« 池田清彦著『構造主義進化論入門』 | トップページ | アナグマの穴?(2011年9月7日) »

2011年9月 7日 (水)

餃子@浜松(2011年9月5日〜6日)

 一昨日から昨日まで、農耕地の生物多様性と病害虫管理に関する研究会と現地検討会のため、遠州浜松に行った。浜松と言えば鰻だが、鰻なら津の方が安くて美味いのでわざわざ浜松で鰻を食べるようなことをせず、B級グルメの餃子に狙いをつけた。
 あらかじめネットを情報を仕入れようとしたのだが、研究会の会場に近い浜松駅周辺には限られた餃子屋しか見つからなかった。浜松駅近くで見つかったのは「むつぎく」と「五味八珍メイワン店」だけ。「むつぎく」は月曜日が休みなので、現地入りした月曜日5日には「五味八珍メイワン店」、終了後の火曜日6日に「むつぎく」に行くことにした。
 現地入りした5日には一人で「五味八珍メイワン店」へ。浜松駅ビルの7階の飲食街の一角にある。注文したのは餃子とざるラーメンのセット。997円なり。浜松餃子の「お約束」で、茹でたモヤシが添えられている。
20110905blog1 餃子は「餃子の王将」の餃子と比べるとずっと小ぶりであっさり気味。12個の餃子は余裕で平らげられた。
 研究会の終了後の6日には、研究会に参加したメンバー約10名とともに「むつぎく」へ。某T田氏もこの店をチェックしていたらしい。浜松駅の南口を出て、ほんの2分ぐらい歩いた場所である。注文したのはBセット。餃子8個と小ラーメンにご飯がついたもので850円なり。ラーメンは、醤油、味噌、ピリ辛から選べる。ラーメンは醤油を選んだ。
20110906blog1 ここの餃子も「お約束」どおり、茹でたモヤシが添えられていた。大きさも「餃子の王将」のものと比べるとずっと小ぶりで「五味八珍メイワン店」ぐらいの大きさ。餃子の中身はほとんどキャベツと思われるぐらいで、非常にあっさりとしていた。皮が不完全に閉じられているので、中身がすぐにはみ出してくる。ここの餃子は本当にあっさりとしていたので、いくらでも食べられそうな感じであった。
 というわけで、2軒の店で食べただけであったが、モヤシが添えられていたことと大きさが小ぶりであることを除けばかなりの違いが認められた。「浜松餃子」を名乗る店はたくさんあるので、食べ比べしてみる価値はありそうだと思われた。
 話が前後するが、ネットで見つけられた店はわずかしかなかったが、現地に行ってみたら、浜松駅近辺で餃子が食べられる店はたくさん見つかった。ネットの情報だけでは不十分である。

|

« 池田清彦著『構造主義進化論入門』 | トップページ | アナグマの穴?(2011年9月7日) »

コメント

津はウナギが美味しいのですか。初めて知りました。一度食してみたいです。現在浜松の隣の隣の豊川に単身赴任中ですが、この辺りの方のウナギ自慢はかなり強固です。”豊川のウナギを食べたら大阪のウナギは食べられんだら”、などとのたまわれます。大阪でも然るべき店に行けば美味しいですが。8年間豊川に住んでおりますが、ほかに美味しいものがありません、知る限りでは。餃子は店店で色々工夫されていて、地方へ行けば一度は食べてみたいメニューですね。

投稿: Harpalini | 2011年9月 9日 (金) 04時50分

Harpaliniさん、こんにちは。
 津の鰻は、特に美味しい、というわけではありませんが、普通に美味しいです。何よりも安いところが嬉しいです。他所の街に行くと、たいてい鰻は贅沢な食事ですけど、津では日常の外食のメニューの一つです。肝吸い付きの並丼で1000円でお釣りが来る店が何軒もあります。まずは、こちらをご覧ください。
http://unadon.mie1.net/c5740.html

投稿: Ohrwurm | 2011年9月 9日 (金) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/52672166

この記事へのトラックバック一覧です: 餃子@浜松(2011年9月5日〜6日):

« 池田清彦著『構造主義進化論入門』 | トップページ | アナグマの穴?(2011年9月7日) »