« 池田清彦著『底抜けブラックバス大騒動』 | トップページ | 養老孟司・竹村公太郎著『本質を見抜く力』 »

2010年2月20日 (土)

池田清彦著『がんばらない生き方』

池田清彦著『がんばらない生き方』−「だましだまし」、「ほどほど」、「いいかげん」、「肩肘はらず」に楽しく生きる52の提言
中経出版
ISBN978-4-8061-3284-4
1,100円+税
2009年1月30日発行

目次
はじめに
第1章 がんばらない生き方
第2章 カネや「欲」と上手に付き合う
第3章 人生の「楽しみ」を生み出すには
第4章 世間の「常識」に惑わされない
第5章 「老い」も「介護」もほどほどに考える
おわりに

 一言で言えば、池田清彦氏の人生哲学が語られている本である。
 今の世の中、「ほどほどに生きる」ということがなかなかしづらいのであるが、本書は「ほどほどに生きる」ためのコツを教えてくれる。
 書かれていることは、「もっともだ」と思われることが多いのだが、それを自分に当てはめてみると、なかなかそうもいかない部分も多い。それだけ、自分が世の中に囚われているということだろう。
 まあ、本書を読むことで、気が楽になることも多いので、人生に悩んでいる人には読む価値があるように思える。

|

« 池田清彦著『底抜けブラックバス大騒動』 | トップページ | 養老孟司・竹村公太郎著『本質を見抜く力』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/47615818

この記事へのトラックバック一覧です: 池田清彦著『がんばらない生き方』:

« 池田清彦著『底抜けブラックバス大騒動』 | トップページ | 養老孟司・竹村公太郎著『本質を見抜く力』 »