« 若宮健著『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』 | トップページ | 低気圧と体調不良(2011年5月30日) »

2011年5月29日 (日)

第6回大門寄席(2011年5月29日)

 台風が近づくなか、不安定な天気だったが、予定していたとおり、妻と二人で「第6回大門寄席」に出かけた。会場は津市だいたて商店街の「甘味処 翁」の2階。ずいぶん狭い場所である。高座と客席の間が異様に近い。

切磋亭琢磨 代書屋
南遊亭栄歌 鷺捕り
切磋亭いの千代 端唄
南遊亭栄歌 お忘れ物承り所
切磋亭琢磨 野崎詣り

 切磋亭琢磨さん南遊亭栄歌さんの二人の組み合わせは「第5回大門寄席」と同じである。あのときは、寒い日だったことを覚えている。今日はちょうど良いぐらいの気温だが、台風の影響か、湿気が高い。
 「代書屋」は枝雀師匠のDVDを持っているが、枝雀師匠のとはかなり演出が違う。代書屋の客の名前が「河合浅次郎」だったので、春団治師匠のがベースになっているのだと思った。「鷺捕り」も昔盛岡に住んでいた頃に枝雀師匠のを観た記憶があるが、どこがどう違うかは思い出せない。「お忘れ物承り所」と「野崎詣り」は初体験。
 切磋亭琢磨さんも南遊亭栄歌さんもプロの噺家さんではないが、芸歴は長く、安心して聴けると思う。南遊亭栄歌さんは医者としての本職の話を「つかみ」にするが、うまく活きていると思う。
 一番前の席には、まだ若い女性が2人いたが、話すほうとしては嬉しかったのだか、やりにくかったのか、本音を聞きたいところである。それはともかく、若い人が落語を聴きに行くことは、落語にとって悪いことではない。
 しかし困ったことは、だいたて商店街の客の少なさである。落語会が始まる前も終わった後も閑散としていた。だいたて商店街は津市の顔であって欲しいと思うのだが、何とかして人寄せ場になって欲しいと思う。そうでないと文化は育たない。郊外の大型小売店は商品の売買という機能だけに特化しすぎて、文化が育つとは思えない。

|

« 若宮健著『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』 | トップページ | 低気圧と体調不良(2011年5月30日) »

コメント

昨夜はありがとうございます。

商店街はその町の文化です。私もそう思います。
以前の活気を取り戻し、「消」店街から「笑」店街になって欲しいと思います。

大門寄席を主催している若い人達は、寄席の他にも色々な企画を考えて催しています。
なかなか活性化とまでは行かないようですが・・・・
一番寂れていた頃よりはいささかマシになってきています。
長い目で見ていきたいと思います。
「阿漕平治」のお話が全国に知れ渡るとか「行列の出来る店」に翁がなるとか、決定打がでるともう一つ飛躍するとは思うのですが。

若い女性が二人・・・今回はとてもとても演りにくかったです。お二人ともよく存じ上げている人なのです。そして、やはり近すぎましたね。これは、若い女性じゃなくても少し演りにくいかな?

「代書屋」は春団治さんを参考にさせて頂きました。
このネタには、続きがありまして、この後字のお女中が出てきたり韓国人がでてきます。
機会があれば、全編やってみたいと思っています。

投稿: 切磋亭琢磨 | 2011年5月30日 (月) 09時41分

琢磨さん、コメントありがとうございます。
昨晩はお疲れさまでした。また次回を楽しみにしています。

名古屋の大須商店街に行くとワクワクするんですけど、だいたて商店街もあんな商店街になって欲しいと思います。うどんの幸助の岩脇さんも頑張ってくれているのはわかりますけど、自分で行事に関わるだけでなく、商店街の将来像を戦略的に考えて欲しいな、と思います。

二人の女性の件、いの千代さんからうかがいました。

投稿: Ohrwurm | 2011年5月30日 (月) 20時19分

先日はありがとうございました。
またこうして日記にとりあげて下さり、大変光栄に存じます。

前の女性二人はワタシにとってはよく知った仲間でもあり、とりたてて演りにくくはありませんでした。
マクラに話題のひとつとして取り上げただけで、演じている時は会場の空気は読みますがあまりお客さんの顔をひとりひとりは見ない様にしています。

ワタシの「鷺とり」は枝雀師匠のそのまたお弟子さん「桂雀三郎」さんがベースになっています。もちろん枝雀師匠からも参考にさせて貰いました。
もう覚えてから30年経ってますので、覚え立ての頃とは随分カタチも変わってきています。

