« 鳥の餌食になったキャベツとブロッコリー(2011年1月19日) | トップページ | 宿替えからひと月経過 »

2011年1月21日 (金)

敷金が戻ってきた

 年末に敷金を取り戻す話をこのブログに書いたが、今日無事に敷金が戻ってきたのが確認された。
 国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を後ろ盾にして不動産屋との交渉に臨んだのだったが、実にあっけなくこちらの言い分が通ってしまい、実に敷金の9割近くが戻ってきた。
 あまりにもあっけなくこちらの言い分が通ってしまったということは、不動産屋はガイドラインを知っていた上で、ハウスクリーニング会社とグルになって高額の修繕費用を請求して、ガイドラインを知らない借主からは、その高額の修繕費用をだまし取ろうとしていたのではないか、ということも疑われる。その不動産会社は、信頼できない会社だと思わざるをえない。しばらくは不動産に関する取引をすることもないと思うが、もうその会社とは関わることを避けたいと思う。
 敷金が戻ってきたら家族揃って食事に出かけようという話をしていたが、間の悪いことに長男がインフルエンザに倒れてしまったので、外での食事はしばらくはお預けだ。

|

« 鳥の餌食になったキャベツとブロッコリー(2011年1月19日) | トップページ | 宿替えからひと月経過 »

コメント

随分昔のことですが、大学卒業でアパートを引き払うときに、敷金を返してもらうことを知りました。同級生が同じアパートにいて、私が出た後に不動産屋に一報いれてくれたおかげで、本当にお金が返ってきました。
しかしそれには随分時間がかかり、忘れた頃に現金書留で届けられました。
その同級生がいなければ、ずっと敷金のことは知らずにいたことでしょう。

投稿: JG | 2011年1月22日 (土) 11時28分

JGさん、こんにちは。
 敷金のことを知らずにいたとは、お金に困っていなかったということかしら?今は知りませんが、昔の京都は、2年契約で、2年ごとに契約金なるものをとられ、貸し主の言い分一方的にが通っていました。もちろん、敷金が返ってくることはありませんでした。

投稿: Ohrwurm | 2011年1月22日 (土) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/50647386

この記事へのトラックバック一覧です: 敷金が戻ってきた:

« 鳥の餌食になったキャベツとブロッコリー(2011年1月19日) | トップページ | 宿替えからひと月経過 »