« 2010年・沖縄慰霊の日と「月桃の花」 | トップページ | 大きくて奇麗なハネカクシ »

2010年6月23日 (水)

カブトムシの「山」を発見

 今日は恒例の野外調査の日だが、雨の中の調査になってしまった。最初の調査地でクモを採集していると、同行しているIさんが「あっ」と声を上げた。何かと思ったら、カブトムシの蛹が見つかったのだった。
 調査をしている畑には、敷き藁にするためのヨシが山積みにされていたのだが、畑のカボチャが大きくなり、そのヨシの山の上の方がカボチャの敷き藁にされて、「山」の中が露出した状態になっていたのだ。
 調査の仕事中だったので、あまりゆっくりカブトムシ探しもできなかったのだが、ちょっと探しただけでいくつも蛹が出てきた。1頭だけだが、もう成虫になっているのも見つかった。
 今度の週末には、天気が悪くなければ、息子と一緒に採集に行こうかと思っている。
20100623blog1
【蛹】↑

20100623blog2
【1頭だけ見つかった成虫】↑

20100623blog3
【カブトムシの「山」】↑

|

« 2010年・沖縄慰霊の日と「月桃の花」 | トップページ | 大きくて奇麗なハネカクシ »

コメント

いやあ、すごいですねえ。堆肥ですか?牛糞ですかねえ。行ってみたいものです。

投稿: ガシ | 2010年6月24日 (木) 09時17分

ガシさん、コメントありがとうございます。
 敷き藁用のヨシが積んであった場所ですが、かなり長期間放置されていたので、下の方は自然に堆肥化していたようです。畜糞は入っていないと思います。

投稿: Ohrwurm | 2010年6月26日 (土) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/48704038

この記事へのトラックバック一覧です: カブトムシの「山」を発見:

« 2010年・沖縄慰霊の日と「月桃の花」 | トップページ | 大きくて奇麗なハネカクシ »