大門商店街の活性化に関しましては、やはりこうしてただ落語をやっているだけではアカンと感じています。
落語と商店街のお客さんが完全に分離しているからです。
でもそれは商店街の彼らがメインで考えて下さることで、ワタシ達はそのために出来る限りのお手伝いはさせて頂こうと思います。

投稿: 南遊亭栄歌 | 2011年5月31日 (火) 14時18分

栄歌さん、コメントありがとうございました。
 雀三郎師匠はぼくのお気に入りの噺家さんの一人です。一度だけですが、鶴橋の「雀のおやど」でナマの雀三郎師匠の落語を聴きました。
 大門商店街は大門商店街だけの問題ではなく、津市民全体の問題だととらえて良い方向にもっていく必要があると思います。
 人口の規模が違いますからそのまま真似るわけにはいきませんけど、名古屋の大須みたいになると良いと思っています。商店街には種々雑多な商店があって、観音さんと演芸場がある。
 しかし何と言っても。津の街が車がないと生活できないようなインフラになっているところが痛いと思っています。車があれば、郊外の大型小売店に行くのが楽ですし。

投稿: Ohrwurm | 2011年5月31日 (火) 20時40分

琢磨さん、栄歌さん、先日はありがとうございました。
Ohrwurmのつれです。

お二人とも人柄も話し方も全然違うので、琢磨さんは琢磨さんの、栄歌さんは栄歌さんの世界に誘ってくださり面白いです。

栄歌さんのコメントの
>演じている時は会場の空気は読みますがあまりお客さんの顔をひとりひとりは見ない様にしています。

に反応しました。
琢磨さんとは何となく目が合ったように思うのですが、(私の思い込みかな)栄歌さんの視線の行きどころは私にはとても不思議だったものですから。

どこをみてはるんですか。

もしこのコメントを読んでおられたら、お話してくださったら嬉しいです。

投稿: Ohrwurmのつれ | 2011年6月 2日 (木) 21時50分

Ohrwurmのつれ さま

落語は着物と手拭いと扇子だけで色んなモノや色んな人物、色んな場面を表現します。
お客さまにその情景を描いて頂くワケですが、まず自分がその絵を描かなければお客さんにイメージして貰えません。
例えば『狸賽』というお話で「おい、お前、向こうの壺の横を見てみぃ」と云う場面では話す相手と壺の位置をちゃんと自分で設定して置いて相手と壺とを七三で見なければ行けません。ちゃんと演者がまずその絵を描いて置かなければならないと云う事です。
落研の時は「上(カミ)は向こうの壁のどこそこのシミをみて、下(シモ)はどこそこの窓の桟をみて」と教わりましたが、今は実際にその情景が見えるのです。
『鷺とり』では池や鷺、天王寺さんの石の鳥居や生駒の山を見つめながら喋りました。
皆さんにそれが見えたら演出成功です。
ただ1回だけお客さんの顔をみた時がありました。
「AKBの唄」の歌い出しで「どんな歌やったっけ」と聞いた時。あれはお客さんも現実に引き戻されたと思います。
まあ笑いを取れたのでよしとして下さい。

投稿: 南遊亭栄歌 | 2011年6月 3日 (金) 16時19分

栄歌さん、
早速のお返事をありがとうございます。
なるほど、演じている落語家さんもそこに絵を描いておられる訳ですね。絵という平面ではなく、お芝居のような立体的な空間であるのかもしれませんね。

私はナマで落語を初めて見たのは ’91年11月20日の枝雀さんの時うどんなのですが、(翌日に長男が誕生しましたから忘れません^^)それ以来はここ津にきてからなのでまだまだ見るのは初心者です。

そんなですが、色付きの舞台をみた事が何度かあります。一番印象に残っているのは、桂吉坊さんでした。口入屋だったかと思います。
二階にとんとんとあがっていく様子、戸を開ける様子など、色付きで「みえたんです」(笑)
栄歌さんの「鷺とり」も天王寺さんの石の鳥居やら、上にのっかっている人やら「みえました」
そして、確かに「AKB」では現実に戻された、そんな感覚がありました。栄歌さんとと観客がそれを共有できているから笑えたんですね。
やっぱりナマはいいです。
音楽でもお芝居でも、もちろん落語でも。
舞台上の人と観客が一緒に作っていくものですね。

たまに人前で話す事があるので、栄歌さんの落ち着いた不思議な視線の秘密を知りたかったです。
ありがとうございました。

投稿: Ohrwurmのつれ | 2011年6月 3日 (金) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/51802939

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回大門寄席(2011年5月29日):

« 若宮健著『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』 | トップページ | 低気圧と体調不良(2011年5月30日) »