに行ったら、そこそこの個体数のミツバチが来ていた。色が黒っぽく、節間の白線が目立つのでセイヨウミツバチではなくニホンミツバチではないかと思った。撮った写真を見てみても、翅脈はニホンミツバチのそれのように見える。
20120322blog1
 とは言え、菜の花畑の方がミツバチが多かったので、この時期の蜜源としては、やはり菜の花の方が重要ではないかと思われた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

木星と金星(2012年3月21日)

 今日は何日ぶりかの晴れた日になり、夕方の星も奇麗だった。3月13日に見たときには、木星と金星はほぼ同じ高さで近くに並んでいたが、一週間ちょっと過ぎただけで木星と金星の位置関係がずいぶん変わっているのに気づいた。木星はずっと低い位置になり、完全にとまではいかないが、金星を上にして金星と木星が縦に並ぶようになっていた。このまま木星の位置が低くなって行くと、やがて夕方の空には見ることができなくなってしまうはずだが、それはいつごろのことだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

ヒサカキ臭い始める(2012年3月19日)

 昨日までの雨は暖かい雨だった。今日は晴れたが、西風がやや強く寒い日になった。
 職場の庭に出たところ、ヒサカキが臭い始めているのに気付いた。小便臭いような臭いだが、この臭いを嗅ぐと春を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

木星と金星(2012年3月13日)

 今日の午前中は曇りがちで時折小雪も舞う天気だったが、夕方には奇麗に晴れ上がった。仕事を終えての帰り道、ふと右後ろの空を見ると、明るい星が2つ並んで輝いていた。以前から気がついてはいたが、今日は以前よりもずっと近くで並んでいるように思えた。右の明るい星が金星で左のやや暗い星が木星であることはすぐにわかった。今月初め頃には水星の東方最大離角があったらしいので、水星もまだ見えるのではないかと思ったのだが、水星を見ることはできなかった。
 星が奇麗に見えるということは空気が澄んでいるということである。ということは、まだ春の空ではなく冬の空ということになる。実際に今日は冬のように寒い日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

今年のボクの3.11(2012年3月11日)

 去年のブログにも書いたが、去年の3月11日は金曜日だったが代休で家に居た。家に居たが、風邪を引いて寝込んでいて、昼食のあとは布団に潜り込んで半分眠りながらラジオで国会中継を聴いていた。そんなときに緊急地震速報が入り、しばらくしたらユラユラと家が揺れた。国会中継をしていたラジオは地震のニュースに切り替わった。
 今年の3月11日であった昨日は日曜日であった。一週間ほど前に腹具合を悪くして、まだ完全に復活していないような状態で、頭痛があるなど体調が悪く、やはり昼食後は布団の中に潜り込んでいた。去年地震が起こった時刻には完全に熟睡していた。これでも黙祷したことになるであろうか?しかし、何かいつも「今日も体調が悪い」と言っているような状態で、本当に情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

京都へ(2012年3月10日)

 ボクの学位論文の主査をしていただいた藤崎憲治先生が定年退職されるので、その最終講義と祝賀会に出席するために京都に行った。地下鉄の蹴上駅から南禅寺を抜けて哲学の道を歩き、銀閣寺の門前を徘徊し、銀閣寺道の「ますたに」でラーメンを食べ、学生時代に住んでいたアパートを見てから最終講義の会場に向かった。最終講義のあとは、大学の構内を抜け、有名な「折田先生像」や日本最古の学生寮である「吉田寮」を見て祝賀会の会場の「楽友会館」に向かった。

20120310blog01地下鉄の蹴上駅

20120310blog02南禅寺

20120310blog03哲学の道

20120310blog04哲学の道沿いにはゲンジボタルやキマラダルリツバメがまだ棲息しているらしい

20120310blog05銀閣寺の門前

20120310blog06ラーメンの「ますたに」

20120310blog07「ますたに」のラーメン
スープまで完食

20120310blog08学生時代に住んでいた「西町アカセ荘」
かなり荒れていて、誰も住んでいない感じだった

20120310blog09今出川通の志賀越道の分岐にある子安観音

20120310blog10京大農学部の正門前

20120310blog11合格発表の掲示板
前の日が合格発表だったらしい

20120310blog12最終講義の案内
「師としてのカメムシ」

20120310blog13最終講義を終えた藤崎先生

20120310blog14今出川通に見つけた立て看板
ボクが学生時代に所属していた合唱団のものである

20120310blog15入学試験の時期になると京大吉田南キャンパスに出現する「折田先生像」
初めて実物を見た

20120310blog16京大吉田寮
映画「鴨川ホルモー」でもロケに使われた

20120310blog17京都大学楽友会館
祝賀会の会場である

20120310blog18花束を受け取った藤崎先生

20120310blog19藤崎先生の教え子たち

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

福山へ(2012年3月5日〜7日)

