« 福山へ(2012年3月5日〜7日) | トップページ | 今年のボクの3.11(2012年3月11日) »

2012年3月11日 (日)

京都へ(2012年3月10日)

 ボクの学位論文の主査をしていただいた藤崎憲治先生が定年退職されるので、その最終講義と祝賀会に出席するために京都に行った。地下鉄の蹴上駅から南禅寺を抜けて哲学の道を歩き、銀閣寺の門前を徘徊し、銀閣寺道の「ますたに」でラーメンを食べ、学生時代に住んでいたアパートを見てから最終講義の会場に向かった。最終講義のあとは、大学の構内を抜け、有名な「折田先生像」や日本最古の学生寮である「吉田寮」を見て祝賀会の会場の「楽友会館」に向かった。

20120310blog01地下鉄の蹴上駅

20120310blog02南禅寺

20120310blog03哲学の道

20120310blog04哲学の道沿いにはゲンジボタルやキマラダルリツバメがまだ棲息しているらしい

20120310blog05銀閣寺の門前

20120310blog06ラーメンの「ますたに」

20120310blog07「ますたに」のラーメン
スープまで完食

20120310blog08学生時代に住んでいた「西町アカセ荘」
かなり荒れていて、誰も住んでいない感じだった

20120310blog09今出川通の志賀越道の分岐にある子安観音

20120310blog10京大農学部の正門前

20120310blog11合格発表の掲示板
前の日が合格発表だったらしい

20120310blog12最終講義の案内
「師としてのカメムシ」

20120310blog13最終講義を終えた藤崎先生

20120310blog14今出川通に見つけた立て看板
ボクが学生時代に所属していた合唱団のものである

20120310blog15入学試験の時期になると京大吉田南キャンパスに出現する「折田先生像」
初めて実物を見た

20120310blog16京大吉田寮
映画「鴨川ホルモー」でもロケに使われた

20120310blog17京都大学楽友会館
祝賀会の会場である

20120310blog18花束を受け取った藤崎先生

20120310blog19藤崎先生の教え子たち

|

« 福山へ(2012年3月5日〜7日) | トップページ | 今年のボクの3.11(2012年3月11日) »

コメント

藤崎先生には何年か前にお会いして、御著書「カメムシはなぜ群れる?」にサインをいただいています。
今年で定年なんですね。本当にお疲れさまでした。

投稿: JG | 2012年3月12日 (月) 23時43分

JGさん、こんにちは。
 祝賀会が終わったとき、サイン入りの「カメムシはなぜ群れる?」が参加者に配られました。ボクはハードカバーのを持ってるんですけど。
 藤崎先生の研究室は学生がいっぱいいたので、さぞ大変だったろうと思います。本当に「お疲れさま」です。

投稿: Ohrwurm | 2012年3月13日 (火) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/54198188

この記事へのトラックバック一覧です: 京都へ(2012年3月10日):

« 福山へ(2012年3月5日〜7日) | トップページ | 今年のボクの3.11(2012年3月11日) »