« 森山徹著『ダンゴムシに心はあるのか』 | トップページ | 今年も電波で狐狩り 中電津ハムクラブ主催 第27回FOXハンティング(2011年5月3日) »

2011年5月 2日 (月)

電気が流れています。ふれるとキケンです。(2011年5月2日)

20110502blog1
 職場の庭に調査に出たら、職場の隣の田圃に電気柵が張り巡らされているのに気づいた。こちらに転勤してきて以来、この田圃に電気柵が設置されたことはなかったので、今年が初めてである。小さな田圃ではないが、かと言ってそれほど大きな田圃でもない。おそらく何かの動物対策なのだろうと思うが、それほど収量が見込めるわけでもないと思われる場所に、不相応なほどの投資がされているように思えた。でも、田圃を荒らされるのは悔しいからなのだろうと思う。
 ここには「電気が流れています。ふれるとキケンです。」と書かれているが、この文章は論理的におかしい。「高い電圧がかかっています。ふれるとキケンです。」なら正しい。何かが電線に触れなければ電流は流れないからだ。まだこの時点では電流は流れていない。もう少し書けば、「電気が流れています。」というのも、それだけでおかしいと思う。「電流が流れています。」の方が良いと思う。
 「電気が流れています。ふれるとキケンです。」でも言わんとすることはわかるから、こういう細かい突っ込みは野暮なのかも知れないが、ついつい気になってしまうのだ。

|

« 森山徹著『ダンゴムシに心はあるのか』 | トップページ | 今年も電波で狐狩り 中電津ハムクラブ主催 第27回FOXハンティング(2011年5月3日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/51560669

この記事へのトラックバック一覧です: 電気が流れています。ふれるとキケンです。(2011年5月2日):

« 森山徹著『ダンゴムシに心はあるのか』 | トップページ | 今年も電波で狐狩り 中電津ハムクラブ主催 第27回FOXハンティング(2011年5月3日) »