 今週の月曜日から2泊3日の福山への出張であった。研究会のようなものであったが、一般に公開されていたわけではないので、用務については一切省略。
 日曜日ぐらいから腹具合が悪く、体調不良のままの出発であった。体調が良ければ、在来線をより多く利用して新幹線の特急料金をより少なくしようと目論んでいたのだが、結局のところ無難に新大阪から新幹線に乗る事にした。乗ったのはN700系の「さくら」。まだ新しく快適であった。
20120305blog0 福山に着いてからは駅の土産物屋などをブラブラ見てから食事に向かった。
20120305blog1 朱華園福山元町店。尾道ラーメンの店である。時間が早かったせいか、客は数人入っていただけであった。「中華そば」を注文。
20120305blog2 背脂の塊がゴロゴロと入っている以外は、普通のラーメンと特に違っているところは無いように思えた。麺は細めの平打ち麺。とくに感激するほどの味でもなかったが、スープも全部飲み干してしまったので、十分に美味しかったと思う。
 用務は午後から。夕方ホテルにチェックインしてHさんに連絡をとる。ボクが初任者研修を受けたのは約27年前のことだが、その当時わずかな期間だったが合唱団に所属し、そのときにいろいろお世話になったのがHさんである。5日の夕食はHさん宅で手作り料理をいただく。
 6日は自分の発表もあった。この日は夕方6時半ぐらいまでのスケジュールだった。
 この日の夜は、同じ頃に合唱団に入団したKさんのお世話で、当時の合唱団員の方を集めていただき、街中で食事。顔を見るまで名前を思い出せなかった人も、顔を見たら当時の思い出がいろいろ蘇ってきた。記憶というのは面白い物である。普段は完全に忘れてしまっているのに、何かのきっかけがあると、忘れていたはずの記憶が蘇ってくる。思い出話に花を咲かせ、楽しい時間を過ごす事ができた。Kさんに感謝である。
 相変わらず体調はすぐれないままに3日目を迎え、昼前までで用務を終えた。軽く食事を済ませ、チケットショップで安い切符を買い、土産物を買い、改札口に行ったら12:13発の「ひかりレールスター」に間に合った。
 新大阪で降り、在来線で大阪に向かおうとしたちょうどその頃に吹田駅で人身事故が起きたとのことで、電車が来なくなってしまった。しばらくしたら振替輸送をするというので、地下鉄御堂筋線の駅に向かい、梅田まで乗り、JR大阪駅から大阪環状線で鶴橋に向かった。鶴橋に着いたら、ちょうど宇治山田行きの急行が出たばかりだったのだが、次の急行を1時間近くも待つのはしんどかったので、特急券を買って14:36発の特急に乗った。疲れていたので、電車の中ではかなり居眠りをした。
 16:15頃には帰宅。疲れていたので、夕食まで布団の中に潜り込んでいた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

三重昆虫談話会2012年総会・日本鱗翅学会東海支部例会・大川親雄名誉会長を偲ぶ会(2012年3月4日)

 今日は三重昆虫談話会総会兼日本鱗翅学会東海支部例会があったので三重県教育文化会館まで出かけた。今年は、去年の秋に亡くなられた三重昆虫談話会の名誉会長(会の創立以来50年間も会長を務められていた)大川親雄さんを偲ぶ会も兼ねられた。

議事:会務報告など
講演:三重県のフクイアナバチとクズハキリバチ(西田悦造)
   三重県北部のチョウの現状(河本実)
大川親雄名誉会長を偲ぶ会:
  1.大川先生縁の虫(秋田勝己)
  2.先生の思い出話(坂部元宏・石田昇三・西田律夫)

