« 『不偏長軸』という概念 | トップページ | コカマキリが交尾しようとしていた »

2009年10月16日 (金)

ヒヨドリバナにイカリモンガ

 今日は代休なので出勤する必要は無かったのだが、ピットフォールトラップに入っている虫を見たくなったのと、給与明細をもらうために、ちょっとだけ出勤した。
 結局ピットフォールトラップには何も入っていなかったが、ピットフォールトラップを仕掛けてある場所の近くに種名まではわからないがヒヨドリバナの仲間(Eupatoriumであることは確か)が生えていて、ちょうど開花していたので、アサギマダラでも来ていないかと思って探してみた。もっとも、このあたりはアサギマダラの渡りの経路からはかなり外れており、渡りの時期であるこの季節にアサギマダラを見たことはほとんど無いので、それほど期待をしていたわけではなかった。予想通り、アサギマダラなどは見られないばかりか、ヒヨドリバナの仲間を訪れている昆虫も少なかった。そのなかで辛うじて見つけたのがイカリモンガ。口吻をしきりに動かして蜜を吸っているようだった。
20091016blog1

|

« 『不偏長軸』という概念 | トップページ | コカマキリが交尾しようとしていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/46499442

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリバナにイカリモンガ:

« 『不偏長軸』という概念 | トップページ | コカマキリが交尾しようとしていた »