« 2010年の年賀状 | トップページ | 『昆蟲(ニューシリーズ)』第12巻4号を見て感じたこと »

2010年1月 1日 (金)

2010年の元旦・尾張一宮は雪に覆われていた

 今日は実家に車で帰省する予定だったが、朝実家から電話があり、大雪とのこと。冬タイヤなど持っていないので、仕方なく列車で行くことにした。大きな出費の増大だ。
 関西本線の木曽川の鉄橋を渡るまでは全く雪は無かったが、庄内川を渡ったあたりから日陰になっているところに雪がうっすらと残っている状態になった。名古屋で東海道本線に乗り換えると、再び庄内川を渡ったあたりから雪が増え、新川を渡りさらに雪が増え、稲沢あたりでは完全な雪景色になった。尾張一宮で降りたら、10cm以上の積雪だった。

20100101blog1

20100101blog2

 夕方には真清田神社に初詣。ちょうど賽銭を回収していた。珍しいところに出会った。
20100101blog3

20100101blog4

20100101blog5

|

« 2010年の年賀状 | トップページ | 『昆蟲(ニューシリーズ)』第12巻4号を見て感じたこと »

コメント

尾張一宮で正月に積雪とは、珍しいですね。しかも10cmも。

私の実家は一宮にも近い清須市ですが、暖冬と言われる以前、私の子供の頃、2~3年に一度の大雪でせいぜい10cm程度でしたかね。それも1月下旬~2月だったはず。ましてこの暖冬時代(1980年代以降)、一層雪は少ない気がします。

本年もどうぞよろしく。雪の盛岡より
(花巻も盛岡も、12/30までは一度降った雪もすっかり溶けていました。大晦日からまた雪景色になりました。)

投稿: でんでんむし | 2010年1月 3日 (日) 11時17分

でんでんむしさん、今年もよろしく。
 ぼくが一宮に住んでいた頃にも、元旦に積雪があった記憶はありません。今回も大晦日の夜から一気に積もったようです。気象台の発表では18cmの積雪とか。北国の今頃の雪と違ってベチャベチャで歩くのに難儀しました。
 盛岡、ということは奥様のご実家から?

投稿: Ohrwurm | 2010年1月 3日 (日) 13時39分

明けましておめでとうございます。
こちらも正月は雪景色、元日は朝から子供たちとソリを出して遊びました。おかげで予定していたご近所採集は中止となってしまいました。

投稿: 楽苦 | 2010年1月 3日 (日) 22時36分

楽苦さん、あけましておめでとうございます。
 大晦日から寒くなるとは言っていましたが、こんなに雪が降るとは思いませんでした。こちら津では、全く雪はなく、快晴でした。
 一宮の大雪で子供たちは喜んでいたと思いますが、ガソリン代だけで済むと思っていたのに、5人分の電車賃は痛い出費でした。

投稿: Ohrwurm | 2010年1月 4日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/47179533

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年の元旦・尾張一宮は雪に覆われていた:

« 2010年の年賀状 | トップページ | 『昆蟲(ニューシリーズ)』第12巻4号を見て感じたこと »