« 2011年・今年の年賀状 | トップページ | 転居先でもヒヨドリの鳴き声(2011年1月2日) »

2011年1月 1日 (土)

石垣島の「民宿なぎさ荘」

 今日は実家への日帰りの帰省をしたので、年賀状を見たのは夜になって帰宅してからだ。その中の一枚の年賀状が石垣島の「民宿なぎさ荘」からのものだった。それを読むと、民宿を閉じることにしたとのこと。大変残念である。
 石垣島に住んでいたとき、自分が泊ったわけではなかったが、昆虫採集に来る虫屋さんがよく「民宿なぎさ荘」に泊ったので、ぼくは何度も「民宿なぎさ荘」に顔を出し、やがて懇意にしていただけるようになった。
 最初に泊ったのは、石垣島を離れるとき、公務員宿舎を引き払って家族を先に送り出して、4月1日に辞令をもらって石垣島を離れるまでである。石垣島を離れてから、2006年の春に出張で石垣島に行ったときにはもちろん「民宿なぎさ荘」にお世話になったし、2007年夏に家族旅行で石垣島に行ったときにもお世話になった。
 「民宿なぎさ荘」の歴史についてはこれまで何も知らなかったが、年賀状によれば1972年の沖縄の祖国復帰の年から営業を続けていたとのこと。39年の歴史を持っていたということである。
 これで困ってしまったのは、石垣島に行った時に何処にに泊ったら良いのか、ということである。石垣島にはホテルや民宿がたくさんあるので、選択肢には困らないはずだが、豪華なホテルでは落ち着かないし、ビジネスホテルでは味気ないし、「民宿なぎさ荘」のようなくつろげる宿を見つけようと思うとなかなか難しい。
 「民宿なぎさ荘」の営業を終えるとは言え、女将さんはまだお元気なはずなので、石垣島に行くことがあれば、必ず顔を出したいと思っている。問題は、何時石垣島に行けるか、ということだ。

|

« 2011年・今年の年賀状 | トップページ | 転居先でもヒヨドリの鳴き声(2011年1月2日) »

コメント

閉じるとは残念な事です。

私も数回厄介になったことがあります。

専用のノートや本があって,いかにも虫屋の宿って感じでしたね!

投稿: シロヘリ | 2011年1月 2日 (日) 18時54分

シロヘリさん、今年もよろしくお願いします。
 「民宿なぎさ荘」には雑誌「蝶研フィールド」がほとんど揃っていたと思いますし、拙著別刷りの綴りも置かせていただいていました。ノートにも虫の情報がたくさん載っていて、楽しかったですね。
 家庭の事情、とのことですが、本当に残念です。

投稿: Ohrwurm | 2011年1月 2日 (日) 20時41分

私も一度泊まったことがあります。石垣島でOhrwurmさんと初めて合流したときの宿が「なぎさ荘」でした。そこで並んでいた蝶の採集ガイドも、ついつい一冊購入しちゃいました。営業休止とは残念ですね。

石垣島でくつろげる宿といえば、米原の「民宿花城」はいかがですか。4~5年前に一泊しただけですが、値段のわりにきれいで良いところでした。

投稿: JG | 2011年1月 3日 (月) 23時34分

JGさん、あけましておめでとうございます。
 やはり「民宿なぎさ荘」は虫屋御用達の宿でしたからね。
 ところで、米原にそんな民宿ありましたか?昔からやっていた「比嘉民宿」は、ぼくが住んでいた当時から、営業しているんだかどうだかわからないような状態でしたし、それ以外に米原には民宿があったという記憶はありませんが。

投稿: Ohrwurm | 2011年1月 4日 (火) 07時29分

今更ですが、新年おめでとうございます。
民宿花城、ご存じなかったですか。それではきっと、最近開業した民宿なんでしょう。建物は結構新しい感じでした。

投稿: JG | 2011年1月 4日 (火) 22時33分

JGさん、こちらこそ、です。
ネットで検索したら「民宿花城」は米原のキャンプ場に隣接した場所にあるようですね。ぼくが住んでいた頃は、あの場所は海岸林が伐採されて、宅地として売り出されている更地でした。だから、かなり新しいと思います。虫屋的には、とても良い場所だと思います。

投稿: Ohrwurm | 2011年1月 6日 (木) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/50464861

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島の「民宿なぎさ荘」:

« 2011年・今年の年賀状 | トップページ | 転居先でもヒヨドリの鳴き声(2011年1月2日) »