« 日高敏隆先生の訃報 | トップページ | 『コール・ネネム』35周年記念演奏会 »

2009年11月24日 (火)

死んだことにされてしまった話

 このブログの昨日の記事に中学校の同窓会に出席した話を書いた。そこで物故者とされていたS君宛に早速電子メールを出したところ、今朝ちゃんと返事が来た。ちゃんと生きていたのだ。彼が亡くなったという話は別の筋からも聞いたので、本当に死んでしまったのかと思ったのだが、間違いであって本当に良かった。
 彼のお父さんはいわゆる転勤族だったので、彼が大学に進学した頃には家族はよそへ引っ越してしまっていた。だから、彼と連絡を取ろうと思っても、家族もいなくなってしまっていたので、どうしようもなくなっていたのだ。
 ぼくも自分自身が転勤族になってしまったので、いつ故郷との縁が切れてもおかしくないが、幸い両親が健在で実家に住んでいるので、実家に連絡があれば、ぼくには連絡が届く。
 どこでどう間違ってS君が死んだことにされたかわからないが、あまりあって欲しくない間違いだ。

 同級生の皆さんへ。S君とは“ボッチ”と呼ばれていた彼のことです。

|

« 日高敏隆先生の訃報 | トップページ | 『コール・ネネム』35周年記念演奏会 »

コメント

このお話で思い出したのですが・・・。

高校でお世話になった英語の先生は、「毎年同窓会費を請求されるのが面倒なために、事務局に自分の死亡届を出した」と言ってました。Sさんもまさか・・・?

もっとも、その英語の先生に関しては、同じ高校に同級生だった数学の先生が赴任してきたため、程なく嘘がばれたようです。

投稿: JG | 2009年11月24日 (火) 23時58分

JGさん、どうもです。
そこまでする人がいましたか!まあ、何と申しましょうか。

投稿: Ohrwurm | 2009年11月25日 (水) 00時15分

》このお話で思い出したのですが・・・
というコメントへのコメントにて失礼しますが・・・

「死亡届け」・・・その手があったか(^_^;)!

σ(^^ は小中高大と過ごした場所からずっと離れているのですが、同窓会名簿に正しい現住所や勤務先が搭載されると面倒なことこの上ないですね。

会費の請求や記念館のカンパ等ならまだしも、ひところは頻繁に広告掲載依頼や物販営業、利殖実利話の説明勧誘のDMや電話アタックがありました。名簿の出所を問うと、判明したモノのほとんどは同窓会名簿。

最後の卒業以来一度も自らすすんで記載事項の変更を通知したことはないのですが、お節介な友人が転居の連絡など入れてくれちゃう。高校が同窓の姉がやってくれたこともある(^^ゞ

最近は世の中、振り込め詐欺やインターネット詐欺にシフトしているのか、番号非通知着信拒否設定のせいか、「先輩、どもども」といった電話は皆無です。

この夏は故郷の友人が上京した際、中学時代の首都圏在住者4名が約50年ぶりに会し、ビールで旧交を温めました\(^。^)/

投稿: こけた | 2009年11月25日 (水) 09時36分

こけたさん、こんにちは。
 縁を切りたくなったら死亡届を出すのは確かにうまい手かも知れないですね。

投稿: Ohrwurm | 2009年11月25日 (水) 21時25分

Ohrwurmさん、こんにちは。

私は大学の同窓会(四明会)が、システム換えたから毎年会費を納入するようにと言ってきたので、退会届けを叩きつけたろうかと思ってしまいました。

今のところ黙殺で放置してます。
#そのうち滞納でクビになることでしょう

投稿: 南々@元FFIELD | 2009年12月 4日 (金) 21時37分

南々@元FFIELDさん、はじめまして。Ohrwurm@元FKONCHUです。
四明会ということは、ぼくと同窓ですね。深く考えませんでしたが、ぼくもそのまま放置してあります。学科の方は南窓会というのがありますが、これも学科の再編があって、新規加入者がなくなってしまったようです。何かのときに同窓会というのは力を発揮するかも知れませんが、普段は全く意識していません。そんな程度のもので良いのではないかと思っています。

投稿: Ohrwurm | 2009年12月 4日 (金) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/46849782

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだことにされてしまった話:

« 日高敏隆先生の訃報 | トップページ | 『コール・ネネム』35周年記念演奏会 »