« 2010年・二度目の芝刈りとチャドクガの駆除 | トップページ | オオミズアオとラミーカミキリ »

2010年6月 7日 (月)

2010年6月7日・ハラクロコモリグモの雄とオオヒラタシデムシ

20100607blog1
 6月4日ムシの日にはハラクロコモリグモの雌がトラップに入っていたが、今日は雄が2頭入っていた。このところ急に気温が上がってきたので、活動するクモの個体数が増えてきたということなのだろうと思う。
 オオヒラタシデムシも入りだし、今日は8個のトラップ全部で8頭も入っていた。オオヒラタシデムシは大きくて立派だが、他のシデムシ類と同様に嫌な臭いの液体を出すので、ぼくはあまり好きではない。シデムシの仲間にはモンシデムシ類のように、動物の遺体を幼虫の餌にして親が世話をするものもあるが、オオヒラタシデムシの幼虫は、成虫と一緒にトラップに入っていることも多く、大抵の場合はミミズと一緒に入っているので、おそらくミミズの仲間を餌にしている捕食者なのだろうと思う。
 これまではトラップに入る昆虫や小動物は少なかったが、これから徐々に増えていくことだろうと思う。例年4月の始めには姿を見せ始めていたアカガネアオゴミムシは、今年はまだ見ていない。トラップが仕掛けてある付近の林が一部伐採されたので、その影響で個体数が減ってしまったのかも知れない。少し寂しい。

|

« 2010年・二度目の芝刈りとチャドクガの駆除 | トップページ | オオミズアオとラミーカミキリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/48570242

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年6月7日・ハラクロコモリグモの雄とオオヒラタシデムシ:

« 2010年・二度目の芝刈りとチャドクガの駆除 | トップページ | オオミズアオとラミーカミキリ »