« 日高敏隆著『ぼくの生物学講義 人間を知る手がかり』 | トップページ | 伊勢別街道を歩く(番外編)【江戸橋←→一身田高田本山専修寺】(2011年11月13日) »

2011年11月12日 (土)

いつものフィールドへ(2011年11月12日)

 今日は午後からいつものフィールドに出かけた。「いつものフィールド」とは言いながら、6月25日以来である。
 雨は昨日の夕方までに上がり、今日は朝から晴れて絶好の散策日和となった。しかし、キノコのシーズンもほとんど終わっており、収穫は少なかった。昆虫はクロコノマチョウが目についたぐらい。
20111112blog1フユイチゴが既に熟していた。

20111112blog2地面に突き出ていた謎の筒。ハチが作ったものか?

20111112blog3名前のわからないキノコ。その1。

20111112blog4名前のわからないキノコ。その2。

20111112blog5名前のわからないキノコ。その3。

20111112blog6ホコリタケの仲間?

20111112blog7キノコにへばり付いていた巨大なナメクジ。

20111112blog8季節外れの(?)スミレ。マスミレの仲間のように見える。

|

« 日高敏隆著『ぼくの生物学講義 人間を知る手がかり』 | トップページ | 伊勢別街道を歩く(番外編)【江戸橋←→一身田高田本山専修寺】(2011年11月13日) »

コメント

お久しぶりです。

今年の秋はキノコ不作で、きのこシーズンらしいピークというものがほとんどなかったそうです。年々、キノコの発生は不安定になっているという話も聞きますが、秋は特にその傾向が強いようです。

その1はパス、キシメジ科の小型キノコです。
その2は竹林でよく見るのですがこれも不明。アカヤマタケ属の何かです。
その3はツエタケでしょうね。埋もれ木から生えています。
あとはキホコリタケとヤマナメクジでしょう。

これから寒くなりますね。ご自愛ください。

投稿: 鳥居 | 2011年11月19日 (土) 22時19分

鳥居さん、お久しぶりです。
キノコの名前のご教示ありがとうございます。
今年はキノコが不作ですか!
毎年同じ場所で見ていると、今年は不作だとか豊作だとかがわかるんでしょうけど、たまに見ている程度では把握するのは難しく感じます。
寒くなると、外に出るのも億劫になるので、冬は嫌いです。早く春になって欲しいものです。

投稿: Ohrwurm | 2011年11月19日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/53228114

この記事へのトラックバック一覧です: いつものフィールドへ(2011年11月12日):

« 日高敏隆著『ぼくの生物学講義 人間を知る手がかり』 | トップページ | 伊勢別街道を歩く(番外編)【江戸橋←→一身田高田本山専修寺】(2011年11月13日) »