« 合理的な経路と最も安価な経路 | トップページ | 福岡伸一著『世界は分けてもわからない』 »

2009年10月31日 (土)

堀坂山と『蕎楽 悠庵』の蕎麦

 特に予定していたわけではなかったが、明日は天気が崩れるという予報が出ているし、今日は大変気持ちの良い日なので、朝寝坊をしたのだが、堀坂山にハイキングに行くことになった。隣の松阪市にある山だが、登山口の標高がかなり高く、そこまで車で行けるので、山頂を極めるのはたやすく、気軽にハイキング気分で登れる山だ。春に二度登ったが、この季節は初めてだ。登山口まで車で1時間ほど。登山口に着いたときに、ちょっとしたトラブルに気付き、やや意気消沈してしまった。それでも、気を取り直して歩き出した。この時期はあまり昆虫を見る期待はできないが、ザトウムシが歩いているのがけっこう目についた。山頂には30~40分で到達した。晴れていて風も無かったので気持ちが良かったが、少し靄がかかっていて、見晴らしは良くなかった。目の前にはすぐ隣の観音岳が見える。
20091031blog1
 山を下りてから、近くに蕎麦屋があるので蕎麦を食べに行くことにした。看板を頼りに車を走らせるが、なかなか蕎麦屋が現れず、こんな道の先にあるのだろうかと不安になった。が、やがて目指す場所が見つかった。まさに、山の中の隠れ処という雰囲気の場所だ。飯福田寺のすぐ近く。
20091031blog2
 『蕎楽 悠庵』。イタリア料理店を弟子に譲って蕎麦屋を始めた人がやっているということだ。出てきた蕎麦は見た目にも奇麗だし、本格的な味がした。欲を言えば、もう少し量が多いと良いと思う。
20091031blog3
 帰りは、堀坂峠を通らず、中村川に沿った初めて通る道を走ってきた。ずっと緩やかな下り坂なので、車の燃費は極めて良い。里に出るまでは26km/Lぐらいだったが、そのあと平らな道を走っても家に戻るまでの平均燃費は約21km/Lだった。
 ちょと疲れが出て、家に帰ってシャワーを浴びてから一寝入りした。

|

« 合理的な経路と最も安価な経路 | トップページ | 福岡伸一著『世界は分けてもわからない』 »

コメント

こんな所の蕎麦屋は知りませんでした。確かに量が物足りない感じがしますね!


インター近くには人気のうどん屋がありますが行列が出来、すぐに完売してしまいます。

確かに旨いですが、うどんにしてはちょっと高額かなぁ??と思ってもしまいます。

もし、行かれるならカレーうどんがお薦めです(^^;) 

(つまらぬ情報で失礼します)

投稿: シロヘリ | 2009年11月 1日 (日) 19時01分

シロヘリさん、こんにちは。
松阪インターの近くのうどん屋の前には、いつも車がいっぱい停まっているので、さぞ美味しいのだろうなぁ、と想像しています。
堀坂山の帰りにでも、機会があれば入ってみたいです。カレーうどんですね!

投稿: Ohrwurm | 2009年11月 1日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/46633697

この記事へのトラックバック一覧です: 堀坂山と『蕎楽 悠庵』の蕎麦:

« 合理的な経路と最も安価な経路 | トップページ | 福岡伸一著『世界は分けてもわからない』 »