« 今年のボクの3.11(2012年3月11日) | トップページ | ヒサカキ臭い始める(2012年3月19日) »

2012年3月13日 (火)

木星と金星(2012年3月13日)

 今日の午前中は曇りがちで時折小雪も舞う天気だったが、夕方には奇麗に晴れ上がった。仕事を終えての帰り道、ふと右後ろの空を見ると、明るい星が2つ並んで輝いていた。以前から気がついてはいたが、今日は以前よりもずっと近くで並んでいるように思えた。右の明るい星が金星で左のやや暗い星が木星であることはすぐにわかった。今月初め頃には水星の東方最大離角があったらしいので、水星もまだ見えるのではないかと思ったのだが、水星を見ることはできなかった。
 星が奇麗に見えるということは空気が澄んでいるということである。ということは、まだ春の空ではなく冬の空ということになる。実際に今日は冬のように寒い日だった。

|

« 今年のボクの3.11(2012年3月11日) | トップページ | ヒサカキ臭い始める(2012年3月19日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/54215055

この記事へのトラックバック一覧です: 木星と金星(2012年3月13日):

« 今年のボクの3.11(2012年3月11日) | トップページ | ヒサカキ臭い始める(2012年3月19日) »