« もろもろ観察日記@2010年7月6日 | トップページ | 2010年・ヒグラシ初鳴き(7月8日) »

2010年7月 6日 (火)

夜の樹液の観察@2010年7月6日

 ほどほどに蒸しているので、夕食後、近所のクヌギの樹液の観察に出かけた。スズメバチが頻繁に来ているらしく、「立入禁止」のテープが張られ「ハチに注意してください」と書かれていた立て札がちょっと前から立っている。もちろん、そんなものはお構いなしに樹液に近づく。
 まず出迎えてくれたのは巨大なアシダカグモ。かなりの大きさだった。ガは比較的多かった。いちばん多かったのがカラスヨトウ。そのほか、フクラスズメやオオシマカラスヨトウ(?)なども。
 クワガタはコクワガタの雌が1頭見られたのみ。今年はクワガタが不作かも知れない。
 キリギリスの仲間も来ていた。ヤブキリか何かか?
20100706blog8

20100706blog9

20100706blog10

20100706blog11

20100706blog12

20100706blog13

|

« もろもろ観察日記@2010年7月6日 | トップページ | 2010年・ヒグラシ初鳴き(7月8日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/48813077

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の樹液の観察@2010年7月6日:

« もろもろ観察日記@2010年7月6日 | トップページ | 2010年・ヒグラシ初鳴き(7月8日) »