« 朝食前の栗拾い | トップページ | 2009年・台風18号 »

2009年10月 4日 (日)

アレクス君との別れ再び

 1か月ほど前に送り出したアレクス君が半月ぐらい前に日本にやってきた彼女のハナさんを連れて、昨日再び我が家にやってきた。土産話と一緒に、ハナさんは息子たちのためにドイツのカードゲームを2種類お土産に持ってきてくれた。ひとつは「セット」で、もうひとつは「LAND UNTER」だ。どちらも知らなかったゲームだ。
20091004blog1
 今日は、もう一度アレクス君に会いたいというので、尾張一宮の実家から母も出てきてくれた。
 今日の昼食は、ハナさんとアレクス君がドイツ料理を作ってくれた。Spätzleというパスタのようなものとグラッシュだ。グラッシュは肉と野菜を煮込んだもので、これまでにも食べたことはあったが、Spätzleは初めてだ。調理中はこんな感じ。なかなか美味しくいただくことができた。
20091004blog2
 アレクス君たちは、明日伊丹空港から成田を経由してフランクフルトに飛ぶということで、今日は伊丹空港の近くのホテルに泊まるとのこと。部活で忙しい長男は居なかったが、夕方みんなで駅まで見送りに行った。列車が来るまでホームで話をしたり写真を撮ったりして過ごした。列車が来てアレクス君とハナさんが列車に乗り込み、列車が動き出すと、驚いたことに三男坊が涙を流していた。
 アレクス君と一緒にいたのは1か月ぐらいだったが、家族でない人間が我が家にそんなに長い間一緒に居たことはなかったし、三男坊も何か感じることがあったのだろうと思う。ぼく自身にとっても、貴重な経験だったと思う。定年になって時間ができたら、アレクス君とハナさんに会いに、ゆっくりドイツを旅行できたらいいものだと思う。
 昼食がしっかりしたものだったので、夕食は軽く済ませることになった。そのあとは、ハナさんが持ってきてくれた「セット」で遊ぶことになってしまった。「LAND UNTER」はちょっと面倒くさそうな感じだが、「セット」はルールが単純なので、かなりはまってしまいそうなゲームだ。

|

« 朝食前の栗拾い | トップページ | 2009年・台風18号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/46394333

この記事へのトラックバック一覧です: アレクス君との別れ再び:

« 朝食前の栗拾い | トップページ | 2009年・台風18号 »