« 2009年・白塚おさかなまつり | トップページ | 日本生物地理学会賞受賞祝賀会 »

2009年12月28日 (月)

河野和男著『カブトムシと進化論 博物学の復権』

河野和男著『カブトムシと進化論 博物学の復権』
新思索社
ISBN978-4-7835-0231-9
2,500円+税
2004年11月30日発行
346 pp.

目次
カラープレート
はじめに
1 カブトムシとダーウィン
2 リンネまでの静的自然観
3 流転のラマルク理論
4 至高の銀メダリスト:ウォレス
5 進化論は進化しないのか?—ネオダーウィニズムと「バベルの図書館」
6 主体性の進化論:今西錦司
7 分子進化の中立説:木村資生
8 進化と進歩、偶然と必然—人間の測り間違い
9 ゆっくリズム対断続平衡—グールドの異議申し立て
10 大進化と小進化—前途有望な怪物、ゴールドシュミットの挑戦
11 進化は末広がり、それとも先細り?
12 たくさんある種の定義—奇人ホールデンとマイヤーの種概念
13 地理的隔離と生殖隔離、種分化の仕組み—ドブジャンスキーの見識
14 種の実在性
15 高位分類群の定義:分岐分類と進化分類
16 高位分類群の実在性:系統発生制約
17 似ているということ—相同と相似そして並行進化
18 生物多様性:熱帯と温帯
19 地球上に生物は何種類いるのか?
20 進化にセカンドチャンスはあるのか?—目下、六回目の大絶滅中
21 甲虫類の性的異型—カブトムシの角はどこから来たのか?
22 カブトムシの角はなぜ長い?
あとがきに代えた最終章—人はなぜ虫を集め、進化を考え、それを語るのか?
文献
著者紹介

 『自殺する種子』に続いて河野(かわの)和男氏の著書である。『自殺する種子』は河野氏の「表芸」である育種を中心に語られた著書だったが、その中にもカブトムシやクワガタムシが登場していた。本書は河野氏の「裏芸」であるカブトムシとクワガタムシを通して進化について河野氏の考えが語られた著書である。この本も5年も前に出版されたものだから、読んだのがいささか遅すぎたという感がある。
 育種家である河野氏は、頭の中で考えたことだけでなく、実際のモノを見ているところが強みだと思う。カブトムシやクワガタムシの実物を手にして、見て、触って、肌で感じているところは、頭の中だけで考えている人と違うところだと思う。その河野氏が、種の壁を越えることをうまく説明できないネオダーウィニズムに違和感を持ち、グールドの断続平衡説に惹かれる様子がよくわかる。
カブトムシの角とクワガタムシの大顎の形態は、いくつもの系統で独立に進化したと考えなければ理解が難しく、それをネオダーウィニズムだけで説明するのは難しい。グールドの断続平衡説はこれをうまく説明できる。ある系統群にはある発生のパターンが備わっており、ある種では表現型として現れるが、ある種では現れないと考えると納得し易い説明ができる。
 河野氏の進化に対する考え方は、『自殺する種子』の中にも書かれていたが、進化は先細りにあるのではないか、というものだ。同所的に近縁な種が何種も棲息するのは、あるときに爆発的に種分化が起こり、今残っているのは絶滅を免れた種であると考えた方が、徐々に種分化したと考えるより説得力がある。
 構造主義生物学という言葉を表に出してはいないが、河野氏の考え方は構造主義生物学的だ。ネオダーウィニズムだけで大進化を説明しきれないわけだから、生物進化に構造主義的な考え方は不可欠だと思われる。
 本書には、河野氏を惹き付けたカブトムシとクワガタムシを通して、進化に対する河野氏の考え方が語られている。いわゆる虫屋には必読の書だと思うし、もちろん虫屋でなくても、生物進化に興味がある人なら読んでみたら良いと思う。細かい目で見れば突っ込みどころはあるだろうが、説得力のある本だと思う。また、頭の中で考えるだけでなく、実際のモノを見ることの重要性を教えてくれているように思う。

|

« 2009年・白塚おさかなまつり | トップページ | 日本生物地理学会賞受賞祝賀会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/47140498

この記事へのトラックバック一覧です: 河野和男著『カブトムシと進化論 博物学の復権』:

« 2009年・白塚おさかなまつり | トップページ | 日本生物地理学会賞受賞祝賀会 »