« 三中信宏著『分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』 | トップページ | まだマツムシが鳴いていた! »

2009年11月 7日 (土)

三重県の四季の移ろいは印象的・・・らしい

 今日は本来なら休日だが、職場の一般公開だったので、仕事として職場に出かけた。そこで、沖縄県農業試験場で研究員をやっていたホカマさん(現在は結婚して別の名前になっている)に18年ぶりにお会いした。ぼくが内地留学で沖縄県農業試験場のサトウキビ害虫研究室に3か月ばかり居候していたときには彼女にも色々お世話になった。どうでも良い話だが、我が家にある三線は彼女のお父さんが作ったものだ。その後、彼女は北海道にある国の農業試験場の研究員の方と結婚され、去年ご主人の転勤で三重県にやってきた。久しぶりにお会いしたので、四方山話。
 彼女の三重県の印象は、四季の移ろいが楽しい、ということだった。沖縄の冬は天気が悪い日が多く北風も強く吹くので、それなりに寒いのだが、冬になっても木々が葉を落とすことはないから、景色だけ見ていたら冬らしくない。北海道は半年が冬で、春から夏にかけて一気に花が咲き、それが終わると急速に冬に向かってしまう。それと比較すると、三重県では季節が(北海道と比べれば)ゆっくり進み、次から次へと色々な花が咲き、冬にはそれなりに冬らしくなる、というのが彼女にとっては印象的だというのだ。
 ぼくは生まれが愛知県なので、気候的には三重県とほとんど違わないところで高校卒業まで育ち、大学は京都で、そこでもあまり差がなく、就職してから岩手県の盛岡に行って、季節感の違いを初めて肌で感じた。岩手県の7年半と石垣島の7年は、ぼくにとっては何かを意識せざるをえない環境だったが、それ以外は今の場所とあまり違わない環境のもとで暮らしてきたので、今の季節感は、ぼくにとっては全く自然なものなので、特に何かを意識するということはない。
 それでも、そうではない人から見ると、教科書的かもしれないような明瞭な四季がある場所というのは、意識せざるをえないものだということなのだろう。今日は彼女の発言から思わぬことを意識させられたと思う。

|

« 三中信宏著『分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』 | トップページ | まだマツムシが鳴いていた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/46699309

この記事へのトラックバック一覧です: 三重県の四季の移ろいは印象的・・・らしい:

« 三中信宏著『分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』 | トップページ | まだマツムシが鳴いていた! »