« 死んだことにされてしまった話 | トップページ | 冷えた朝のムラサキシジミ »

2009年11月30日 (月)

『コール・ネネム』35周年記念演奏会

Nenemu_35_320
 所用で盛岡に帰省していた妻が、たまたま日程が重なったので、この前の土曜日の『コール・ネネム』の演奏会に行って、プログラムの冊子をお土産に帰って来た。
 『コール・ネネム』は1974年に結成されたルネサンスの合唱曲を主なレパートリーとする少人数の合唱団だ。今回出演したメンバーは17人。35年も続いているのは大したことだと思う。
 実は、ぼくはこの合唱団に1986年から1993年にかけてお世話になっていた。大変思い出深い合唱団だ。今回のレパートリーになっている、ジョスカン・デ・プレの『ミサ パンジェ リングァ』もネネムのステージで歌ったことのある懐かしい曲だ。ルネサンスの合唱曲の面白さを教えてくれたのはこの合唱団だし、はまりすぎて他の時代の合唱曲だけでは物足りなく感じられるようになってしまった。
 今回、ぼくが在籍していた当時のメンバーが9人も出演していた。長く続けていることは大変だろうと思うが、同時に大変うらやましい。できることなら、また一緒に歌いたいものだ。
 プログラム冊子と一緒に、いろいろなコンサートのチラシもお土産だったが、面白そうなコンサートがたくさんあり、盛岡の音楽の文化レベルの高さを感じる。今住んでいる津市にも全国的に有名な合唱団はあるのだが、街自体にはあまり文化的なものが感じられない。
 盛岡への転勤の話でもあれば、即、「行きます」などと言ってしまうかも知れない。石垣島へはもっと行きたいけれど。

|

« 死んだことにされてしまった話 | トップページ | 冷えた朝のムラサキシジミ »

コメント

久しぶりに盛岡でのコンサートでした。
会場も話にはきいていたものの、初めてのホール。

大きさもほどほど、そして舞台正面にパイプオルガン。
なかなかいいホールでした。

コールネネム、もし盛岡にいたら貴方も舞台にいたかなあ、と思いながらきいてました。
音楽性や技術を追求している割には、まじめ一本でないところに、ほっとするコーラスですね。

投稿: 聴いてきた本人 | 2009年12月 2日 (水) 20時14分

コメントおおきにです。
盛岡に住んでいたら一緒に歌っていたでしょうね。
本当に良い合唱団だと思います。

投稿: Ohrwurm | 2009年12月 3日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/46899877

この記事へのトラックバック一覧です: 『コール・ネネム』35周年記念演奏会:

« 死んだことにされてしまった話 | トップページ | 冷えた朝のムラサキシジミ »