« セミなど@つくば市(2011年9月29日) | トップページ | 牛久市周辺&秋葉原(2011年10月1日) »

2011年10月 1日 (土)

セミなど@筑波山(2011年9月30日)

 出張用務の会議が終わったあと、「カメムシ採集人」のTさんに迎えに来ていただいて、筑波山に連れていってもらった。出張でつくば市を訪れたことは幾度となくあるが、筑波山に行ったのは今回が初めてである。ロープウエイの乗り場のあるところの駐車場から山道を少し散策した。
 鳴き声を聞いたセミは、エゾゼミ、ツクツクボウシ、アブラゼミ、ミンミンゼミであった。エゾゼミの鳴き声を聞いたのは久しぶりである。そのあたりでは、エゾゼミがいちばん元気に鳴いていた。エゾゼミもけっこう遅い季節まで鳴くものだと思った。
 山ではいろいろな植物が実をつけはじめていた。サルナシ、アケビなど。サルナシの実をとって齧ってみたが、まだ熟していなくて酸っぱかった。
20110930blog1
20110930blog2 カメムシの幼虫が何頭も見られたが、名前はわからなかった。カメムシ科であることは確かだと思うが。
20110930blog3
 Tさんはマタタビの蔓を少し採って家に持ち帰った。Tさんの家のネコのミューンに与えると、このとおり。
20110930blog4
 この夜は、ハエやハナバチの分類の専門家のMさんも交えての夕食となった。Mさんの奥さんは、ぼくの妻の幼稚園のときの先生でもある。妙なところで縁が繋がっている。
 夕食を終えたあとはテレビの鑑賞。NHK BSプレミアムの「新日本風土記」の「仁淀川」には、カメムシ図鑑の著者のひとりのTさんがアメゴを釣る「伝説の釣り師」として登場。Tさんの知らなかった一面を知り面白かった。虫屋仲間は普段はお互い虫屋としてしか認識していないが、別の顔を持っているということを知ると面白いものである。

|

« セミなど@つくば市(2011年9月29日) | トップページ | 牛久市周辺&秋葉原(2011年10月1日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/52883311

この記事へのトラックバック一覧です: セミなど@筑波山(2011年9月30日):

« セミなど@つくば市(2011年9月29日) | トップページ | 牛久市周辺&秋葉原(2011年10月1日) »