« 日本学術会議公開シンポジウム「新時代の昆虫科学を拓く2」(2011年7月16日) | トップページ | 300,000アクセスお礼 »

2011年7月17日 (日)

ヒメハルゼミ@伊勢神宮外宮(2011年7月17日)

 この前の木曜日7月14日に内宮へ行ったばかりだが、今日は外宮に行ってみた。近鉄の急行に乗って宇治山田駅に着いたのは14:00頃。それなりに暑い。
20110717blog1 歩いて10分ほどで外宮前。
20110717blog2 中に入るとニイニイゼミの鳴き声が。ところが突然ヒメハルゼミの大合唱が始まってビックリ。
20110717blog3 とりあえず外宮一帯を歩き回って分布を確認。かなり広く分布しているらしく、断続的ながらあちこちからヒメハルゼミの合唱が聞こえた。
 ということで一安心したので、ちょっと休憩。着いたばかりの時に目を付けていた店でかき氷。抹茶200円+あんこ50円+ミルク50円=300円。
20110717blog4
20110717blog5 この店に向かう途中に見えた森からもヒメハルゼミの合唱が聞こえていたので、そちらへ。近くに行ってみると、そこは外宮の一部かと思われたのだが、「度会大国玉比売神社」と「伊我理神社」だった。ここが入り口。
20110717blog6 中に入るとこんな感じ。
20110717blog7 ここなら観光客もいないのでゆっくり抜け殻探しができると思ったら、さっそく抜け殻が見つかった。それもたくさん。いい時期に夜ここへ来れば羽化も観察できるかも知れないと思った。
20110717blog8 今日の外宮付近のヒメハルゼミの合唱のピークは16:00前後のように思われた。16:30を過ぎると、合唱も断続的になった。16:55頃調査終了。
 この前の内宮での観察と比較すると、分布していると思われる範囲は狭いと思われるのだが、合唱の賑やかさでは、今日の外宮の方が勝っているように思われた。1頭が鳴き始めると、すぐに何頭かが続いて鳴き、すぐに合唱になった。そして、合唱になると、1頭ずつの鳴き声が全くわからなくなってしまうほどだった。
 というわけで、外宮周辺にも高い密度でヒメハルゼミが棲息していることが確認できたので、一応の収穫があったと言える。
 伊勢市駅まで歩き、17:20発の近鉄急行に乗って帰る。

|

« 日本学術会議公開シンポジウム「新時代の昆虫科学を拓く2」(2011年7月16日) | トップページ | 300,000アクセスお礼 »

コメント

お疲れ様でした。とても嬉しく思います。

伊勢神宮周辺の生息域が分かって来ましたね。多分来年以降も続けられるのかな、と思いますので、楽しみにしております。(これも尻叩きかな?)

ところで、水をさすようなつもりはありませんが、広島では午後7時15分ですから、三重は7時頃でしょうか?全山のセミの日没の大合唱がほぼ30分間あるはずです。ヒメハルゼミが午後4時半で活動終了のはずはなく、全員で最後の「お勤め」をして、その日の活動を終了するのがヒメハルゼミの日課です。なかなか遅くまで現地にいるのは大変で、私も今日はサボりましたが、いつか機会があったら是非お聞き下さい。

投稿: Zikade | 2011年7月17日 (日) 21時02分

Zikadeさん、こんにちは。
 伊勢神宮界隈の分布を調べるのは大変ですが、少なくとも内宮周辺と外宮周辺のヒメハルゼミの棲息密度が高い事はわかりました。
 木曜日の内宮での観察では、17:00を過ぎると鳴き声が弱まり、観察終了の18:25には鳴き声がまばらになってしまいましたので、今日の外宮での観察は、16:30を過ぎて合唱の頻度が少なくなってしまったのを感じて、もうこれ以上の合唱は無いだろうと思って、調査を切り上げてしまいました。やっぱり、暗くなるまで調査を続けないといけないですかね?

投稿: Ohrwurm | 2011年7月17日 (日) 21時21分

>やっぱり、暗くなるまで調査を続けないといけないですかね?

そりゃあ、一度は確かめないといかんでしょ。(笑)

投稿: Zikade | 2011年7月17日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/52232639

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメハルゼミ@伊勢神宮外宮(2011年7月17日):

« 日本学術会議公開シンポジウム「新時代の昆虫科学を拓く2」(2011年7月16日) | トップページ | 300,000アクセスお礼 »