« クリス・ブライト著(福岡克也監訳)『生態系を破壊する小さなインベーダー』 | トップページ | いつものフィールドへ(2011年6月25日) »

2011年6月24日 (金)

梅雨の晴れ間の職場の庭にて(2011年6月24日)

 梅雨の晴れ間である。それなりに暑いが、耐えきれない暑さでもない。
 職場の庭に出てみたら、今週始め頃にはわずかしか見られたかった、上陸したばかりの小さいニホンアマガエルの成体が、あちらにもこちらにもという感じで、いっぱいいた。ここ数年、こんなにたくさん見たこと無い、というほどである。
20110624blog1 木陰に入ればアカトンボの仲間が目についた。トンボは苦手だが、胸部の斑紋を見れば同定できる程度のことは知っている。あとから図鑑で絵合わせしたら、ノシメトンボだった。
20110624blog2 キノコも生えていた。手頃な図鑑を持っていないので同定できない。
20110624blog3 ピットフォールトラップにはこんなものも入っていた。サワガニ。トラップから出して、外で撮影。怒っている(ように見える)。
20110624blog4

|

« クリス・ブライト著(福岡克也監訳)『生態系を破壊する小さなインベーダー』 | トップページ | いつものフィールドへ(2011年6月25日) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間の職場の庭にて(2011年6月24日):

« クリス・ブライト著(福岡克也監訳)『生態系を破壊する小さなインベーダー』 | トップページ | いつものフィールドへ(2011年6月25日) »