 議事では、会の役員の交代が承認され、新会長には糞虫研究家の稲垣政志さんが選ばれた。副会長には生川展行さんと川北均さん、幹事に中村泰さん。
 講演では西田悦造によるハチの話。昆虫同好会のハチ屋さんは少ないので、なかなか聞けない話であったと思う。河本さんのチョウの変遷の話も、地道な調査の賜物である。
 大川親雄名誉会長を偲ぶ会での講演では、3人の方からそれぞれ昔の話を聞くことができたが、一流のプロの研究者である西田律夫さんが大川先生の教えを受けたバリバリの昆虫少年であったことの話を聞くことができたのは、なかなか貴重な体験ではなかったかと思う。
20120304blog1亡くなられた当日の大川先生
20120304blog2大川先生に献名されたウガタオサムシ

 この会のこととは全然関係のない話だが、今朝ぐらいから胃の調子がおかしい。帰りがけに薬局に寄って胃腸薬を買ってきた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

第157回日本昆虫学会・第94回日本応用動物昆虫学会合同東海支部会講演会(2012年3月3日)

 「第157回日本昆虫学会・第94回日本応用動物昆虫学会合同東海支部会講演会」に出席するために名古屋の名城大学に出かけた。例によって、ちょっと早めに出かけ、栄や大須で買い物をした。12時半ぐらいに、最寄り駅の塩釜口へ。名城大学では国家試験が行われていることだったので、何のことかと思ったのだが、薬剤師の国家試験があるようだった。

プログラム
1.竹内久男・山田佳廣(三重大院・生物資源)
 イヌビワ果嚢数の季節消長と相利共生者イヌビワコバチの生活環
2.○河野勝行・飯田博之(野菜茶業研究所)
 タマナギンウワバ発生予察用フェロモン剤に誘引される非標的種チョウ目昆虫種
3.○澤友美1・森下恵1・立石剣2・田中利治3・中松豊1(1皇學館大・教育、2農業生物資源研、3名大院・生命農)
 アワヨトウ幼虫の生体防御反応における脂肪体の役割について
4.○成川沙紀1・平賀早紀1・山際桃子1・立石剣2・田中利治3・中松豊1(1皇學館大・教育、2農業生物資源研、3名大院・生命農)
 ギンケハラボソコマユバチによる寄主アワヨトウの栄養代謝制御について
5.小出哲哉(新城設楽農林水産事務所)
 生態を理解した獣害対策-行動から見たイノシシの捕獲法-
6.川竹友志・塚田森生(三重大・生物資源) 
 トサカグンバイの集合性とその適応的意義について
7.長澤恵介・今井良輔・塚田森生(三重大・生物資源)・秋野順治(工繊大)
 果樹チェリモヤおよびアテモヤの花香の放出と花粉媒介者の概日リズム
8.安達來良(岐阜大・昆虫生態)
 トゲズネハリアリの繁殖生態に関する研究
9.橋詰直弥(岐阜大・昆虫生態)
 卵寄生蜂ヘリカメクロタマゴバチの寄生生態に関する研究

 当初は講演の申し込みが少なかったとのことだったが、演題数はやや少なめ、というところだった。
 面白かったのは、小出哲哉さんのイノシシの捕獲法。哺乳動物にはあまり馴染みがないので、余計に面白さを感じたのではないかと思うが、暗視カメラで撮影したイノシシの行動は面白かった。
 ぼく自身は、と言えば、ただ講演を聴きに行くだけでは申し訳ないと思ったので、5月に出る予定の研究会の会報に投稿した内容を、ほぼそのまま喋った。研究会の会報に書いただけでは読まれない可能性もあるので、同じ内容とは言え、どこかで喋るのは悪いことではないと思っている。
 講演のあろ会務報告があり、東海支部の事務局が、長年置かれていた三重大学から静岡大学に移るとのこと。三重大学の山田先生、ご苦労様でした。
 懇親会にも参加したのだが、参加人数がけっこう多くで、飲食物が足りなくなるのではないかと心配された。
 懇親会のあと、Iさんと一緒に地下鉄に乗り、昆虫同好会のことなどを話した。昆虫同好会の運営もなかなか難しいものがあると思わざるをえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »