« 2010年・今年もスギ花粉の季節到来か? | トップページ | 第153回日本昆虫学会・第90回日本応用動物昆虫学会合同東海支部会講演会 »

2010年2月26日 (金)

バイキングレストランでの心得

 バイキングレストランで「元をとる」方法を特集する、というテレビ番組の予告を見ていた中学生の次男坊が、「バイキングで元をとろうとするのはおかしい。バイキングでは好きな物を好きなだけ食べるのが良い。」と言った。
 そのとおりである。次男坊の言うことは正しい。
 しかし、公務員準拠の安月給では、バイキングレストランに入ると、ついつい元をとろうと思っちゃうのよね。悲しいことに。
 次男坊よ、大きくなったら、好きな物を好きなだけ食べるだけの給料を稼ぐようになってくれ。期待しているからね。

|

« 2010年・今年もスギ花粉の季節到来か? | トップページ | 第153回日本昆虫学会・第90回日本応用動物昆虫学会合同東海支部会講演会 »

コメント

これを読んで、ある事に思い当たりました。

立食パーティでのマナーのなさは、「元をとろう」という発想に基づいているのかもしれません。

立食パーティでは「どの献立も一人ひとつずつ食べるのが基本なのだ」と、父親が言っていました。「~それなのに、多くの日本人は先を争って美味いもの(または高額なもの)を欲しいだけ取ってしまい、要領の悪い者・ゆっくり食べる者は残り物しか食べられない」「だからオレは立食パーティーは大っ嫌いだ。」というのです。

ここに「元を取ろう」という発想を当てはめると、父の嫌いな上述の集団行動は、仕方のないことなのかもしれません。

投稿: でんでんむし | 2010年2月27日 (土) 00時21分

でんでんむしさん、こんにちは。
 立食パーティーの場合、十分な量の料理が出されていれば、そんなに意地汚く「元をとろう」なんて思いませんけど、そうでない場合はついつい意地汚くなりますね。ぼくの場合。
 去年の昆虫学会の大会の懇親会は、質の高い十分な量の料理が出ていたので、意地汚くなる必要はありませんでした。最後には料理がたくさん余って、もったいないなぁ、と思いました。この懇親会の会費は5000円でしたが(事前申し込みの場合)、料理の質と量に不満を持った人は少ないと思います。
http://ohrwurm.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/691-b498.html
 そのあとで失敗したのがこちら。
http://ohrwurm.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/191-09ea.html
 最初に出ている料理の量が、見た目にも少ないとわかったので、「まだ後から出てくるだろう」などと思っていたら、それっきりでした。会費はこちらの方が高かったです。

投稿: Ohrwurm | 2010年2月27日 (土) 08時45分

私の場合、元を取ろうとは思わないのですが、普段あまり食べないメニューや珍しいケーキがあったりすると、つい一口だけとお皿に取ってしまい、結局食べ過ぎて太ります。ですから、バイキングはできるだけ行かないようにしています。

投稿: Zikade | 2010年2月28日 (日) 18時33分

Zikadeさん、こんにちは。
 珍しい食べ物があると、ついつい手を出してしまうことは確かにありますね。
 ぼくも、ついつい食べ過ぎてしまうので、バイキングのレストランは避けるようにしています。でも、学会の懇親会には出席することが多いです。
 昆虫学会が神戸大学で開催されたときは、懇親会で出されたケーキが美味しかったので、ついつい食べ過ぎてしまいました。

投稿: Ohrwurm | 2010年2月28日 (日) 19時55分

僕はバイキング形式の昼食・夕食を食べに行く事はなく、経験あるのはホテルの朝食くらいです。しかし、食いしん坊(好奇心旺盛?)(食い意地が張っているだけ?)の僕は全部の味を知りたく、少しずつ多種類お皿に取って、その結果、超満腹になってしまうのがいつものパターンです。

投稿: でんでんむし | 2010年3月 1日 (月) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/47669526

この記事へのトラックバック一覧です: バイキングレストランでの心得:

« 2010年・今年もスギ花粉の季節到来か? | トップページ | 第153回日本昆虫学会・第90回日本応用動物昆虫学会合同東海支部会講演会 »