« 2011年・モンシロチョウ初見(3月15日) | トップページ | 一転して寒くなる(2011年3月16日) »

2011年3月15日 (火)

焦燥感

 東北地方太平洋沖地震が起きて、しばらくの間は盛岡に住む妻の両親と連絡が取れずに心配したが、滝沢村に住む妻の兄からの連絡で無事だということが当日の夜には確認できて、特に心配することは無くなったはずだった。
 ところが、風邪が治りきっていないことを差し引いても、精神的にやはりおかしいのである。昨日は職場に出ても、何をしていいのかわからず、全く仕事が捗らなかった。午後からは息子の三者面談があったので昼には帰宅したのだが、何となく落ち着かず、焦燥感を感じた。
 この際、能天気な音楽でも聴くと良いかも知れないと思い、「沖縄そば屋さんのBGM」のCDをかけて聴いた。これが効果的だったのかどうかはわからないが、少しは落ち着いたようにも思えた。
 何も地震の被害を受けていないぼくですらこの有様なので、被災者のみなさんの心労は大変なものだと思う。まだ寒いが、がんばって欲しいと思う。

|

« 2011年・モンシロチョウ初見(3月15日) | トップページ | 一転して寒くなる(2011年3月16日) »

コメント

こんばんは。

よかった、私だけじゃなかった、と思いました。

投稿: Zikade | 2011年3月15日 (火) 20時17分

Zikadeさん、こんばんは。
 ぼくもZikadeさんのブログを読んで、自分だけじゃないんだと思いました。
 まだ少し変です。

投稿: Ohrwurm | 2011年3月15日 (火) 20時25分

ohrwurmさん、こんばんは。なんとか元気に過ごしています。
今日は、放射能報道に気を遣いながら、外作業をしてきました。電気・水道をはじめ不安定ですが、当地は一時に比べれば生活基盤が回復してきました。まだデスクワーク的な仕事が手につきませんが、東北地域の復興を念じながら、私も自分なりに頑張らねばと思っています。

投稿: くらさん | 2011年3月15日 (火) 21時00分

くらさん(さん)、ツクバの状況もいろいろ聞いておりますが、妻の実家の盛岡以上にひどいようで、お見舞い申し上げます。被災地域が広いだけに、復興に時間がかかりそうに思えます。がんばってください。

投稿: Ohrwurm | 2011年3月16日 (水) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/51128668

この記事へのトラックバック一覧です: 焦燥感:

« 2011年・モンシロチョウ初見(3月15日) | トップページ | 一転して寒くなる(2011年3月16日) »