« 養老孟司・竹村公太郎著『本質を見抜く力』 | トップページ | 暖かい日・・・ウヅキコモリグモが走り回る »

2010年2月22日 (月)

ネチとは何ぞや?

 今日、職場に農家の人がやってきて、「アブラムシにスミチオンをかけても死なないのでどうしたら良いのか」と質問した。さらに「ネチがたくさん付いて困る」とも。「ネチ」というのは聞いたことがないので、「どんな虫ですか?」と訊いたのだが、「小さくて、緑色で・・・」と、あまり要領を得ない説明だった。とりあえず現物を持ってきてもらえばわかるだろう、ということで、現物を持ってきてもらうことにした。
 すると、「ネチ」というのは何のことはないアブラムシのことだった。となれば、この農家さん、「ネチ」をアブラムシとは別のものと認識していたことになる。何をもって別のものと認識していたのか、大きな疑問が残った。

|

« 養老孟司・竹村公太郎著『本質を見抜く力』 | トップページ | 暖かい日・・・ウヅキコモリグモが走り回る »

コメント

私の周りの年配者もネチと呼んでいます。

また、ゴキブリを「あぶらむし」と呼ぶ方が多いです。

 参考まで

投稿: シロヘリ | 2010年2月22日 (月) 19時59分

シロヘリさん、どうもです。
 少なくとも愛知県では使わない言葉だと思いますが、三重県地方の方言でしょうか?
 子供の頃、ゴキブリのことを「あぶらむし」と呼んではいましたが。

投稿: Ohrwurm | 2010年2月22日 (月) 20時46分

愛知県ではネチは使いません。アブラムシ=ゴキブリは普通に使っていました。いまでもその和名がぴったりと思います。

投稿: 楽苦 | 2010年2月22日 (月) 22時47分

ネチとはネオナチ?ネオニコチノイド?などと想像しましたが、アブラムシでしたかー。

ちなみに、岩手ではアブラムシのことをクイという方言があります。

投稿: JG | 2010年2月22日 (月) 23時25分

「ネチズン」(ネットの市民)というコトバがあるので、それか否か確かめたくてやってきました。

アブラムシではない何ものか・・・という行を読んで、σ(^-^)はアブラムシかも・・・と思いました。「ネチネチ」した肌感覚は「ネチ」と呼ばれてもおかしくありませんね。

アブラムシって様々な衣装をまとっているから・・・「ユキムシ」がアブラムシとしったときはへえと思いました(^_^)V

投稿: こけた | 2010年2月23日 (火) 12時43分

JGさん、「クイ」ですか!これも聞いたことないですね。
こけたさん、アブラムシにもいろいろありますから、件の農家さんはいろいろなアブラムシを区別していたのかも知れないですね。

投稿: Ohrwurm | 2010年2月23日 (火) 19時54分

どれだけの地方で使われているか判りませんが親もネチと呼んでいました。

由来ですが昔はアブラムシを指で潰して駆除する際に指先がネチャネチャになるから?と言った話を聞いたことがあります?が信用しないでくださいね(^^;)

投稿: シロヘリ | 2010年2月23日 (火) 22時33分

シロヘリさん、さらにコメントありがとうございます。指がネチャネチャになるから、っていうのはそれなりに説得力がありますね。

投稿: Ohrwurm | 2010年2月25日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/47634693

この記事へのトラックバック一覧です: ネチとは何ぞや?:

« 養老孟司・竹村公太郎著『本質を見抜く力』 | トップページ | 暖かい日・・・ウヅキコモリグモが走り回る »