« ヒグラシが増えてきた(2011年7月21日) | トップページ | 近所でもツバメの巣が(2011年7月23日) »

2011年7月22日 (金)

昼間のニイニイゼミの羽化(2011年7月22日)

 昨日の夜は涼しくて、布団をかけて寝た。朝起きても曇っていて、出勤のためバイクを走らせると、長袖シャツ1枚では寒い。
 職場の庭のウバメガシの木にはニイニイゼミの抜け殻が増えてきた。そろそろ発生のピークを過ぎているのではないかと思う。
20110722blog1 いつものようにピットフォールトラップの調査をするのだが、この前の台風の風で、落ち葉がいっぱい入っていた。いくつ目かのトラップを見たとき、中の落ち葉に脱皮が始まったニイニイゼミがついていた。生きているのかどうかわからなかったが、中から取り出して写真を撮ってみた。
20110722blog2 生きているようにも見えたので、落ち葉と一緒に職場の居室に持ち帰った。すると、このニイニイゼミはちゃんと生きていて脱皮が始まった。おそらく、天気が悪くて暗く、しかも気温が低いため、変な時刻に羽化してしまったかも知れないし、変な所に落っこちて、仕方なくこんな時刻に羽化を始めたのかも知れない。
20110722blog3 今日は見学する客の対応をしなければいけなかったので、じっと観察しているわけにはいかなかった。昼前に居室に戻ったら、もうニイニイゼミは完全に翅を伸ばしていた。体が固まったてから手に取ってみたら、これは雌だった。おそらくもうピークを過ぎているので、これから羽化する個体は雌が多いのではないかと思う。
 夕方になって、完全に体が固まってから、外に逃がしてやった。
 しかし、セミの羽化を見たのは久しぶりの気がする。

 夕方、畑の向こうの林に行ったが、ヒグラシの鳴き声もニイニイゼミの鳴き声も聞こえなかった。気温が低すぎて鳴けないのではないかと思った。
 帰宅のとき、長袖シャツでバイクを走らせたのだが、まもなく寒さに耐えきれなくなってウインドブレーカーを着た。
 帰宅してから、「ナベを食べたいねぇ」と行ったらバカにされたが、体は冷えてしまっていた。ナベは食べられなかったが、暖かいおしるこを食べた。

|

« ヒグラシが増えてきた(2011年7月21日) | トップページ | 近所でもツバメの巣が(2011年7月23日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/52284061

この記事へのトラックバック一覧です: 昼間のニイニイゼミの羽化(2011年7月22日):

« ヒグラシが増えてきた(2011年7月21日) | トップページ | 近所でもツバメの巣が(2011年7月23日) »